ベイプ電子タバコ

電子タバコ(VAPE)のおすすめ!種類や選び方を使用感と合わせて解説

電子タバコ(VAPE)のおすすめ!種類や選び方を使用感と合わせて解説

こんにちは!
ツノうさぎ(@tuno_Rabbit)です!

最近は「電子タバコ」の「VAPEベイプ」を使って禁煙したい人や、爆煙ベイプを1度は吸ってみたいと興味を持つ人が増えてきています。

ですが、いざ購入してみようと思っても「難しそう」と感じたり「種類が多すぎて選べない」という悩みを抱える人も多いと思います。

この記事では、ベイプ歴=禁煙歴2年の私が色々なベイプを使ってきた経験を元に、種類や選び方、人気があってお勧めできる製品に絞ってご紹介したいと思います!

ツノうさぎ
ツノうさぎ
俗に言う「ベイプ沼」にハマってしまった私のお勧めするベイプを参考に、あなたにピッタリの製品を見つけてみて下さい!

電子タバコ(ベイプ)の各パーツの解説

まず最初に「電子タバコ」の定義について確認しておきます。

この記事では電子タバコを「ニコチンやタールを含まないもの」と定義して解説しています。

有名な「iQOSアイコス」や「プルームテック」はタバコの葉を燃やす「加熱式タバコ」であり、ニコチンを含むのでこの記事では除外しています。

 

それでは電子タバコのベイプについて解説していきます。

電子タバコのベイプを楽しむために必要なパーツは3つあります。

それが「MODモッド本体」と「アトマイザー」と「リキッド」です。

電子タバコ(ベイプ)のMODとアトマイザーとリキッドそれぞれの役割は下記の通りです。

  • MOD本体
    →バッテリーを搭載して電気を送る装置のこと。
  • アトマイザー
    →MOD本体の電気を使用してコイルを加熱してリキッドを気化させてミスト(煙)を発生させる装置のこと。
  • リキッド
    →アトマイザーのコイル内にあるウィック(綿)に染み込ませてミストになる、色々なフレーバー(味)が存在する液体のこと。

それぞれの特徴とどんな製品があるのかを詳しく解説していきます。

MOD本体はバッテリーから電気を流す

MODは大きく3種類に分類できます。

  • オールインワンタイプ
    →MODとアトマイザーが一体型でコイルだけ交換するタイプ。最も安価なので手軽に購入できるのがポイント。
  • POD交換型タイプ
    →コイルだけでなくアトマイザー部分が丸ごと交換できるタイプ。凄く楽ちんなので最近はこのPOD型が流行ってきている。
  • アトマイザーを載せ替えるタイプ
    →MODとアトマイザーを好きに組み合わせるタイプ。パワフルで味が良く出るが、自分で組み合わせるので上級者向け。

リキッドボトルを内蔵した「スコンカータイプ」もありますが特殊なので除外しています。

 

例えば私のメイン機は「アトマイザーを載せ替えるタイプ」です。

電子タバコ(ベイプ)のMOD左がアスモダスのコロッサルで右がイーリーフのピコエックス

ただ、注意点として「アトマイザーを載せ替えるタイプ」のMODには下記の2種類があり、片方は運用が難しいので初心者には絶対にお勧めしません。

  • テクニカルMOD
    →安全装置が付いているのでセッティングが間違っている時は自動で止まる。
  • メカニカルMOD
    →バッテリーに負荷をかけ過ぎないように自分で考えてセッティングする必要がある。

なので「メカニカルMOD」はお勧めしないし、私も使用したことはありません。無駄にリスキーだと感じています。

また、充電池を2本使用する「デュアルバッテリー」というパワフルなMODもあります。正直そこまでの高出力は不要ですが、デザインが気に入った場合は選択肢としてアリです。

