ときめくガジェット

【2019年最新】アイロンのおすすめ!人気機種から選び方を解説!

【2019年最新】アイロンのおすすめ!人気機種から選び方を解説!

衣類のシワを伸ばして見た目を良くしたり、殺菌/除菌/抗菌効果によって清潔感を高めてくれるアイロン!

ビジネスからフォーマルまで、一家に一台あると幅広く活躍してくれますよね。

 

だけど店頭を見てみると、アイロンの種類が多すぎてどれを買っていいか悩ましいです・・・。

そこでこの記事では、人気のアイロンから私がおすすめしたい製品をご紹介します!

 

我が家でもアイロンを買い替えたばかりなので現行の最新モデルから、

あなたにピッタリのアイロンが見つかるように、選び方のポイントと合わせて解説します!

まずはアイロンの種類を知ろう!

アイロンは3種類のタイプに分類することができます!

↓それがこちらです。

  • スチームアイロン
  • 衣類スチーマー
  • ドライアイロン

現在は衣類に優しく、除菌や脱臭もできるスチームアイロンが主流になっています!

それぞれの特徴を確認してみましょう!

 

スチームアイロン

スチームアイロン
スチーム(蒸気)を出しながらプレスしてシワを伸ばすタイプ。

最近のスチームアイロンはハンガーにかけたまま衣類にスチームを当てて、シワ取りや脱臭をすることもできます。

メリット
  • ウールなどニット素材にも使える!
  • しっかりプレスできて、シャツやズボンに折り目が付けられる!
  • コードありとコードレスが選べる!

デメリット
  • 低価格な製品はスチームの出力が弱いことも
  • タンクの給水や清掃が必要

現在のアイロンで最も主流のタイプなので製品ラインナップも多く販売されています!

衣類スチーマー

衣類スチーマー
スチームアイロンと同様に蒸気でシワを伸ばしますが、こちらは衣類をハンガーにかけたまま使用します。

ハンディスチーマーとかハンガーアイロンとも呼ばれていますね。

メリット
  • ハンガーにかけたまま手軽にシワ取りや脱臭ができる!
  • シャツ、スーツだけでなく、セーターやコートなど立体的な衣類にも使える!
  • 軽量でコンパクトな製品が多いので出張や旅行でも活躍!

デメリット
  • タンク容量が他と比べて少ないので給水回数が多くなる
  • プレスしないので折り目が付けられない

ワイシャツのシワをササッと手軽に伸ばしたい人におすすめ!

ドライアイロン

ドライアイロン
霧吹き等で水分をかけてから高温の熱でプレスしてシワを伸ばします。

アイロン台の上で使用するタイプです。

メリット
  • スチームを使わないので高音を維持しやすい!
  • 製品の価格が安い!
  • 給水不要なので軽くて負担が少ない!

デメリット
  • スチームの出力をオフにできるスチームアイロンも出てきて存在意義が薄れつつある。
  • そのせいで製品のラインナップが薄く、新モデルが出ていない。

頑固なシワもしっかり伸ばすことができるアイロンです。
昔ながらの「アイロンかけてる感」があって、スチームタイプが流行る中、根強い人気は健在です。

アイロンの選び方はここに注目!

アイロンの選び方はここに注目!
アイロン選びのポイントを解説していきます!

 

かけ面のコーティング素材で選ぶ

アイロンのかけやすさは、かけ面のコーティング素材で変わってきます!

具体的には丈夫でツルツルした素材の方が滑りが良いです。

↓丈夫で滑りの良い素材の順に並べています。

  • ボロンコート(東芝)
  • ミラーマジ軽ベース(パナソニック)
  • ニッケルコート(東芝)
  • シルバーチタンダイヤモンド(東芝)
  • シルバーセラミック(パナソニック/東芝/ティファール)
  • ハードチタン(パナソニック)
  • シルバーチタン(パナソニック/東芝)
  • チタン(パナソニック/日立)
  • フッ素テフロン

上位5種類の素材のものが、アイロンをかけやすくておすすめです!

スチームの吹き出し量で選ぶ

1度に出力されるスチーム量が多いと、ムラなくキレイに仕上げることができます。

スチーム量だけでなく、タンクの水量が多いとその分、給水せずに連続使用ができて楽なのでチェックしてみて下さい。

 

電源コードの有無で選ぶ

コードレスの方がアイロン使用時にコードが邪魔にならず良さそうですが、かけ面の温度が下がってしまうので連続稼働時間に制限があったりします。

↓選び方のポイントはこんな感じです。

コードレス!
  • 必要な時に必要なところだけシワを伸ばす!
  • コードを気にせず、アイロン使用時に取り回しが良い!
  • 充電器から離した時から、徐々に温度が下がるので連続使用時間に制限あり!

