体の悩み

健康診断でコレステロール値が高かったら改善するべき事まとめ

cholesterol

健康診断の血液検査で脂質異常、つまりコレステロールの摂り過ぎが判明したら実施したい改善策についてまとめました。

コレステロール値が高い原因は何なのか?このまま摂り続けるとどうなってしまうのか?改善のためにどうすれば良いのか?

このあたりの疑問を解決する方法をまとめたのでご紹介します。

健康診断で下された「脂質異常症」とは?

脂質異常症
血液中の中性脂肪悪玉コレステロール(LDL)が多い状態または、善玉コレステロール(HDL)が少ない状態を言います。

そもそも脂質というのは大きく分けて3つで構成されています。

中性脂肪

中性脂肪値が高くなり過ぎると、肝臓から全身にコレステロールを運ぶ「悪玉コレステロール」さんを凶暴化させてしまいます。

コレステロールが血管の壁の中に蓄積されてしまい、動脈硬化を引き起こします。

中性脂肪は太り過ぎやアルコールの飲み過ぎ、運動不足によって増加します。

悪玉コレステロール(LDL)

この悪玉コレステロールは肝臓から全身にコレステロールを運びます。

これが多くなり過ぎる事で、動脈硬化を引き起こします。

善玉コレステロール(HDL)

悪玉コレステロールによって運び出されたコレステロールを肝臓へ運ぶ能力があり、動脈硬化を防ぐいいやつです。

適度なアルコールや有酸素運動で増やす事ができ、逆に喫煙や肥満によって減ってしまいます。

なぜ動脈硬化になるのか?

脂質異常症が続くとなぜ動脈硬化になるのかと言うと

  1. 血管の中にプラーク(脂質等の蓄積物)ができる。
  2. プラークのせいで血液の流れが悪くなる。
  3. 血栓によって血管が塞がってしまう。

このように動脈硬化を引き起こします。

↓脂質異常症の診断目安はこんな感じです。

中性脂肪
(トリグリセライド)
150mg/dL以上
悪玉コレステロール
(LDL)
140mg/dL以上
善玉コレステロール
(HDL)
40mg/dL未満

対策方法

コレステロールや中性脂肪の値が高くなる原因は、ほとんどの場合が生活習慣です。

偏った食事や飲酒、喫煙、運動不足、睡眠不足によってコレステロールが増加します。

そのうち、一番改善しやすい食事について見ていきます。

取り過ぎに注意が必要なもの

動物性脂肪を取り過ぎてはいけません。

卵黄、魚卵、バター、チーズ、マーガリン、インスタント食品、牛や豚の脂身

しっかり食べた方がいいもの

肉料理より魚料理の方がコレステロールの摂取を抑えられます。

オリーブオイル、なたね油、イワシ、アジ、サバ、サンマ、納豆、豆腐、味噌

まとめ

健康診断で脂質異常と言われたら、コレステロールと中性脂肪の取り過ぎが原因です。

改善方法として食事の見直しと適度な運動が非常に有効になります。

関連記事はこちら!