ちなみにバッテリーは劣化するものなので、デュアルバッテリーのMODを使用する時は、2本のバッテリーは常にセットで使用して下さい。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
最近のMODはどれも高性能で甲乙つけがたいのでデザイン重視で選んで大丈夫ですが、メカニカルだけは慣れてからの使用をお勧めします。

アトマイザーはコイルでミストを出す

まず「オールインワンタイプ」や「POD交換型タイプ」はすでにアトマイザーが付いているので気にする必要はありません。

ここでご紹介するアトマイザーは、ひとつ前で解説した「アトマイザーを載せ替えるタイプ」のMODで使用するパーツになります。

こんな感じのパーツです。

電子タバコ(ベイプ)のアトマイザーアトマイザーの中にはコイルが入っており、そのコイルの抵抗値によってリキッドの味の出方やミスト(煙)の量が大まかに決まります。

コイルの抵抗値は1.0Ωオームを目安に考えます。

コイルの抵抗値 味の強さ ミスト(煙)量
1.0Ωより小さい そこそこ 爽快感のある爆煙!
1.0Ωより大きい 強く出て美味しい! タバコに近い

ベイプトリックのような大量のミストを発生させたい場合は「サブオーム」と呼ばれるような1.0Ωより小さい抵抗値のコイルを使用する必要があります。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
実際には使用するリキッドやMODの出力(Wワット数)などの条件によって変化するのであくまで目安と思って下さい。

 

アトマイザーは大きく3つの種類に分類できます。

  • クリアロマイザー
    →先ほどのオールインワンタイプと同様に、コイルのみ交換するタイプです。
  • RDA(ドリップ)
    Rebuildable Dripping Atomizerリビルダブル・ドリッピング・アトマイザーの略称。自分でコイルを自作して、コイルにリキッドをドリップ(垂らす)しながらダイレクトな味わいを楽しみます。
  • RTA(タンク)
    Rebuildable Tank Atomizerリビルダブル・タンク・アトマイザーの略称。こちらも自分でコイルを自作しますが、タンクにリキッド入れるのでリキッドチャージが楽ちんなタイプです。

ベイプ初心者の人がいきなり「RDA」や「RTA」で組もうとすると道具や知識が必要になるので、まずは「クリアロマイザー」のアトマイザーでベイプを楽しんでみて下さい。

 

ここでアトマイザーに関する私が経験してきた注意点をいくつか挙げておきます。

  • アトマイザー選びは直径サイズがMODに載るか確認する。
  • 新品コイルを使用する時はリキッドが馴染むまで10分ほど放置する(焦げ付き防止)
  • 焦げ臭い」と感じたらコイル交換のタイミング。
  • スピッドバック(口に熱いリキッドが飛んでくること)が発生する場合はW数を下げる。
  • すぐに焦げ臭くなる場合もW数を下げる。

これらの対策をしておけばベイプを楽しむことができると思います。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
まずはクリアロマイザーを試してもらって「ベイプっていいな!」と思えたら自分でコイルを自作する「RDA」や「RTA」のアトマイザーに挑戦してみて下さい。

ビルドをする際は初期投資としてビルド用の道具が必要になりますが、コイルを自作することで最終的にはランニングコストを下げることができて経済的です。

【ベイプ】ビルド初心者にやり方や抵抗値計算、必要ツールを解説!
【ベイプ】ビルド初心者にやり方や抵抗値計算、必要ツールを解説!「ベイプのアトマイザーをビルド(自作)してみたいけどよく分からん!」そんな初心者ベイパーに向けた、ベイプのコイルビルドのやり方を解説します!実際にアトマイザーのコイルをビルドする画像と共に、内容をご紹介していくので、これからビルドに挑戦する人の役に立てば嬉しいです!...