コードあり!
  • アイロン台の前でどっしりと構えてシワを伸ばしまくる!
  • 電源コードと繋がっているため、高温を維持できて長時間使用可能!
  • コードはちょっと邪魔になる!

コードの煩わしさを解消できるコードレス、長時間集中して使えるコードあり。
自分の使い方によって選択するのが良いですね!

 

アイロンの大きさと重量で選ぶ

アイロンのかけ面が大きい方が1度にシワ取りできる範囲が広いです。

↓重量に関してはこんな感じです。

重量 特徴
軽い! 手首や腕に負担がかからず、小回りがきく
重い! プレスしてシワを伸ばすなら重い方が良い

軽量なものは700gくらいで、重量のあるものは1.5kgくらいあります。

1度に何枚もアイロンがけするよって人は疲労の溜まり方に影響してきますね。

アイロンの人気メーカーで選ぶ

アイロンを買うならやっぱり大手メーカーで人気で売れてる製品を選びたいですよね!

私が推したい4社のおすすめポイントはこちらです!

メーカー 特徴
パナソニック
(Panasonic)
短時間でシワや臭いをとる「時短ケア」が強み!
東芝
(TOSHIBA)
かけ面のコーティングが最も高性能!
日立
(HITACHI)
タテヨコどっちにも置ける収納ケースが便利!
ティファール
(T-fal)
スチーム量と重量があり、とにかくパワフル!

色々な製品を見てみましたが、品質、機能、価格の面でこれらのメーカーがおすすめだと判断しました!

スチームアイロンのおすすめ

それでは私のおすすめのアイロンをご紹介していきます!

パナソニック
カルル NI-WL705

Panasonic NI-WL705-N国内メーカー出荷台数No.1のスチームアイロン!

パナソニックで大人気の「カルル」シリーズです。時短でのケアが支持されています。レモン型で全方位に動かせるし、多彩なスチームやスプレー機能が使えます!

 コーティング:ミラーマジ軽
スチーム量:13ml/分
 電源コード:コードレス
 カラー:ピンク/ゴールド/ピンクゴールド
本体サイズ:11×13×22.6cm
本体重量:1.1kg

 

東芝
ラクル La・Cooラクー TA-FLW910

TOSHIBA TA-FLW910
驚くほど滑りが良くてアイロンがけが楽ちん!

かけ面にボロンコートというダイヤモンドに近い高度の物質を使用しているため、摩耗しにくく、スイスイとアイロンをかけられます!スチームショットも全面や集中に切り替えができて申し分なしです!

コーティング:ボロンコート
スチーム量:13ml/分
 電源コード:コードレス
カラー:サテンゴールド/バイオレット
本体サイズ:11.5×12.4×23cm
本体重量:1.1kg
東芝 コードレススチームアイロン(サテンゴールド)TOSHIBA 美(ミ)ラクル La・Coo TA-FLW910-N
created by Rinker
美(ミ)ラクル La・Coo

 

日立
CSI-307

日立 CSI-307
温度表示液晶ディスプレイが便利!

手元の液晶画面でかけ面の温度を6段階で確認することができます!コードレスアイロンは温度が下がってくるのでこれは超便利!他にも強力なスチーム噴射やハンガースチームの機能も備わっています。

コーティング:セラミック系
スチーム量:記載なし
 電源コード:コードレス
カラー:ブラック
本体サイズ:21×13.8×10.5cm
本体重量:0.94kg
日立 コードレススチームアイロン ハンガースチーム機能付き 温度表示液晶ディスプレイ搭載 高温・中温スチーム パワースチーム スプレー CSI-307 XS
created by Rinker
日立(HITACHI)

 

パナソニック
NI-W550

パナソニック NI-W550
コード付きでスチーム出力20ml/分のパワフルスチーム!

2010年の発売から変わらず人気の製品です。コード付きのアイロンはあまりモデルチェンジがないんですね。こちらの製品もかけ面はレモン型で、持ち替えずに全方向へアイロンかけが可能だし、スチーム量が多いのでパワフルにムラなく仕上げることができます!

コーティング:セラミック系
スチーム量:20ml/分
電源コード:コードあり
 カラー:シルバー
本体サイズ:12×15×27cm
本体重量:1.4kg

 

ティファール
アルティメット

ティファール アルティメット
安定した熱量の強力スチームで効率よくアイロンがけ!

