お金の話

家計簿アプリならマネーフォワード!無料で超簡単に続けられるよ!

お金を管理するために家計簿を付けたいけどなかなか面倒ですよね。そんな人におすすめしたいのが無料で超簡単に家計簿を付けられるマネーフォワードMEというアプリです!

ズボラで面倒くさがりな私でも1年以上も家計簿を続けることが出来ました!

この記事では、マネーフォワードMEという家計簿アプリの使い方やメリット、デメリットについてご紹介したいと思います。

家計簿マネーフォワード ME
家計簿マネーフォワード ME
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

お金の動きをきっちり把握できるし、無駄な出費を抑えて貯金するのに活躍してくれます!

家計簿アプリ「マネーフォワード」の特徴

株式会社マネーフォワードが運営している、家計簿を無料で超簡単に作成することができるアプリです。

アップルストアのマネーフォワードアプリ
↑家計簿アプリの中でも高いダウンロード数を誇り、アプリストア内でも高評価をずっと維持しています。

銀行口座の預金や引き落としはもちろん、クレジットカードの支払いやコンビニ等で使用する電子マネー、買い物でもらう紙のレシートをスマホカメラで撮り込むことによって、超簡単に家計簿を作成できます。

スマホやタブレットのアプリとしてだけでなく、パソコンで公式サイトにログインして使うことも出来ます。出先でササッと管理したい!という人や自宅で集中してお金の管理をしたい!という人にも幅広く満足できるサービスとなっています。

マネーフォワードのメリット1:収入と支出の入力が超簡単!

このアプリの最大の魅力は入力が超簡単なところです。私も1年以上このマネーフォワードアプリのおかげで家計簿を付け続けることができています。

銀行口座やクレジットカードの連携

収入は全て銀行口座への振り込みなので、最初に連携しておけば手入力は一切不要で自動的にマネーフォワードアプリの家計簿に反映されていきます。

月々の支払いになる電気や水道、ガスなどの光熱費や散らばった複数の口座も一括で管理することが出来ます。

反映された情報の詳細もアプリ内で確認することができます。例えば銀行口座からの引き落としや保険料、Amazonプライム会費など一目瞭然です。

↓反映された入出金画面です。

マネーフォワードアプリの入出金の画面

Amazonや楽天での買い物やクレジットカードの使用分も反映させるので、使いすぎないように確認できます。

銀行口座やクレジットカードだけでなく証券口座も連携ができるので、家計簿だけでなく資産運用にも使えるアプリになっています。

レシート読み取り機能

どこでお金を使おうがレシートさえあればスマホのカメラで撮影するだけで自動読み取りができます。

↓財布の中から大量のレシートが・・・。


ついついレシートは財布の中に溜まりがちです・・・。

↓そんな時にカメラでレシートを撮影します。

マネーフォワードのレシート読み取り
この通り、レシート読み取り機能で入力を自動化!

使った金額だけでなく、カテゴリーや日付、店舗名までバッチリ入ります。どの項目も「保存」前に手動で変更可能なのが嬉しいです。

カメラの読み取り精度もなかなか高いです。レシートをカメラでパシャパシャ撮っていくだけで家計簿が出来上がります。レシートが財布に溜まらずスマートです。

マネーフォワードのメリット2:収支の見える化が凄い!

家計簿は付けて終わりではなく、しっかりと見える化して改善に繋げる必要があります。マネーフォワードなら勝手にグラフ化されてお金の流れがよく分かります。

月々の収支の内訳が円グラフで見える!

マネーフォワードは家計簿の作成だけでなくグラフも自動化されています。

マネーフォワードの月の収支確認画面

各月の収支のサマリーを確認することができ、カテゴリーごとに色分けされていて見やすい。自分が登録したカテゴリー毎に表示することができます。

カテゴリーごとの月々の変動が棒グラフで見える!

先ほどの円グラフで「食費」のカテゴリーを選択すると月々の変動を棒グラフで確認できます。

マネーフォワードの食費の月々の棒グラフ画面

入力→グラフ化がとても簡単なので、家計簿を付けるところからではなく、どこをどう節約するかの検討から始めることができます。

各項目を月別に比較する事もできるので、今月はどの項目が使い過ぎているのか丸見えになります。

マネーフォワード公式ならもっと詳しく収支を分析できる!

スマホやタブレットのマネーフォワードアプリだけでなく、マネーフォワードの公式サイトにログインすればさらに収支が見やすくなります。

↓グラフはこんな感じ

マネーフォワードのパソコンのグラフ

↓表はこんな感じ

マネーフォワードのパソコンの表

自宅でじっくりと家計を分析するならマネーフォワードの公式画面が一番見やすいですね!特に表の画面が月々の推移が分かりやすくて役立ちますね。

家族全員で入力して共有できる!

家族で家計簿を共有したい人にもおすすめできます。

私の場合は、食費や日用品は専業主婦の妻が見てくれているので、購入時のレシート読み取りやどうしても現金払いになってしまう費用系は手入力してもらっています。その情報もマネーフォワードアプリを通して共有することができます。

家計簿を家族で共有してどこで無駄が発生しているか認識を合わせて改善するために非常に役に立ちます。紙の家計簿を違い、どこでも同時に確認と入力ができますからね。

マネーフォワードのデメリット

マネーフォワードを1年以上使用してみて感じたデメリットを挙げてみます。

どうしても手入力になる支出がある

自販機のようなレシートがもらえない現金払いはスマホで手入力になります。

紙に手書きで管理する家計簿とは違い、お手元のスマホですぐに入力できるのであまり問題ではないです。それに、自販機も電子マネーに対応してキャッシュレスな世の中になってきています。

一括支給や一括支払いが管理しにくい

マネーフォワード自体のデメリットではありませんが、通勤交通費や児童手当のような数ヶ月分を一括で支給されるものの管理が大変です。

マネーフォワードでは自動入力されたものを手修正が可能なので、私の場合は一括の収支は手作業で各月に案分しています。そこが少し手間になっています。

マネーフォワードの始め方

家計簿アプリのマネーフォワードは始め方も簡単です。

  1. マネーフォワードアプリをダウンロードする
  2. 銀行口座やクレジットカード等を登録する
  3. レシート読み取りや現金の入力をする

たったこれだけで月々の収支を見える化してお金を管理することができます!

プレミアム会員ならさらに家計を分析できる!

無料会員でも充分に満足できるサービス内容なんですが、プレミアム会員も存在します。月額500円で全ての機能が解放されます。

↓主な追加機能

  • 金融関連サービス連携数無制限
  • 理想の家計と比較して家計診断
  • 過去1年以上の家計データの閲覧
  • 連携先データをボタン1つで更新

このあたりが便利そうな追加機能です。本気で家計改善をしたい!という人や、銀行やクレジットカード、電子マネーなど、連携先が多い人は試してみる価値ありです。

今なら30日間無料でお試しもできます。

まとめ

家計簿アプリ、マネーフォワードを使って欲しい人はこんな人です!

  • 家計簿をつけるのが面倒で長続きしない人
  • 財布の中にレシートが溜まってしまう人
  • 無駄な出費を抑えたい人

今回紹介したマネーフォワードは超簡単に家計簿がつけられるので最高です。

家計簿をつけていない方や、面倒なやり方で家計簿をつけている人はマネーフォワードを使ってみてはいかがでしょうか?

きっと気に入ってもらえると思います。無料なので気軽に使ってみて下さい!

家計簿マネーフォワード ME
家計簿マネーフォワード ME
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