暮らしを豊かに

なぜ「うるう年」や「うるう秒」が存在する?計算方法や次回の一覧!

leap-year

皆さん
「うるう年」や「うるう秒」をご存知ですか?

なんとなく4年に1度、2月29日が現れる・・・という覚えはありますが、その理由はあまり知られていません。

この記事ではそんな「うるう」に関する、計算方法や次回の一覧について紹介したいと思います。

うるう年とは?

通常、1年間は365日あります。

しかし4年に1度の「うるう年」では2月28日の後に、2月29日が設けられ、1年間が366日になります。

ちなみに英語では
「leap year(リープ イヤー)」と言います。

leapは跳ぶ、跳ねるという意味です。うるう年は1日増えるのに、「跳ぶ」とは少し違和感がありますが、跳んでいるのは「曜日」だそうです。

今年のクリスマスが月曜だった場合、来年は火曜になるはずです。

しかし、うるう年で1日増えてしまうと火曜がleapされて水曜になるため、うるう年をleap yearと呼ぶそうです。

うるう年はなぜ必要なのか?

日本で使用されている「太陽暦」では、1年は365日と定められています。

これは、地球が太陽のまわりを1周するのに365日かかるためそうなっています。

しかし、厳密に計算すると地球が太陽を1周するためには、365日ちょうどではなく
「365日と6時間」が必要なのです。

1年を365日で扱ってしまうと、実際には6時間足りていないため、
4年間で6時間×4年=24時間の不足が発生します。

だから4年に1度、「うるう年」を設ける事で不足した24時間を補っています。

うるう年の判定方法

ではうるう年は毎回4年に1度くるのでしょうか?
答えはNOです。

先ほど、1年間は365日と「6時間」と説明しましたが、実際は「5時間49分」なので、4年に1度うるう年を追加してしまうと
1年あたり11分の増やし過ぎになってしまいます。

この増やし過ぎた分を解決するために、逆にうるう年を減らす必要があります。

1年で11分のズレなので400年で考えると、
400年×11分=4400分=73.3時間になるので、400年に3回うるう年をやめれば帳尻が合う計算になります。

その結果

leap-year-Decision-table
出典:ベネッセ 教育情報サイト

このような判定方法が生まれました。

西暦が4で割り切れる年はうるう年としますが、例外として100で割り切れて400で割り切れない年は平年とします。

うるう年の一覧

2000年→うるう年※400で割り切れるため
2004年→うるう年
2008年→うるう年
2012年→うるう年
2016年→うるう年
2020年→うるう年
2024年→うるう年
2028年→うるう年
2032年→うるう年
2036年→うるう年
2040年→うるう年
2044年→うるう年
2048年→うるう年
2052年→うるう年
2056年→うるう年
2060年→うるう年
2064年→うるう年
2068年→うるう年
2072年→うるう年
2076年→うるう年
2080年→うるう年
2084年→うるう年
2088年→うるう年
2092年→うるう年
2096年→うるう年
2100年→平年※400で割り切れないため

基本的な「4年に1度」のルールを外れるのは次回は2100年なので、私はもう死んでいます。あまり気にする必要はないかもしれません。

うるう年生まれの年齢は?

単純に考えると、うるう年生まれの場合は、4年に1度しか誕生日がこない計算になってしまいます。

しかし日本の法律では、
「年齢は誕生日の前日の24時に増える」と定められているので、2月28日の最後に年齢が増えるようになっています。

うるう秒とは?

では、うるう秒とは何でしょうか?

4年に1度のうるう年のように定期的なものではありません。

地球は24時間に1回転しますが、厳密には自転速度にはムラがあり、早くなったり遅くなったりします。

そのため、1972年から地球の動きを元にした「天文時」と正確に時を刻む「原子時」にズレが生じた場合、全世界同時に「うるう秒」によってズレを調整する事になりました。

必要に応じて日本時間の1月1日か7月1日に実施されてきました。

実施日の8時59分59秒の直後に、
通常であれば存在しない8時59分60秒を追加して時間を1秒だけ遅らせる仕組みです。

うるう秒は1972年以降、今まで合計で27回実施されてきました。

その全てが+1秒であり、-1秒の削減は過去に1度もありませんでした。

まとめ

どうだったでしょうか?

「うるう年」や「うるう秒」というのは、我々人類が正しく時を刻むために必要な処置だったのです。

太陽系の惑星はどんどん太陽に近づいているなんて話も聞きますので、もしかしたら将来的には「うるう」に関するルールが大きく変わるのかもしれません。

関連記事はこちら!