ときめくガジェット

【完全版】アップルウォッチの機能と最新ラインナップの比較まとめ

【完全版】アップルウォッチの機能と最新ラインナップの比較まとめ

ついに「Apple Watch Series 5」が発売になりました!

アップルウォッチは、スマートウォッチで実現が難しかった常時表示が可能になるなど、革新的な進化を遂げています!!

この記事で分かること
  • アップルウォッチで何ができるのか?
  • アップルウォッチの種類と違いは?

このような疑問にお答えしたいと思います。

参考にしてみて下さい!

あなたの生活をガラリと変えること間違いなしです!

アップルウォッチとは?

アップルウォッチとは?
Appleが発売している腕時計型のスマートウォッチ、それがApple Watchです!

スマートフォンのiPhoneと連携することで色々なことができるウェアラブルデバイスです。

注意点 Apple WatchはiPhoneがないと殆どの機能を使えません!
また、最新の「Watch OS 6」を利用するには「iOS13以降を搭載するiPhone 6s以降のiPhone」が必要です。

 

アップルウォッチの機能でこんな事ができる!

アップルウォッチの機能とできること!
アップルウォッチで何ができるのか?その機能面を解説します!

便利すぎる機能が盛りだくさんです!

 

①スマートウォッチなのに常時表示が可能!

一般的にスマートウォッチは省エネのために、見てない時は消灯しています。

しかし、最新のアップルウォッチシリーズ5は、常時表示ディスプレイとなっています!

常に画面が表示できるタフなバッテリーに進化したので、本物の腕時計と同様に手元をチラ見して時間を確認することができます!

わざわざ時間確認のために、大きく腕を振り上げる必要が無くなったのです!

腕時計の完全上位互換となりましたね!

 

②自分好みにカスタマイズができる

本体素材はアルミニウム、ステンレススチール、チタニウム、セラミックの4種類から選ぶことができます。

文字盤の種類は100種類以上もあります。

バンドが取り外し可能なので、様々なデザインのものに付け替えてファッションとして楽しむことも可能です。

自分好みにカスタマイズすることができる腕時計と言えますね!

 

③健康や体調の管理ができる

アップルウォッチが体の動きを測定して、移動距離や消費カロリー、心拍数などを正確に測定してくれます。

自分で設定したゴールがリングで表示されるので、毎日クリアすることが目標となり、体を動かすのが楽しくなります。

自分好みのアプリを選んでダウンロードすれば、睡眠の時間や質を測定できたり、周期記録アプリを使えば、女性の月経周期に関する情報を記録できたりもします。

 

④iPhoneなしでワークアウトができる

アップルウォッチの全てのモデルにGPSが搭載されているので、ランニングなどのワークアウト時もトレーニングの詳細なデータを測定して確認できます。

ランニング中にiPhoneが邪魔だと感じる人におすすめです!

 

⑤電話、メール、SNSができる

アップルウォッチにはマイクとスピーカーが搭載されているので、電話をかけることも受けることもできます。

セルラーモデルなら近くにiPhoneが無かったとしても単体で可能です。

メールやSNSの内容を確認したり、スタンプや定型文でその場ですぐに返信が可能です。

また、アップルウォッチ同士でトランシーバーのように使用することも可能です。

活用の仕方が無限に想像できますね。

 

⑥音楽を聴いたり操作ができる

選曲などの操作でわざわざポケットやカバンからiPhoneを取り出す必要なし!

というかiPhoneが近くになくてもDLしとけばアップルウォッチ単体で音楽を聴けます。

さらには、スピーカーでも聴けます。

 

⑦通知機能で見逃さなくなる

iPhoneの場合、充電中だったりカバンの中に入れていて、大切な電話やお知らせに気づかなかったりした経験があると思います。

通知設定で必要なものだけをチョイスしておけば、アップルウォッチから音や振動で通知してもらえるので、見過ごすことがなくなります。

 

⑧転倒検出

「転倒検出」とは時計をつけている人が転倒したことを検知し、アラートをしてそれから緊急通報など関連したサービスに結びつける機能です。

転倒後に60秒間たっても反応がない場合は、緊急電話が自動的に発信されて、緊急連絡先にメッセージが送信される仕組みとなっています。

 

⑨アップルペイで支払いが瞬時にキャッシュレス

朝のコーヒーを買う時も、Suicaで電車に乗る時も、アップルペイなら瞬時に簡単に支払うことができます。

ランニングの途中で水を買う時も現金やiPhoneを必要としません!

セルラーではない、GPSモデルでも事前にスイカにチャージしておけばiPhoneなしでアップルペイが使用できます!

もはや財布も持ち歩く必要がなくなります。

 

⑩iPhoneのカメラを遠隔操作できる

自撮りや集合写真を撮る時などに、アップルウォッチでiPhoneのカメラの起動から撮影まで可能です。

自撮り棒がなくても楽に自撮りができます!

