パソコン周辺機器

【ロジクール M570t レビュー】トラックボール初心者も快適な王道マウス

【ロジクール M570t レビュー】トラックボール初心者も快適な王道マウス

評価:4.5

こんにちは!
ツノうさぎ(@tuno_Rabbit)です!

パソコンの使いすぎでマウスやキーボードによる腱鞘炎にお悩みの人も多いのではないでしょうか?

私もパソコン仕事が多いので1日ずっとパソコンを使うことも珍しくなく、めちゃめちゃ手首が痛くなります。

そこで以前から、手首の負担が軽いと言われるトラックボールマウスに興味があって、快適に操作ができる機種を探していました。

何度も店舗に足を運んでは実機を使用してみて、最終的に購入したのが「Logicoolロジクール」の「M570t」というワイヤレスのトラックボールマウスです。

この記事では、実際にトラックボールマウスの「M570t」を使用してみて私が感じた使い心地を中心にご紹介したいと思います。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
操作性とコスパの両立が出来ていて、手首の疲労軽減とデスクをスマートにしてくれる良いマウスでした!お勧めします!

ロジクール「M570t」の紹介

ロジクール ワイヤレストラックボール M570t
ロジクール ワイヤレストラックボール M570t
ロジクール ワイヤレストラックボール M570t
ロジクール ワイヤレストラックボール M570t
ロジクール ワイヤレストラックボール M570t
ロジクール ワイヤレストラックボール M570t
ロジクール ワイヤレストラックボール M570t

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow

Shadow
Slider

スペックを確認

  • 製品名:ロジクール ワイヤレストラックボール M570t
  • 本体サイズ:145(幅)×95(奥行)×45(高さ)mm
  • 本体重量:142g
  • センサー方式:レーザー
  • 解像度dpi:540
  • 対スピード性能 インチ/秒:最大20
  • ボタン数:5
  • スクロールホイール:有
  • 水平スクロール:無
  • 使用電池:単三形乾電池×1
  • 電池寿命:最大18ヶ月
  • 操作距離:最大10m
  • 無線方式:アドバンス2.4GHz(Unifying対応)
  • 保証期間:3年間

対応しているパソコンは「Windows XP~10」と「Mac OS X 10.5以降」と幅広いので、どのパソコンでも問題なく使えると思います。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
やっぱり5ボタンマウスは使いやすいです。電源も電池式で18ヶ月と長寿命であり、保証期間も3年間と長くて安心できます。

 

私がこの製品を選んだ理由

まず、トラックボールマウスにはボールの位置によって3種類が存在します。

ボール位置で決まる3タイプ
  • 親指タイプ
  • 人差し指&中指タイプ
  • 手のひらタイプ

私にとっては初めてのトラックボールマウスだったので通常マウスに近い操作性と言われている「親指タイプ」を選択しました。

結果的にかなり操作しやすかったです。

 

他のトラックボールマウスの候補として、エレコムやケンジントンから販売されている製品も店舗で実機を触ってみましたが、私にはこの「M570t」が最もボールを転がす感覚が気持ち良かったです。

同じロジクールの製品では「MX ERGO」という上位互換の機種がありますが、こちらはロジクールオンラインストアの価格で13,970円(税込)と、初めてのトラックボールマウスとしては価格が高すぎるかなと思いました。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
発売時期は2013年と少し古いですがトラックボールマウスとしての完成度は高く、現在も人気のある売れ筋の機種です。価格も5,000円前後で安定していたのでこのマウスにしました!

 

「M570」と「M570t」の違いについて

結論から言うと両者の違いは「保証期間が異なるだけ」であり、トラックボールマウス本体は全く同じ製品のようです。

  • M570」→ 保証期間:1年
  • M570t」→ 保証期間:3年

マイナーアップデートで製品名を変えて価格を維持するのはどこの企業もやることなので普通だと思います。

この機種に関して言えば、価格差があまりないのに保証期間が2年も違うので購入するなら「M570t」の方をお勧めしたいと思います。

 

ロジクール「M570t」の使い方と感想

外観デザインが美しいと思う

ちなみにパッケージはこんな感じになっています。

ロジクール「M570t」のパッケージパッケージの背面に切れ込みがあってバリバリと開けられます
ロジクール「M570t」の正面正面から見るとこんな感じで5ボタンタイプです
ロジクール「M570t」を操作側から見た画像操作側から見た感じです
ロジクール「M570t」を裏側から見た画像裏面はこんな感じです

本体裏側には上下左右に滑り止めが付いていて本体を固定してくれます。

電池は単三形乾電池が付属しているのですぐに使用できます。USBレシーバーも電池と同じところに格納されていました。

 

