ブログ/WordPress

【2019年】アドセンスの審査が通らない人はこれをチェックしよう!

グーグルアドセンスの審査に通らず、残念ながら落ちてしまった人向けに、審査に合格するためのポイントをまとめてみました!

この記事の内容を参考にしてもらい、正しくブログやサイトを作り込めばきっと合格できるはずです!

目指せ合格!目指せ収益化!

ブログやサイトに設置するべきもの

プライバシーポリシー

グーグルアドセンスはユーザーが使用しているブラウザのCookieウェブビーコンを参照して適切な広告を自動表示しています。

ですので、ユーザーに対してこれらの情報を利用させてもらっていますよ!と宣言するために設置しなくてはならないのがプライバシーポリシーになります。

ワードプレスであれば、固定ページで作成してブログやサイトのトップページのフッターに配置しておけばOKです。

コピペOKで書き方を紹介してくれているサイトがあるのでリンクを置いておきますね。
【2019年コピペOK】グーグルアドセンスのプライバシーポリシーテンプレート(ひな形)書き方の例 2019年3月

プロフィール(運営者情報)

プロフィールなどの運営者に関する情報を記載しておくとブログやサイトの信頼性が高まり、評価されそうです。重要度は低いかもしれません。

お問い合わせフォーム

運営するブログやサイトを訪問したユーザーが運営者にコンタクトを取れるように設置した方が良いです。

ワードプレスで運営している人はプラグインの「Contact Form 7」で簡単に設置できるので試してみて下さい。

禁止コンテンツを扱ってはいけない

プログラムポリシーの中にあるコンテンツガイドラインの中には、禁止コンテンツも定められています。

禁止されているコンテンツをブログやサイトに載せるとペナルティを受けてしまいます。

当然、審査も通過できませんので、扱うジャンルはしっかり見ておく必要があります。

禁止コンテンツ一覧

  • ポルノ、アダルト(水着もアウトになる可能性あり)
  • 暴力的なコンテンツ
  • 誹謗中傷、脅迫、危害を加えるようなコンテンツ
  • 差別
  • 下品
  • ハッキングに関するコンテンツ
  • 薬物、麻薬
  • ビールやアルコール度の高い酒類の販売
  • タバコやタバコ関連商品の販売
  • 医薬品の販売
  • 武器や兵器の販売
  • ギャンブル(ただし、全面的に禁止しているのではなく、パチンコやスロット、競馬などはセーフのようです)

これらの禁止コンテンツに関係する記事がすべて違反になるわけではなく、Googleが違反と判断すれば、それはアウトです。

特にアダルト関連が厳しいことで有名ですので、人の半裸が映り込んでいる画像などは差し支えなければ除外した方が安全です。

また、記事のコメントとして送られてくるアダルトスパムコメントも対象となってしまうので、コメントは承認制にしておくべきです。

コンテンツを充実させる

アドセンスの申請をした結果「不十分なコンテンツのため非承認」となる場合があります。

ここで言う「不十分」とは、総記事数や1記事あたりの文字数であると言えます。

Twitter等でグーグルアドセンスに合格した人の状況を見てみると、必要な記事数の目安は最低10記事くらいなようです。

1記事あたりの文字数に関しては、最低でも1,000~1,500文字くらいの記事を書く必要がありそうですが、ユーザーにとって価値のある内容でないとダメです。

また、審査に合格するまでは可能な限り、毎日新規の記事を投稿し続けた方が評価に良い影響があるかもしれません。

記事のタイトルと内容を揃える

私もよくやりがちなんですが、最初に記事タイトルを決めて内容を書き殴っていくと、最終的にタイトルと内容が合ってないことが多々あります・・・。

記事タイトルは、具体的な内容が分かるようにまとめたものを設定しましょう。内容を書き終えてから最後にタイトルを書き換えるのも・・・アリだと思います。

タイトルと内容が不一致していると「ユーザーにとって価値が低い」と判定される可能性がありますからね。

見出しや文字の装飾、改行を適度に使う

ユーザーにとって記事内容が分かりやすく見やすいものになるために、見出し(hタグ)や文字の装飾、改行を「適度に」するべきです。

その「適度に」が難しいのですがね。

間違いなく言えるのは、見出しで何について説明するのか明確にして、文字の装飾で重要な箇所を分かるようにして、文章が読みやすいように改行を入れてあげる。

これらは全て「ユーザーにとって見やすくする」というコンセプトの元にあります。

画像や動画の著作権侵害に注意する

画像や動画があるとユーザーにとって記事のイメージがしやすかったり、分かりやすかったりする場合が多く、価値あるブログとして評価されやすくなります。

ただし、著作権のある画像や動画を使用する場合は、著作権違反にならないように注意が必要です。

商用利用可能なフリー素材画像を使ったり、自分自身で撮影した画像などを使えば大丈夫です。

私は「ぱくたそ」さんのフリー素材をよく使わせてもらっています。

copyright
ブログで著作権を侵害しないために知っておくべき事をまとめてみたブログ運営者は著作権を侵害しないように注意しなくてはなりません。 この記事では、ブログを運営しているとぶち当たる「著作権の疑問」に...

不合格の場合すぐに再審査申請をしない

もし審査の結果が非承認だった場合、コンテンツ内容を修正したからといってすぐに再審査申請をしてはいけません。

再審査申請をするまで、2週間ほどの期間を空ける必要があるみたいです。

すぐさま再申請をしてしまうと、機械的に非承認通知が来て不合格になってしまうらしいです。

そして、再審査申請の2週間の期間を待っている間も、記事は書き続けましょう。

更新頻度の高いブログの方が審査の評価が高くなるためです。

まとめ

グーグルアドセンスの審査に合格するためのポイントをまとめてご紹介しました!

改めて内容を確認してみるとグーグルはユーザーファーストであることがよく分かります。

どうしても審査が通らない!という人は、審査用のブログやサイトを別途準備して申請してみる荒業も必要かもしれません・・・。

↓アドセンス合格後に収益を最適化するための本はこちら。

関連記事はこちら!