ブログ/WordPress

検索順位チェックツール「GRC」はブログ運営に必須ツールだった!

grc-tool

ブログ運営では検索順位を上げるSEO対策が必須です。

そのSEO対策で最も重要なのがリライトです。

しかしリライトという作業は適当に実施しても効果は薄いのです。

まず最初に確認すべきなのは

「自分の記事は狙ったキーワードで検索順位が何位なのか?」

という事です。

検索順位が高い場合!
リライトで不足情報を追記してやればGoogleからの評価が高くなり、検索順位をさらに上げることができます!

逆に・・・

検索順位が低い場合!
検索結果で圏外にいるような記事はリライト以前に、記事の構成段階から見直しが必要と言えます。

このように記事の順位を把握することはブログ運営で非常に重要なのです。

そこで今回は実際に検索順位チェックツール「GRC」を導入する様子と使い方をご紹介します。

このGRCですが「初めは無料の人気ツールだから~」なんて理由で導入しましたが、便利過ぎて有料版にアップグレードを考えている最中です!

翌日に年会費5,000円の有料版にアップグレードしました!

検索順位チェックツール「GRC」

必要性について

冒頭で述べた通り、リライトを実施する上で必須になるのが検索順位チェックツールです。

各記事の検索順位を把握することで、リライトの方向性と内容を決めます。

その結果、リライト後に検索順位がどう推移したかを見ることで、そのリライトが有効だったかどうかの振り返りを行えるわけです。

それらの繰り返しで記事を上位表示させて、PV数を増やして、ブログが育ち成長していくのです。

GRCを選ぶべき理由

初めはどのツールが最適か分からないので

  • ブロガーに圧倒的人気
  • 無料
  • Windows/Macに対応
  • 使いやすく、分かりやすい

という理由で検索順位チェックツールは「GRC」を選びました。

最後に挙げた「使いやすく、分かりやすい」というのは私のようなこれから頑張っていくぜ系の初心者ブロガーには大変ありがたいです。

実は他にも無料のツールがいくつかあって、例えば・・・

「serposcope」という海外サイトもよかったです。

性能面では「GRC」と同等クラスで項目によっては勝っていました。

ですが!

全部英語表記で慣れるまで時間がかかりそうだったのと、直感で分かりにくいかなと感じてしまったのでやめました。

GRCのラインナップ

GRCが気に入れば有料版にしてさらに使いやすくする事ができます。

↓無料版はこんな感じです。

GRC10-2

項目数制限が「10項目まで」となっています。

無料版だと検索キーワードが10個しか登録できません。

↓有料版はこんな感じです。

GRC11

私の場合は1つのブログしか運用していないのでベーシックプランで充分そうです。

無料版の検索キーワードがもう少し多ければ無料のままでも良かったんですがねえ。

まぁでもベーシックプランでも月々だと400円くらいなので、実際に使用してみて気に入れば購入してもいいかなと思います。

「GRC」の便利な機能

検索順位の確認はリライト前の準備みたいなものなので簡単にサッと済ませたいです。

GRCには簡単に運用できる2つの機能が備わっています。

検索順位の履歴をグラフで表示

↓こんな感じでグラフと表で順位の確認が可能です。

GRC13

検索順位が上がっていればリライト成功!

逆に下がっていれば、リライトによる追記や修正が必要です。

検索順位チェックを自動で実施

↓設定方法は2種類です。

  • GRCツール起動時に自動順位チェック
  • 指定時刻に自動順位チェック

検索順位を自動で取得してくれます。

ただし、パソコンは起動させる必要があるのでここだけ少し面倒です。でも検索順位の確認は別に毎日じゃなくてもいいので、パソコン立ち上げの都度順位を確認するという感じでしょうか。

「GRC」の導入と使い方

GRC導入について

実際に私が導入して使ってみた流れをご紹介します。

まず公式サイトでツールをダウンロードしてきます。

↓ダウンロードを選択してページ移動します。

GRC1

↓最新版をダウンロードします。

GRC2

↓標準インストールを選びます。

GRC3

↓次へを選択します。

GRC4

↓ダウンロードが一瞬で終わります。

GRC5

GRCの使い方について

ダウンロードした「GRC」を起動します。

↓「編集」から「項目新規追加」を選択します。

GRC6

↓サイト名、サイトURL、検索キーワードを入力します。

GRC7

後から検索キーワードを追加する場合は

↓右クリックから「項目複製追加」を選択します。

GRC8

それでは実際に検索順位をチェックしてみましょう。

↓メニューの「実行」から「順位チェック実行」を選択します。

GRC9

↓検索順位をチェックした結果はこんな感じに表示されます。

GRC12

今回、10項目分のキーワードで順位チェックを実行したら2、3分かかりました。

この結果を見てみると

一番検索順位の高い「iPad デジタル絵」という検索キーワード。

Googleで私の記事が5位なので、その上に4つの記事が存在している事が分かります。

それら4つの記事を確認して、不足している情報を自分の記事に補ってやる事でGoogleに評価されて順位が上がるというわけです。

そういう事らしいです。

それよりも気になるのは・・・

 

キーワード登録が10個じゃ全然足りん!という事!

 

・・・というわけで翌日に有料版にアップグレードしました↓

GRCを有料版のベーシックライセンスに更新!

ベーシックライセンスは有料版の中でも一番安いやつです。

  • 年間4,860円→月額換算で405円/月
  • 1年間有効
  • URLは5サイト分登録可能
  • 1日に最大500キーワード検索可能
  • ライバル記事を5つまで追跡可能

なぜベーシックライセンスにしたのか?

それは、1日に500キーワードの検索が可能だからです。

1年間有効なライセンスなので、2日に1記事を投稿したとしても183記事しか増えません。

1記事あたり2つのキーワードを狙ったとしても500あれば足りるかなと思いました。

ちなみにGoogleサーチコンソールのクエリ(実際に検索してもらったキーワード)を300件ほどぶち込んでツールを使用してみたら、検索順位の調査に1時間かかりました。

検索に結構時間がかかるので、早めにパソコン立ち上げてツールを回しておいた方が良さそうです!

GRCを1週間使ってみて

GRC導入から1週間が経ち、1つだけ気になった点がありました。

検索結果に「Google件数」という項目があります。

これはGoogleで検索した結果、何件の検索結果が存在しているかの件数になります。

この値がGRC上で異常に小さな値になる事がありました。

実際にそのキーワードでGoogleで検索すると数万件の結果が存在しています。

調べてみるとこれはGoogleの仕様らしいので仕方ないようでした。

GRCの「Google件数」の数値が異常に小さい場合は気にしないという結論になりました。

まとめ

この記事では無料の検索順位チェックツール「GRC」についてご紹介しました。

まとめると

  • ブロガーに支持されている。
  • 使いやすく、分かりやすい。
  • 検索順位を知ることはブログ運営で非常に大事。
  • 無料版の項目10個じゃ全然足りない。

OSもWindows/Macの両方に対応していますので、ブロガーならぜひ「GRC」を一度使用してみてはいかがでしょうか。

なんたって無料ですから、まずはお試しあれ!

ライセンス料の年会費5,000円を払ってでも有料版にするのをオススメします。

関連記事はこちら!