コードありでスチームが最大で140ml/分という圧倒的な出力です。頑固なシワも強力スチームで1発解消です。もちろん、衣類をハンガーにかけたままでも使用可能です。

コーティング:オートクリーン
スチーム量:最大140ml/分
電源コード:コードあり
カラー:1色のみ
本体サイズ:15.5×16×32cm
本体重量:1.7kg
ティファール(T-FAL) コードつきスチームアイロンT-FAL アルティメット FV9751J0
ティファール(T-fal)

 

衣類スチーマーのおすすめ

どの製品も衣類をハンガーにかけたまま使用できる便利さがウリです!

生活臭や加齢臭、防虫剤臭などの脱臭にも向いています。

 

パナソニック
NI-FS750

パナソニック NI-FS750
累計200万台も売れてる超人気シリーズ!

ハンガーにかけたまま、サッとシワや臭いが取れます。低重心設計なので、持った時に重さを感じにくいです。従来モデルよりもタンク容量が2倍にパワーアップしてます!

コーティング:-
スチーム量:11ml/分
電源コード:コードあり
カラー:ピンクゴールド/シルバー
本体サイズ:8×13×16cm
本体重量:0.74kg

 

東芝
La・Cooラクー-S TAS-X4

東芝 La・Cooラクー-S TAS-X4
業界初の衣類スチーマーのコードレスタイプ!

ただでさえ手軽な衣類スチーマーがコードレスになりました!それだけでも便利なんですが、厚手のジャケットやコートにスチームする時は、コードを繋いで有線で長くスチームを出力することもできます!

コーティング:-
スチーム量:12ml/分
電源コード:コードレス※接続も可能
カラー:シルバー/レディッシュブロンズ
本体サイズ:7.1×13.7×17.9cm
本体重量:0.71kg
東芝 コードレス衣類スチーマー(シルバー)TOSHIBA La・Coo S(ラクーエス) TAS-X4-S
created by Rinker
La・Coo S

 

日立
CSI-RX2

日立 CSI-RX2
アイロンがけもできる1台2役の衣類スチーマー!

たっぷりスチームでシワと臭いの手入れができるし、素材に合わせてスチームを高温と中温から選んで使用することができます。前作のRX1よりもスチーム量がUPしています。

コーティング:セラミック系
スチーム量:14ml/分
電源コード:コードあり
カラー:ホワイト/ルビーレッド
本体サイズ:17.5×12.5×8.5cm
本体重量:0.69kg
日立 衣類スチーマー スチームアイロン 3段階温度調整機能 立ち上がり30秒 ワンプッシュ連続スチーム 持ちやすいオープンハンドル採用 ブラシ付き CSI-RX2 W
created by Rinker
日立(HITACHI)

 

ティファール
アクセススチーム プラス

ティファール アクセススチーム プラス
衣類スチーマーでも圧倒的なスチーム量!

現時点で業界No.1のスチーム量を誇っています。大量のスチームを噴射することで、ハンガーにかけたまま素早くシワ伸ばしが可能となっています。長時間の使用にはトリガーロックも付いていて便利です。

コーティング:-
スチーム量:20ml/分
電源コード:コードあり
カラー:1色のみ
本体サイズ:13×28.3×14.1cm
本体重量:1.22kg
ティファール(T-FAL) コードつき衣類スチーマーT-FAL アクセススチーム プラス DT8100J0
ティファール(T-fal)

 

ドライアイロンのおすすめ

現在はスチームを噴出する機種が主流となっているため、昔ながらのドライアイロンの製品ラインナップからは、これ1択の状況です。

 

パナソニック
NI-A66

パナソニック NI-A66
裁縫やパッチワークにおすすめのドライアイロン!

腕に負担の少ない軽量タイプのドライアイロンです。昔ながらのちょっとレトロな外観であり、かけ面については、のりがつきにくいフッ素コート加工が採用されています。スチームはむしろ不要という人におすすめです。

コーティング:フッ素コート
スチーム量:スチームなし
電源コード:コードあり
カラー:1色のみ
本体サイズ:11×10×23cm
本体重量:0.8kg

 

アイロンの人気売れ筋をチェックする

最新の売れ筋人気ランキングもチェックしてみて下さい!

Amazonランキングを見る 楽天市場ランキングを見る

機種名には、マイナーチェンジのバージョン番号が付いている製品もあるので、最新モデルの1つ前の型落ち品を狙うと安く購入できることもありますね!

関連記事はこちら!