ときめくガジェット

空気入れのおすすめを紹介!自転車やボールなど汎用的に使えると便利!

空気入れのおすすめを紹介!自転車やボールなど汎用的に使えると便利!

自転車やボール、夏場のプールや浮き輪に空気を入れるための「空気入れ」ですが、各社から色々なタイプが販売されていて、どれを買えばいいか悩んでしまいます。

そこで!この記事では、一家に一台は欲しい汎用的に活躍してくれる空気入れの選び方や、厳選したおすすめの製品をご紹介したいと思います!

空気入れの選び方はここに注目

まずは空気入れを選ぶ際の注目ポイントを解説します。

自分の自転車に対応しているか

自転車のタイヤチューブに付いている空気を入れるところを「バルブ」と呼びます。バルブは「英式、仏式、米式」と全部で3種類が存在しています。

↓バルブの種類はこんな感じ

バルブ どんな製品に多いか
英式
(えいしき)
日本の一般的な自転車、ママチャリ、子供用チャリ、車いす
仏式
(ふつしき)
ロードバイク、クロスバイク
※高速走行する自転車
米式
(べいしき)
自動車、オートバイ、マウンテンバイク、BMX

↓実際に自分が所有している自転車のバルブタイプを確認してから空気入れを選びましょう!

自転車のバルブの種類、英式、仏式、米式
出典:ブリヂストンサイクル株式会社

日本で一般的なのは英式バルブですが、自転車が趣味で高速走行が可能なロードバイクやクロスバイクを持っている人は、仏式の可能性が高いです。米式は自動車やマウンテンバイク、BMX向けです。

空気入れを選ぶ際には、どのバルブタイプにも汎用的に使える製品がおすすめです。

ボールやプール、浮き輪に対応しているか

空気入れのボール用アダプタとプールや浮き輪用アダプタ
ボール用のニードルピンと呼ばれるアダプタや、浮き輪やプール用の柔らかいアダプタが付いているか確認しましょう。

空気入れにこれらのアダプタを取り付ける事でボールやプール、浮き輪に空気を入れることができます。

エアゲージで空気圧を測れるか

本格的なロードバイクやクロスバイクに乗っている人は、高圧タイヤになるのでエアゲージ付きの空気入れが必須と言えます。

逆に一般的なチャリンコやボール、夏場のプールや浮き輪など汎用的に使いたい人は、別にエアゲージは付いていなくても問題ありません。空気の入り具合はメーターに頼らずとも触って確かめれば大丈夫だからです。

空気入れで正直おすすめできないもの

足踏み式の空気入れ

手で空気を入れる場合は、手が疲れてしまうので、自分の体重を利用して足踏みで空気を入れたい人向けです。

足踏み式なので、手漕ぎ式と比較するとストロークが短いため、一度に入る空気量が少ないので早く空気を入れたい人には向きません。正直、イライラします。

コンパクトな空気入れ

空気入れ本体がコンパクトで収納ケースが付いている製品は、持ち運びが簡単になります。収納面でも使用していない時に邪魔にならず、スマートに保管しておけます。

しかし!コンパクトと言うのは、1回の空気の補充量が少ないという事になるので、結局ストロークの回数が増えてしまって疲れます。また、本体がコンパクトだと空気を入れる時のハンドリングも扱いづらいので、特に女性の方は大変だと思います。

電動の空気入れ

私も初めは「電源確保や充電さえすれば電動の方が絶対楽でしょう!」と思っていましたが、電動の空気入れを調べてみると、結構なデメリットがありました。

↓私が見逃せなかったデメリット

  • 音がうるさい
  • 空気を入れる速度が遅い
  • 値段が高い(6,000円~)