接続はパソコンにUSBレシーバーを挿すだけでOK

M570t」に付属しているUSBレシーバーをパソコンに挿入するだけで何も設定せずともトラックボールマウスを使用することが出来ました。

ただし、パソコンのUSBポートを1つ使用してしまうので注意が必要です。

USBハブでUSBポートを拡張している様子私はUSBハブでUSBポートを拡張しています

パソコンのUSBポートが不足する人はハブ等でポートの拡張をしてみて下さい。

 

初めてでも操作しやすく遅延もない

ロジクール「M570t」を操作している様子本体は緩やかなカーブを描くフォルムとなっていて、肩から腕にかけてリラックスした状態で手を被せるようにすると自然とフィットしてくれます。

手の小さな女性でも手のひらを置く位置を前の方にすれば、楽々とボタン操作ができると思います。

ボールのサイズ感もちょうどいいし、回転もスムーズでストレスフリーです。

初めてトラックボールマウスを使う人は凄く違和感を覚えると思いますが、数日も使えば慣れることができます。

そしてやっぱり5ボタンマウスは使いやすいです。

  • ①左クリック
  • ②右クリック
  • ③ホイール
  • ④進む
  • ⑤戻る

進む」と「戻る」ボタンは人先指で操作できるので、親指を常にボールの上に置いておけるのが操作しやすくて好きです。

最近の無線ワイヤレスのマウスは電波が途切れることもないし、遅延することもないので安心して快適に使用することができます。

パソコン側の設定でボールを転がした時のカーソルやポインタの移動距離も変更できるので、自分好みの速度に微調整するとより使いやすくなります。

ただし、ホイールを左右に動かすことはできません。チルトホイールを使いたい人はこの製品ではなく、上位互換の「MX ERGO」の方が向いていると思います。

 

耐久性やチャタリングに問題がある?

Amazon」や「価格ドットコム」のレビューをチェックしてみると、耐久性の低さが目立ちます。例えば、意図せずクリックが連続入力されてしまうチャタリングなどです。

私の経験上ですが、マウスが本来の役目を果たせなくなる時ってほぼ100%チャタリングが原因だと思います。

今回の「M570t」は購入して1週間ほどの使用でのレビューなので耐久性は分からず、もしかしたらそのうちチャタリングが出るかもしてません。

とは言え、こちらの製品は購入から保証期間が3年と長いので故障したら交換してもらえばいいかなと安心して購入できました。

 

ロジクール「M570t」の総評

ロジクール「M570t」とPROキーボードを並べた画像この記事では「Logicoolロジクール」のトラックボールマウス「M570t」をご紹介しました。

良かった点
  • 初めてのトラックボールマウスでも違和感なく使える。
  • 裏面の滑り止めによってマウス本体がズレなくて使いやすい。
  • ワイヤレスのトラックボールマウスはデスクの上がスマート。
  • ベストセラーの安定感と長期保証の安心感がある。

気になった点
  • 初心者はボールの操作に数日の慣れが必要です。
  • チルトホイールではないのでホイールは上下のみ。

操作性もコスパも良いのでトラックボールマウスの最初の1台に最適だと思いました。

マウスやキーボード操作が原因で腱鞘炎に困っているor予防したい人、またはパソコンのデスクがゴチャゴチャしてしまう人にお勧めの一品です。

 

Amazonと楽天のランキングをチェック

最新の売れ筋人気ランキングもチェックしてみて下さい!

Amazonランキングを見る 楽天市場ランキングを見る

 

おすすめの関連記事

他のトラックボールマウスはこちらでご紹介しているので参考にしてみて下さい。

トラックボールマウスのおすすめを紹介!比較した結果やっぱりコレだ
トラックボールマウスのおすすめを紹介!比較した結果やっぱりコレだこの記事では、トラックボールマウスの選び方とおすすめ製品をご紹介します。肩こりや手首の痛みなどの腱鞘炎で悩んでいる人に使ってもらいたいです。作業面でもボール操作に慣れてしまえば効率よく仕事を進めることができます!...

すでにパソコン業務による腱鞘炎でお困りの人はこちらの記事で手首の疲労を軽減してみて下さい。

キーボードやマウスで腱鞘炎になる原因と手首が疲れない予防対策を解説
キーボードやマウスで腱鞘炎になる原因と手首が疲れない予防対策を解説パソコンはもちろんスマホやタブレットでも文字の高速入力にはキーボードが必要不可欠です。しかし、日頃のケアを怠ってしまうと、手首や指先が痛くなる腱鞘炎になってしまいます。この記事では腱鞘炎になる原因や手首や指先が疲れない予防対策について解説します。...
関連記事はこちら!