リキッドは味わいを決める

電子タバコ(ベイプ)のリキッドリキッドにはたくさんの種類があり好みは人それぞれになるので、色々と吸ってみるのをお勧めします。

私が買って良かったと思ったのは「Amazon」で販売しているこちらの20種類のリキッドを少しずつ味比べができるセットです。

【ベイプ】20種類のリキッドを味比べできるセットで好みの味が見つかる
【ベイプ】20種類のリキッドを味比べできるセットで好みの味が見つかる電子タバコのベイプ って色々な種類のリキッドがあって選ぶのが大変ですよね。そんなベイプのリキッド20種類を一気に試せるセットをご紹介します。タバコ系、デザート系、ドリンク系、フルーツ系のリキッドが試せるのでお勧めです!...

 

あとは「CBDリキッド」というのもあります。

CBDは大麻草から抽出したカンナビジオールのことであり、リラックス効果が期待できる注目の成分です。

同じく大麻草から抽出するマリファナとは全然別の成分なので気分がハイになる効果はありません。

海外ではかなり人気があるリキッドになります。

私自身も色々なCBDリキッドを試しているので後ほどお勧めしたい製品を記載しておきます。

気になる人はこちらの記事で詳しく解説しているのでチェックしてみて下さい。

【CBDリキッド】大麻だから違法?効果的な吸い方やおすすめ商品を紹介
【CBDリキッド】大麻だから違法?効果的な吸い方やおすすめ商品を紹介世界ではCBDリキッドが人気で流行っています!普通のリキッドよりもCBDリキッドはリラックス効果が高いので、私も電子タバコのベイプ(VAPE)でモクモクと吸って楽しんでいます。CBDリキッドの効果や成分、違法性や吸い方のコツを解説します。...

電子タバコ(ベイプ)の本体のおすすめ

オールインワンタイプ【4選】

このタイプはMOD本体とアトマイザーが一体型になっています。

難しい設定は不要でコイル交換とリキッドチャージだけで使えるので初めてのベイプに最適です。

製品のラインナップは、スティック&ペンタイプが多いです。

Eonfineイオンファイン 電子タバコ スターターキット

Eonfineの電子タバコベイプこの製品は「Amazon」で人気の「Eonfine」のスティック型のベイプです。

防塵キャップ付きで衛生面も良く、持ち運び易いコンパクトサイズで取り回しも良いです。

コイルの抵抗値が0.6Ωで出力が40Wなのでミストが出るまでの立ち上がりが早くてミストも結構出ます。

このメーカーのベイプは価格が安い割にちゃんと作り込まれているので初めてのベイプにお勧めです。

電子タバコ スターターキット

電子タバコ スターターキットこちらも「Amazon」で人気があるボックス型のベイプです。

ボックス型のオールインワンタイプのベイプでここまで価格が安いのは珍しいので、ベイプを試してみたくて握りやすいボックス型が好みの人の選択肢に入ってくると思います。

このコンパクトなサイズ感で温度調整もできるところが良いです。

Aspireアスパイア PockeX AIO KITポケックスエーアイオーキット

Aspire PockeX AIO KIT私が初めて電子タバコのベイプを購入したのはこの「PockeXポケックス」でした。

味も結構強く出たし、液漏れもなく満足できるオールインワンのベイプです。

ただし、ドリップチップが独自規格で一般的な510規格が使えなかったり、オールインワンタイプは拡張性がないので最近はあまり使用しなくなりました。

アスパイア(Aspire)
¥3,041
(2020/12/02 05:13:29時点 Amazon調べ-詳細)

Vaporessoベポレッソ Veco One Plus Kitベコワンプラスキット

Vaporesso Veco One Plus Kitこちらはドリップチップ(吸口)が太いので大量のミストを一気に吸い込むことができて爽快感のある爆煙タイプになります。