手動の空気入れを使っていて「疲れ果ててもうこれ以上空気など入れられんっ!」なんて事になる機会もないので、まずは電動は候補から外してOKです。

電動タイプは自動車やオートバイのタイヤに空気を入れたい人や、ガレージなどの大きな音をしばらく出し続けても問題ない環境の人向けです。

自転車やボールに空気を入れるなら、手動タイプの方がおすすめです。安いし早いし静かだし運用が楽だからです。

空気入れのおすすめ6選を紹介

空気入れを購入する時に重要視したいのが、

  • 値段が手ごろでコスパが良い
  • 全3種類のバルブに対応、各種アダプタに対応
  • 空気がガンガン入って品質が安定

となると、本体を足で抑えながら、両手で上下に漕ぐタイプが一番良いんです。一家に一台、あるいは、初めての空気入れの購入は、一般的な手漕ぎタイプが欲しいところです。

Panaracer(パナレーサー)
楽々ポンプ

  • 対応バルブ:英式/仏式/米式
  • 付属アダプタ:ボール/浮き輪
  • エアゲージ:なし

パナレーサーからは色々な種類の空気入れが販売されていますが、一番オススメなのがコレです。値段の通りコスパが最高に良いです。名前の通り、軽い力で空気がガンガン入るので楽々作業できます。

パナの空気入れ本体は好評ですが、エアゲージ(空気圧計)付きのモデルは少し壊れやすいようなので、別にメーターは必要ないという人にオススメです。

樹脂製なので非常に軽くて持ち運びが楽ですが、その代わりに金属製よりも耐久性が劣ります。価格が安いので壊れても構わないくらいの気持ちで使えるのがグッドです。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)
空気入れ スマートポンプ PM-501

  • 対応バルブ:英式専用
  • 付属アダプタ:ボール/浮き輪
  • エアゲージ:なし

メーカーがあのブリヂストンなので安心感があります。自転車のバルブは英式専用になるので、ロードバイクやクロスバイクの人には向きません。日本で一般的な英式バルブの人向けです。

本体が軽量のプラスチック製なので持ち運びにも便利ですが、プラスチックという材質上、保管時は高温や直射日光を避けるようにして下さい。

ID MAX
空気入れ

  • 対応バルブ:英式/仏式/米式
  • 付属アダプタ:ボール/浮き輪
  • エアゲージ:あり

アルミニウム合金製なのでパワフルかつ持ち運びが容易です。ホース部分がしっかりと収納できる仕組みになっています。

エアゲージが付いているので自分の目標値に合わせやすいし、ハンドルが大きめなので空気も入れやすいです。

BEATON JAPAN
空気入れ

  • 対応バルブ:英式/仏式/米式
  • 付属アダプタ:ボール
  • エアゲージ:あり

ボール用のニードル針は付属していますが、プールや浮き輪用の柔らかいアダプタは付属していません。大型のエアゲージ付きで空気圧が確認しやすいです。保管時にはホースが本体に収納できる仕組みがあり邪魔になりません。

人体工学に基づいたハンドル設計になっており、従来の空気入れよりも使いやすい設計になっています。例えば、ハンドルには滑りにくいラバーや握りやすいデコボコが付いていたり、足で抑えやすいように大きめのフットベースになっています。

SERFAS(サーファス)
空気入れ

  • 対応バルブ:英式/仏式/米式
  • 付属アダプタ:ボール
  • エアゲージ:あり

カラーバリエーションが多いです(イエロー/ゴールド/ピンク/ブラック/ブルー/ホワイト/レッド/ステルスブラック)

高性能の大型メーターを搭載しているし、切り替えなしで仏式と米式が使えます。英式は付属のアダプタを装着して使用します。ホースの長さが90cmあるので運用が楽です。金属製の足なので安定感もあります。

PWT
自転車空気入れ

  • 対応バルブ:英式/仏式/米式
  • 付属アダプタ:ボール/浮き輪
  • エアゲージ:あり

最新式のクレバーヘッドで英式/仏式/米式の切り替えがアタッチメントなしで可能です。ボール用、プールや浮き輪用のアダプタにエアゲージも付いていて欠点がありません。

黒を基調とした高級感のあるデザインで、エアゲージも大きくて見やすく、自立の安定感もあります。

まとめ

自転車やボールに汎用的に使う空気入れなら、手動の手漕ぎタイプが一番便利なので、まだ持っていない人は一家に一台は欲しいです。

その後、必要に応じてロードバイクやクロスバイクに特化したものや、持ち運びに便利なコンパクトタイプ、ガレージで使用するような電動タイプを追加で準備するのがオススメです!

関連記事はこちら!