暮らしを豊かに

満員電車は対策よりも回避!見方を変えてストレスフリーな通勤を!

rush-hour-train

とにかく満員電車が大嫌いです。

なぜ朝から他人と肌を寄せ合わせないといけないのでしょうか?

できる事ならサラリーマンをやめたいくらい大嫌いです。

だから私は本気で満員電車を回避する方法を考えました。

満員電車の中でどう対策するかではなく、
満員電車そのものを回避する方法です。

考え抜いた結果、現実的に実現可能な2つの回避方法にたどり着きました。

サラリーマンとおさらばする前に満員電車とおさらばして
ストレスフリーな通勤を手に入れましょう。

満員電車が不快な原因

まず、満員電車が不快に感じる主な理由を書き出しました。

  • 他人と距離が近いどころか密着。
  • 迷惑をかけないように、気を使う。
  • 体が当たって痛い、無理な体勢。
  • 暑い、湿度ジメジメ、臭い、うるさい。
  • 手すり、つり革に触りたくない。

もう地獄ですね。

このような慢性的なストレスは心身をダメにします。

こんなにたくさん問題があっては、
「対策」しても意味をなさず、
「回避」が必要だと言えます。

この満員電車によるストレスが解消できるのであれば、出費や犠牲も辞さない覚悟です。

満員電車を回避する方法

冒頭で述べた通り、現実的な回避方法が2つあります。

それがこちらです。

  1. 始発駅に引っ越して席に座る。
  2. 早起きして通勤ラッシュを避ける。

それぞれ解説していきたいと思います。

満員電車の回避方法1
始発駅に引っ越して席に座る。

どんなに人気で利用者の多い駅でも「始発駅」であれば、整列乗車で席に座ることが可能です。

その整列乗車も人気駅なら数分毎に電車が発車しますので、数分並ぶだけで済みます。

始発駅なら満員だろうが何だろうが関係ありません。座ってますから!

「始発駅で乗り換え無し」

この条件を満たした駅を最寄り駅にすれば、もう満員電車に悩まされる事はありません。

欠点として、引っ越しが必要になるため、お金が掛かります。

しかし、毎日の通勤でストレスを抱えるよりも、引っ越し代をバーンと出してストレスフリーにした方が健全だと思います。

仕事にも万全の態勢で臨むことができます。

満員電車の回避方法2
早起きして通勤ラッシュを避ける。

通勤ラッシュで満員電車になるのは、皆さんが始業時間を目指して電車に乗るからです。

ですので、通勤ラッシュの時間帯を避けるために、早起きして通常よりも早い電車に乗ります。

通勤ラッシュさえ避ければ電車の席に座れずとも、入り口から離れたつり革のポジションをゲットできます。

時間を有効活用する重要性

ここまで述べた2つの回避方法なら、満員電車の地獄からは解放されます。

しかし

微妙に発生する時間が気になりませんか?

  • 始発駅に引っ越すことで、おそらく電車の乗車時間が増える。
  • 早い電車に乗ることで、会社の最寄り駅に早く着き過ぎてしまう。

これらの時間を有効活用しないともったいないです。

例えば、電車で片道30分の場合。

通勤期間 (分) (時間)
片道 30分 0.5時間
往復 60分 1時間
1週間 300分 5時間
1ヶ月 1,200分 20時間
1年 14,400分 240時間

通勤片道30分の人でも
1年間で10日分の240時間も電車に乗っている計算になります。

増加した乗車時間や早めに会社の最寄り駅に着いた時間は有意義に使いたいものです。

私の場合は、30分ほどの早起きで通勤ラッシュを回避できました。

会社の始業前まではブログのネタ探しや記事の構成をスマホに打ち込んだりしています。

電車通勤を少し楽にする小技

乗る車両を選ぶ

電車は車両によって混んでいたり空いていたりします。

ですので、自分が電車に乗る時間帯はどの車両が空いているのか、実際に乗って調べてみてください。

途中で乗り換えする人の多い駅を通る場合は、電車の中で入り口から離れたつり革を掴めるグッドポジションに移動できる可能性もあります。

こればかりは、実際にその車両に乗ってみないと分かりません。

通勤は毎日の事なので皆さんも毎日同じ車両に乗っていませんか?

つまり、1度空いている車両を見つければ、毎日空いている公算大です。

カバンをリュックにする

サラリーマンと言えば手に持つタイプの通勤カバンが主流ですが、電車のストレス軽減にはリュック(バックパック)が有効です。

リュックだと両手が空くので、常に安心感があります。

電車の中では、つり革+スマホなどの融通が利きますし、雨の日なんかも傘+スマホが可能です。

また、電車の中で読む本やタブレットを持ち運ぶ場合も、両肩で背負えるリュックだと非常に楽チンです。

まとめ

最後に満員電車を回避する方法をおさらいします。

  1. 始発駅に引っ越して席に座る。
  2. 早起きして通勤ラッシュを避ける。

サラリーマンを続ける以上、満員電車のストレスや悩みは一生付きまといます。

満員電車を回避してストレスフリーな通勤を手に入れましょう!

関連記事はこちら!