 

⑪道案内が便利

アップルウォッチに道案内をしてもらえます。

例えば「100m先右方向」というシンプルな指示や、画面をスワイプして地図に切り替えたり、ストレス無く確認することができます。

自転車での道案内に関してもSiriに音声で目的地を伝えると案内を開始してくれます。

あとは、曲がるべきポイントで振動で通知をしてくれます。

 

⑫Passbookでチェックイン

アップルウォッチで飛行機にも搭乗できます。

 

⑬困ったときはSiriに聞ける

ウェブで検索する時もSiriに聞けます。

Shazamで曲名を調べる時もSiriに聞けます。

ワークアウトを始める時もSiriに聞けます。

iPhoneと同様にSiriさんに声をかけるだけでうまくいきます。

 

⑭アプリのダウンロードで機能を追加できる

自分好みのアプリをダウンロードして、オリジナリティのあるスマートウォッチにすることができます!

↓例えばこんなアプリがあります。

タスク管理 音楽 スポーツ
決済 タクシー フィットネス
ヘルスケア 電車 カメラ操作
カレンダー ショッピング ゲーム
ニュース 計算機 旅行
天気 ラジオ マップ/ナビ
SNS ユーティリティー 仕事効率化
Suica ライフログ 防災速報

他にも、アップルウォッチでは様々なアプリのダウンロードが可能です。

例えば、登山が好きな人ならコンパスで方角を確認したり、高度をチェックすることもできます。

それらの情報も手元で簡単に知ることができて便利です。

自分のライフスタイルを豊かにするアプリを探してるだけで楽しいです。

今後も新しいアプリがどんどん出てきます。

 

これまでのシリーズ推移

アップルウォッチの発売のタイミングを確認してみましょう。

↓過去作品の発売日はこちら。

シリーズ 発売日
Apple Watch 2015年3月10日
Apple Watch Series 1 2016年9月16日
Apple Watch Series 2 2016年9月16日
Apple Watch Series 3 2017年9月22日
Apple Watch Series 4 2018年9月21日
Apple Watch Series 5 2019年9月20日

※最新版ナイキモデルのみ2019年10月4日発売

毎年9月に行われるアップルの発表会で新作のリリースを告げています。

 

シリーズの違いが分かる比較表

シリーズの違いが分かる比較表
現行のアップルウォッチは、新作のシリーズ5と入門機のシリーズ3が発売されています。

シリーズ4はアップル公式サイトからは無くなりましたが、比較のために載せています。

 

↓シリーズの違いはこんな感じです。

シリーズ Series 3 Series 4 Series 5
サイズ 38mmの563㎟
42mmの740㎟
40mmの759㎟
44mmの977㎟
40mmの759㎟
44mmの977㎟
厚み 11.4mm 10.7mm 10.7mm
スペック デュアルコアS3プロセッサ 64ビットデュアルコアS4プロセッサ
(3より処理速度が2倍)
64ビットデュアルコアS5プロセッサ
(3より処理速度が2倍)
ワイヤレスチップ W2チップ W3チップ W3チップ
心拍センサー
(第1世代)

(第2世代)

(第2世代)
電気心拍センサー ×
加速度センサー
ジャイロスコープ
気圧高度計
耐水性能
(50㎡)

(50㎡)

(50㎡)
転倒検出 ×
スピーカー
(3より出力50%UP)

(3より出力50%UP)
ストレージ 8GB 16GB 32GB
ディスプレイ Retinaディスプレイ Retinaディスプレイ
感圧タッチ対応LTPOディスプレイ
Retinaディスプレイ
感圧タッチ対応LTPOディスプレイ
バッテリー 18時間 18時間 18時間(常時表示)
材質ラインナップ 3種類
アルミニウム/ステンレス/セラミック
2種類
ステンレス/アルミニウム
4種類
ステンレス/アルミニウム/チタン/セラミック
カラー シルバー/スペースグレイ シルバー/スペースグレイ/ゴールド シルバー/スペースグレイ/ゴールド/スペースブラック/ステンレススチール

 

↓まとめるとこんな感じです。

シリーズ4と5の違い
  • 5はディスプレイが常時表示に進化、稼働時間は18時間の据え置き!
  • プロセッサは向上しているが処理速度よりもバッテリーの強化っぽい!
  • 保存容量であるストレージが2倍に!
  • 材質にチタンとセラミックが追加!

シリーズ3と5の違い
  • シリーズ3はアップルウォッチの入門機という位置づけで価格も2万円と安い!
  • 情報量は変わらないがディスプレイの縁が太いのでデザインが微妙!
  • 3と比べて4と5は最大2倍早いプロセッサと言われていますが、処理速度は体感でも遅いとは感じませんというレベル!

始めてアップルウォッチを購入する人はシリーズ3でも十分な性能と言えますが、ディスプレイが端っこまでないのでデザインは少しイマイチな感じ!

