楽しい趣味

【SALOMON SENSIBELT レビュー】揺れないランニング用ボトルポーチ!

【SALOMON SENSIBELT レビュー】揺れないランニング用ボトルポーチ!

ランニング、ジョギング用にボトルホルダーを搭載したウエストポーチを購入しました。

サロモン(SALOMON)のセンシベルト(SENSIBELT)です!

購入するまでは、ボトルホルダーが揺れないか?とか、走っているうちにズレてこないか?などと心配していましたが・・・。

実際に購入して使ってみたら、過去に使用していたどのポーチよりも使い勝手が良かったです!

この記事では、サロモンのセンシベルトを一通り使用してみた感想をレビューしたいと思います。

欠点らしい欠点が見当たらない優れたランニング用ポーチでした!
私はこれでランニングのモチベーションが爆上がりしました。

↓リンク先でカラーを選べます!

 

サロモン センシベルト 購入動機

サロモン センシベルトの購入動機
どのような目的で購入したかを簡単にご説明します。

 

なぜボトルホルダー付きのウエストポーチを購入したか?

もちろん、購入目的はランニング時の水分補給のためですが・・・。

ランニング中の給水方法としては、他にもこのような方法がありますね。

  • 小銭を持って自販機やコンビニで買う。
  • ランニングコース上に水道などの水飲み場を確保する。

ですが、ただの水だと塩分が不足するし、市販のスポーツドリンクだと甘くて糖質が多いので自分で薄めのスポドリを準備したいと思っていました。

また、ランニングアプリを入れているスマホや家の鍵などの小物を入れるところも必要でした。

これらの理由から私は、ボトルホルダーと小物入れ付きのウエストポーチを探したのです!

なぜサロモンのセンシベルトを選んだか?

この手のランニング用のポーチは非常に種類が多くてどれを購入するか悩みました。

私としては今後もランニングを長く続けていくつもりなので、すぐ壊れそうな安物は避けるようにしました。

他社メーカーの製品よりも少し高価ですが、作りがしっかりしている「センシベルト」「YURENIKUI」の2つまで候補を絞り込みました。

最終的に、口コミや評価が高く、専用ボトルが付いていて、デザインが私好みなセンシベルトの方を購入しました。

 

ちなみにサロモン(SALOMON)はスポーツ用品で有名なメーカーです。

スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツや、ランニング用品に特に力を入れているメーカーです。

 

サロモン センシベルト レビュー

サロモン センシベルト 紹介
カタログスペックと実際に使用してみての感想をお伝えします!

 

カタログスペック

サロモン公式のスペック表です。

メーカー SALOMON
製品名 SENSIBELT
カラー Urban Chic
BLACK
Fiery Red
Surf The Web / WHITE
Fiery Red / BLACK
ボトル容量 540ml
サイズ 40 x 18 x 11cm
重量 204g

外見は、小物入れ1つ、ボトルホルダー1つと、最低限の機能を備えたシンプルさがカッコいいと思います!

全面マジックテープのベルトの装着感が凄くいい

全面マジックテープのベルトの装着感が凄くいい
装着のためのベルトは金具で止めるタイプではなく、全面マジックテープのタイプになっています。

そのため、サイズを無段階に自由に調整が可能です。

全体的にストレッチ素材が使われていて伸縮性があり、ランニング中も体にフィットして快適です。

ベルトが長くて余ってしまう人は、先端のバックルを開いて、適切な長さに切って調整することも可能です。

 

付属ボトルは握りやすくこぼれない

サロモン センシベルトの付属ボトルの画像
付属のボトルは握りやすいように三角形の形状をしています。

キャップを引き出して、本体の大きな面を押し込むとドリンクが出てきます。

サロモン センシベルトの付属ボトルのキャップの画像
公式サイトにはボトル容量は、540mlと記載がありましたが、実際は600mlまで入ります。

というかボトル本体には600mlの記載がありました!

↓そして普通のペットボトルと比べてこのサイズ感。

サロモン センシベルトの付属ボトルの大きさ比較
500mlのペットボトルよりも容量が大きいのに、ボトルの背が低いからホルダーに挿した時に安定しまくります。

ボトルの出し入れも簡単!

サロモン センシベルトの付属ボトルは出し入れも簡単
ランニング中にドリンクを飲む場合も、ボトルホルダーが45度くらいの傾斜があるので、自然な動作でサッと取り出せます。

ボトルホルダーの入り口の部分が固くて広がっているので、非常に出し入れがしやすくなっています。

ちなみに付属ボトルの安定性には敵わないけども、普通の500mlのペットボトルも問題なく使用できました。

 

ポーチにはスマホと鍵を収納

サロモン センシベルトのポーチの画像
ポーチには、スマホや鍵などの小物を収納できます。

私もiPhone Xのランニングアプリを使いながら走っています。

参考のため、iPhone Xを収納したときのサイズ感はこんな感じです。

iPhone X→(143.6×70.9×7.7mm)

サロモン センシベルトのポーチの大きさが分かる画像
スマホはシリコンケースを使用しているので結構キツキツです。

スマホや鍵、小銭くらいは入りますが、タオルや栄養補給用の食べ物などは、入れる余裕はなさそうです。

 

ボトルが揺れにくい

サロモン センシベルトは揺れにくい
ランニング用のウエストポーチでボトルホルダーが付いているタイプは、非常に揺れやすいのですが、このセンシベルトは揺れにくいです!

揺れにくい理由はこれですね。

  • 装着面が滑りにくい素材になっている。
  • 装着時に体との接地面積が大きい。
  • ベルトのキツさを調整することができる。

このあたりが優れているように感じました。

 

三角形のボトルには、背を低く安定させて、ホルダーから抜けにくくして、腰との接地面積を広げて揺れにくくする効果があったんですね。

よく考えられている製品だと思いました。

 

洗濯も問題なく可能です

サロモン センシベルトは洗濯も可能です
腰に巻くとは言え、汗でビチョビチョになります。

洗濯ネットに入れて洗濯機で洗っても問題ありませんのでご安心ください。

 

サロモン センシベルト まとめ

ポイントを3行でまとめます!

  • 伸縮素材+マジックテープベルトのおかげで、ボトルが揺れない!
  • 付属ボトル、ホルダー共に走りながら水分補給がしやすい!
  • 大型のスマホはポーチに入らないのでサイズに注意!

総合的に見て、ユーザー目線でしっかりと作りこまれていると感じる製品で、とても満足できるランニング用ウエストポーチとなっていました!

ランニングやジョギングで水分補給を怠ると、脱水症状や熱中症になる危険があります。

ランニング専用のウエストポーチは必須の給水グッズなので是非、準備しましょう!

個人的には性能だけでなく、見た目もカッコいいからランニングのモチベーションが上がるというのも収穫でした!

↓リンク先でカラーを選べます!