暮らしを豊かに

Apple Pay(アップルペイ)の登録方法や使い方を分かりやすく解説!

Apple Pay(アップルペイ)の登録方法や使い方を分かりやすく解説!

電子マネーによる決済って少し不安で、何となく現金払いを続けていませんか?

そんなiPhoneユーザーに紹介したいのが超便利なApple Pay(アップルペイ)です!

Apple Payを使うためのクレジットカードやSuicaの登録方法、使い方や利用シーンなどを分かりやすく解説します!

現金を持ち歩かない生活がどれほど快適なのか、是非お試しください!

Apple Pay(アップルペイ)とは

Apple PayとはiPhoneやApple Watchをかざすだけで、電車やバスの利用だけでなく、買い物の料金なんかも支払いができるサービスのことです。

具体的には、iPhone純正アプリ「Wallet(ウォレット)」にクレジットカードやSuicaを登録しておくことで、電子マネーとしてスマホ本体をかざすだけでお支払いができます。

Apple Payの利用は無料です。現金チャージの手間もかからず、財布やカードをポケットから出すことなくお支払いができて超便利です。

クレジットカードのポイントが貯まってお得だし、セキュリティも万全なので情報漏洩の心配もありません!

この爽快感のあるお支払いは、1度味わったらやめられません!ジャラジャラした小銭とお別れできます。

Apple Payに必要なもの

当然、Apple Payを使用するためにはiPhoneが必要になりますが、全ての機種が使えるわけではないのでご注意ください。

↓こちらが必要なものです。

  1. iPhone本体
    (iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Plus)
  2. Apple ID
  3. クレジットカードやプリペイドカード

まずは必要な環境を整えましょう!

次項からApple Payを使用する上で絶対に登録しておくべき「クレジットカード」「Suica」の2つの登録方法について解説していきます!

Apple Payにクレジットカードを登録する方法

↓Walletアプリのホーム画面の「+」から登録していきます。

Apple Pay(アップルペイ)の登録方法1
↓カードの種類を選択します。今回はJCBカードを登録していきます。

クレジットカードの裏面に記載されている3桁のセキュリティコードを入力します。

Apple Pay(アップルペイ)の登録方法2
その後、利用規約に同意をします。

↓カードが追加されました!

今回はJCBカードなので電子マネーの種類は「QUICPay」になります。

Apple Pay(アップルペイ)の登録方法3
クレジットカードの種類によって「QUICPay」「iD」になりますが、どちらも同じくらいの普及率なのでOKです。

↓最後に、パスコードを入力すると、リーダーで読み取りができるようになります。

Apple Pay(アップルペイ)の登録方法4.1
これで設定が完了しました!

Apple PayにSuicaを登録する方法

先ほどのクレジットカードの登録と同様に、Walletのホーム画面「+」から進んで「続ける」を選択します。

↓この画面になるので今度は「Suica」を選択してカードの情報を入力します。

Apple PayにSuicaを登録する方法1.1
その後、利用規約に「同意する」を選択。

↓図の通りにSuicaカードとiPhoneを重ねて情報を転送します。

Apple PayにSuicaを登録する方法2
↓Walletアプリにカードの追加が完了します。

Apple PayにSuicaを登録する方法3
これで設定が完了しました!

エクスプレスカードに設定(初回は自動)しておけば、わざわざiPhoneを取り出してWalletアプリを起動せずに、そのままタッチだけで改札を通ることができます!

↓Suicaカード購入時に支払ったデポジットの500円もチャージという形で返ってくるので安心です。

Apple PayにSuicaを登録する方法4

ちなみに、Walletアプリに取り込んだSuicaカードはもう使えないので自身で廃棄します。

このようにクレジットカードとSuicaの2つを登録しておけば、次回からはいつでもiPhoneのみで電子決済が可能になります!

Apple Payの使い方

最初は本当に電子マネーで支払えるか不安ですが、実際にやってみると呆気にとられるほど超簡単です。

まずは、支払い先がどの種類の電子マネーに対応しているか確認します。

↓各種電子マネーのロゴ

各種電子マネーの種類
↓交通系電子マネーのロゴ

交通系電子マネーの種類
次に、自分が支払いに使う電子マネーを確認します。

↓JCBカードの場合は「QUICPay」になります。

Walletアプリのホーム画面で電子マネーの種類を確認
あとはコンビニなど、店員さんがいる場合は、QUICPayで支払う旨を伝えてからWalletアプリから支払いに使うカードを選択して、リーダーにかざすだけです!

リーダーが読み取って「QUICPay~!」と効果音が鳴れば支払い完了です!

Apple Payが使えるシーン

Apple Payが使えるお店やサービスを一部紹介します。

電車やバスなどの交通機関はSuicaで移動

すでにSuicaカードを持っている人はWalletアプリに登録すれば、プラスチックカードを持ち歩く必要はありません。

Suicaカードを持っていない人も、Suicaアプリで新規登録することができます。Suicaのチャージもアプリで行えるので券売機に並ぶ必要はありません。

さらに多くの自販機がSuicaに対応しており、飲み物も現金不要で購入できます。

色々な店舗での買い物が便利になる

  • アップルストア
  • アピタ・ピアゴ
  • イオン
  • エディオン
  • エネオス
  • ココカラファイン
  • コジマ
  • サツドラ
  • ジョーシン
  • すかいらーく
  • すき家
  • セブンイレブンなどコンビニ全般
  • ソフマップ
  • TSUTAYA
  • ビッグカメラ
  • マクドナルド
  • マツモトキヨシ
  • ユニクロ
  • ヨドバシカメラ

色々なアプリやウェブサイトの支払いに使える

Apple Payが使えるアプリケーションやウェブサイト
例えば「TOHOシネマズ」アプリで映画の予約とチケットの支払いができます。当日は混雑しているチケット窓口を避けて、自動券売機でチケットの発行が可能です。

Apple Payが使えるお店やサービスは現在も拡大しているので、今後より便利に生活ができるようになります!

まとめ

この記事では、Apple Pay(アップルペイ)の登録方法や使い方を分かりやすく解説しました!

日々の生活で使用するクレジットカードやSuicaカードを、iPhone純正アプリの「Wallet」に登録して便利な電子マネーを利用してみてください!

iPhoneの充電切れに備えて小型のモバイルバッテリーを持ち歩くのもオススメです!

PowerCore Fusion 5000-Review
【Anker PowerCore Fusion 5000】モバイルバッテリーのレビュー!スマートフォンやタブレット、ゲーム機などを持ち歩くと気になるのがバッテリー残量です。 外出中に充電ができず、バッテリー残量を気にし...
関連記事はこちら!