ブログ/WordPress

会社員の副業ブログは収入20万円以下でも税金の申告が必要だった話

会社員の副業ブログは収入20万円以下でも税金の申告が必要

どーも!ツノうさぎです。
この記事は、年間20万円も稼げない駆け出し副業ブログの税金に関する体験談となります。ダラダラ系の記事なのでお手すきの時にお読み下さい。

私は会社員と副業ブログの2足の草鞋(わらじ)を履いていますが、ブログの方がちょろちょろ収益を上げてくれるようになりました。

収益の発生はとても嬉しいですが、同時に税金も発生してしまいます。

そのあたりの税金に関する体験談を書いていきます。駆け出しの兼業ブロガーはいずれブチ当たる問題だと思います。

私が抱いていた確定申告の疑問

「20万円以下なら確定申告が不要と聞いたけど本当なのか?」

申告とか漏れたら嫌じゃないですか。

なので調べたんですよ。グーグルで。

そしたら案の定

「20万円以下は確定申告が不要!」

そう言うんですよ。グーグルが。

そんなもんで、私は少なくとも今年は申告しなくていいや~くらいでいたんですよ。

でもふとした時にTwitterかYouTubeで

「20万円以下は確定申告は不要だけど住民税の申告は必要だぞ」って見かけて。

ファッ!?ってなるじゃないですか。

こちとら今さら言われても、もう6月が終わるんですけど的な感じなわけですよ。

ちなみに 確定申告の期限は2/16~3/15です。

なのでちゃんと調べ直してみましたよ。グーグルで。

申告が必要なのは所得税と住民税

そもそも会社員の副業ブログで発生しうる税金っていうのは2種類あるそうで。

国税の所得税と地方税の住民税です。

ちなみに

所得とは? 所得=収入-経費です。
所得の年間(1月~12月)合計が20万円を超えると確定申告が必要になります。

収入と所得は別物なので注意です。

そんで

所得が20万円以上の人は確定申告で税務署に申告する必要があるわけです。

税務署で所得税を処理した後に、あなたのお住いの地方税を管理する市役所に連絡がいくので、そこで住民税の処理がされます。

つまり

確定申告をすれば、所得税も住民税も申告したことになるのです。

じゃあ、20万円以下の人は確定申告が不要だけど大丈夫なのかって話になりますよね。

20万円以下の人は確定申告が不要になりますが、それは所得税の申告が不要という意味になります。

「20万円以下の人は確定申告による所得税の申告は不要だが、住民税の申告は別途必要」

ということなのです。

まじかよーって感じですよね。不親切ですよね。自分で気づかないといけないんです。自分で勉強しないといけないんです。

つまり私は勉強不足だったという事になります。そういう事です。

ちなみに会社員の所得税と住民税は?

会社員ならば月々のお給料からまとめて税金が引かれています。天引きです。

しかし、その月々の税金の支払いでは最終的にその年を締める際に、保険料や扶養の控除を受けることができるので「年末調整」が必要になるわけです。

この年末調整で全ての帳尻を合わせるシステムなんですね。

最終的に前年から算出した今年の住民税は会社から通知がきます。

会社員って凄く楽なんだなーって思いますよね。

ふと冷静に自分の状況を見てみると

話を戻して、冷静に考えてこれはいかん状況です。

知らなかったとは言え立派な「脱税」です。冷や汗もんです。

すでに住民税の申告期限を過ぎているので、すぐに市役所に電話して確認しました。

初めてだったので(←ここ強調)、住民税の申告を知りませんでした(←ここも強調)、期限を過ぎてますが申告をしに行っても大丈夫でしょうか?(←ここは必至感)

と伝えたら「OK、必要なもん集めて早めにいらっしゃ~い!」

とここまで陽気には返ってきませんでしたが、軽いノリでおいでって言われてとりあえず安心しました。

その後は、住民税の申告に必要なものを調べましたよ。必死で。絶賛脱税中なので。

住民税の申告に必要な資料

こちらが住民税の申告に必要な資料になります。

  • 住民税申告書(市役所でもらえる)
  • 会社員の源泉徴収票(コピー可)
  • 印鑑
  • 身分証明書(マイナンバーカード、保険証、免許証)
  • 収入が分かる1年間のレポート
  • 経費が分かる1年間のレポート

市役所によって微妙に必要なモノが違うかもしれませんが、こんなもんで充分です。

収入と経費をまとめ始めてから異変に気付く

急いで会社の仕事の都合を調整して有給休暇を取得しましたよ。

平日しか市役所はやってませんからね。

そして

市役所に行く前日に、必要な帳票たちをテキパキと集め始めたわけですよ。

そんで収入を表にまとめている時に気付きましたよ。

・・・

今年の申告分(つまり去年の収入)、振り込まれた金額0やんけ。

・・・

ブログを始めたのが2018年7月だったのですが、2018年中も収益は発生していましたが、承認期間や最低振り込み額の規定があったため、実際に銀行口座に振り込まれたのは2019年1月からでした。

収入0なので申告も不要。

そう・・・

私は始めから脱税などしていなかったのだ(デデーン)

今回の反省と来年の確定申告に向けて

確定申告の有無を判断する20万円というのは、広告費などの発生日でも承認日でもなく、実際に支払われた振込日なので注意しましょうって事でした。

今年は所得税も住民税も申告が不要であることが判明して、胸をなでおろしました。

気持ちを切り替えて来年の確定申告に向けて準備を進めようと決意。

収入の方は振込履歴の確認から簡単に集計が可能なので問題なし。

経費の方は集計が大変だし、税金対策のために日頃から意識しておいた方がよいと考えました。

さっそくスクラップブックとテープのりを購入してきました。

スクラップブックとテープのりの画像
普段からレシートや領収書を整理しておこうと思います。

まとめ

この記事では、駆け出し副業ブロガーの税金に対する葛藤をお届けしました。

分かったこと

  • 所得20万円以下は確定申告は不要だが住民税の申告が必要。
  • グーグルで検索すると何でも分かる。
  • TwitterやYouTubeからは有益な情報が得られる。
  • 収入や所得の計算は振込日なので注意が必要。
  • 副業ブログは半年間は無給を覚悟しなくてはならない。

副業分の住民税の申告なんて自分で調べないとそもそも気づけないし、どうすればよいかも分からないし、平日に市役所にいくのも大変です。

あなたが同じ失敗をしないように情報を共有させてもらいました。

お役に立てれば幸いですペコリ。

関連記事はこちら!