 

「GPSモデル」と「GPS+Cellularモデル」の違い

アップルウォッチには各種2種類のモデルが存在します。

それが「GPSモデル」「GPS+Cellularモデル」です。

スマホのようにLTEや4Gのモバイルデータ通信に対応しているかしていないかです。

モデル GPS GPS+Cellular
Bluetooth
Wi-Fi
GPS
LTE通信 ×

 

「GPS+Cellularモデル」は、iPhoneの電話番号や通話機能、データプランなどが共有できるようになっているので、

近くにiPhoneがなくてもモバイル通信機能を利用して、これらの機能を使用することができます。

ただし、DoCoMo、au、Softbankのいずれかの携帯電話会社と契約が必要になります。

個人的にはGPSモデルがおすすめです!

Cellularモデルが必要ない理由がこちら。

  • モバイル通信として料金が350~500円くらいかかる。
  • 基本的にiPhoneを一緒に持ち歩くので必要ない。
  • 大手3キャリアのみで格安SIMに対応していない。

ランニングなどのワークアウト時に、財布やiPhoneを持ち歩くのは邪魔だな~と思っていましたが、事前にアップルウォッチのSuikaに電子マネーをチャージしておけば問題なし!

個人的には、CellularモデルではなくGPSモデルをおすすめします!

ラインナップによっては「GPSモデル」「GPS+Cellularモデル」を選べないものもあるので、次項で欲しいモデルと価格を確認してみて下さい!

 

現行ラインナップの価格表

気になるお値段はこちら。

 

アップルウォッチシリーズ5

最新のアップルウォッチシリーズ5には大きく分けて4種類があります。

 

Apple Watch Series 5

素材 モデル サイズ 価格
アルミ GPS 40mm 42,800円
44mm 45,800円
GPS+セルラー 40mm 53,800円
44mm 56,800円
ステンレス GPS+セルラー 40mm 72,800円
44mm 77,800円

 

Apple Watch Nike

素材 モデル サイズ 価格
アルミ GPS 40mm 42,800円
44mm 45,800円
GPS+セルラー 40mm 53,800円
44mm 56,800円

 

Apple Watch Hermès

素材 モデル サイズ 価格
ステンレス GPS+セルラー 40mm 133,800円
44mm 138,800円

 

Apple Watch Edition

素材 モデル サイズ 価格
チタン GPS+セルラー 40mm 82,800円
44mm 87,800円
セラミック GPS+セルラー 40mm 133,800円
44mm 138,800円

 

アップルウォッチシリーズ3

続いてアップルウォッチの入門機的な位置づけのシリーズ3です。

 

Apple Watch Series 3

素材 モデル サイズ 価格
アルミ GPS 38mm 19,800円
42mm 22,800円
GPS+セルラー 38mm 30,800円
42mm 33,800円

※Apple Watch Nikeバージョンはベルト違いで価格は同様です。

 

アップルウォッチの疑問点

アップルウォッチに関する疑問をまとめてみました。

 

最大18時間のバッテリーで足りるか?

スマートウォッチで睡眠の時間や質の測定をしてみたいのに、18時間で足りるのか!?

気になるところですよね。

実際にアップルウォッチの使用者に確認してみて分かった事はこちら。

  • 充電が切れた状態だとアップルペイの電子マネー機能が使えず危ない。
  • 多機能がゆえのデメリットなので仕方ないところはある。
  • 省電力モードが存在するが、時計以外の機能が停止するので意味がない。
  • 2時間でフル充電になるので、帰宅後から寝るまでに充電すればちょうどいいらしい。

自分のライフスタイルに合わせて充電する2時間を確保すれば問題ありませんね。

 

「通常版」と「Nike版」の違いは?

価格が同じなので大差はありませんが、違いについて解説します。

異なる点は3つあります。

  • Nikeモデルオリジナルの文字盤がある。
  • Nikeモデル専用のバンドがある。
  • 「Nike Run Club」のアプリがインストールされている。

ちなみにナイキモデル専用バンドは2種類あります。

種類 特徴
スポーツバンド シリコン製で汗に強く、バンド全体にたくさん穴が空いていて通気性抜群!
スポーツループ 光を反射する素材のため、特に夜型のランナーには嬉しいバンド!

 

それと「Nike Run Club」というアプリはランニング距離計測アプリになりますが、通常モデルのアップルウォッチでも自分でインストールが可能です。

GPS機能を使って走った距離を正確に計測してくれるほか、ランナーの平均ペースや消費カロリーなどの情報を計測したり、記録したりする機能を搭載しています。

ナイキモデルは、ランニングなどのワークアウトにアップルウォッチを活用したい人に向いていると言えます。

 

アップルウォッチまとめ

この記事では、アップルウォッチをご紹介しました!

生活をより便利にスマートにしたいiPhoneユーザーの人は、スマートウォッチである、アップルウォッチの購入を検討されてみてはいかがでしょうか!

 

関連記事はこちら!