アトマイザー上部にエアフローを調節できる穴があるので、自分好みに空気量を調整することができます。

アトマイザー部分は別の22mmのものに載せ替えることも可能ですが、このままでも十分なデザインと機能になります。

POD交換型タイプ【4選】

先ほどのオールインワンタイプはアトマイザー内のコイルのみを交換するタイプでした。

こちらのPOD交換型タイプは、コイルだけでなくアトマイザー部分(POD)を丸ごと交換するタイプです。

オールインワンタイプよりも後から出てきたタイプなので、最近はこちらの方が流行っているし、各メーカーも力を入れています。

mybluマイブルー スターターキット

myblu超コンパクトでミスト量もタバコに近いので禁煙目的の人にお勧めです。

味に関してメンソールを含めた豊富なフレーバーポッドのラインナップがあるので色々試してみるのも面白いです。

ボタン操作も不要で、口で吸いこむと自動的にミストが発生するようになっています。持ち運びにも便利なサイズ感です。

VOOPOOブープー VINCI Pod kitビンチポッドキット

VOOPOO VINCI Pod kitこのサイズ感でありながらリキッドタンクは5.5mlという大容量がウリです。

付属する2つのコイルの抵抗値は0.3Ωと0.8Ωなので爆煙とタバコ吸いの両方を楽しむことができます。

カラーバリエーションが豊富なデザイン、味、煙量、電池の持ちまでこれ1つで満足できる完成度です。

Smoantスモアント Pasito Pod Kitパシートポッドキット

Smoant Pasito Pod Kit爆煙向けの0.6Ωメッシュコイルとタバコ吸い向けの1.4ΩNi-80コイル、自作ビルドができるRBAコイルユニットの3つが付属します。

本体ケースにリングストラップまで付属するので、自宅でのメイン機とは別に、持ち歩く用のサブ機としてお勧めします。

SMOKスモック NORD kitノードキット

SMOK NORD kitPODに装着するコイルは0.6Ωメッシュコイルと1.4Ωレギュラーコイルの2種類が付属しおり、お勧めは0.6Ωのメッシュコイルの方で凄く味が出ます。

凄くコンパクトなので持ち運びに便利です。バッテリー容量もPOD型なのに1,100mahもあるので十分な機能を備えています。

アトマイザーを載せ替えるタイプ【3選】

オールインワンタイプ」や「POD交換型タイプ」のベイプに慣れてくるともっとパワフルなベイプが欲しくなるという「ベイプ沼」にハマってきます(笑)

自分の好みのMOD(本体)だけ持っていればアトマイザーを載せ替えて楽しむ事ができます。

例えば「今日はこっちの味のリキッドを楽しみたい!」なんて時も、アトマイザーだけ載せ替えればわざわざコイル交換をしたりセッティングをやり直す必要もありません。

Eonfineイオンファイン スターターキット

Eonfine スターターキットアトマイザー内にリキッドチャージして使用します。クリアロマイザーなのでメンテナンスはコイル交換をするだけです。

このセットだけでリキッド以外が全て揃うのにこの価格はかなり安いので初めての人でも購入しやすいと思います。

Amazon」の検索結果でもずっと上位にいるのでレビューをチェックしてみて下さい。

VOOPOOブープー Drag2 KITドラッグ2キット

VOOPOO Drag2 KIT超パワフルなデュアルバッテリーの大型ボックスMODです。

最大で180Wの出力が可能ですが、実際にこれほどの出力を使うことはないです。ですが、パワフルなMODの方がバッテリーにかかる負荷が小さいので安全であります。

大型サイズなので持ち歩くには向きませんが自宅でのんびり使用するのにお勧めです。このサイズ感ならどんなアトマイザーも直径を気にすることなく載せることができるのもポイントです。

別途18650のリチウムマンガン充電池が2本必要になります。充電はMOD本体で出来ます。

Eleaf iStick Picoイーリーフ アイスティックピコ 75W スターターキット

Eleaf iStick Pico 75W スターターキットベイプの王道中の王道なのがこの「Eleafイーリーフ」の「Picoピコ」シリーズです。この初代Picoは、2016年に登場してから電子タバコのベイプ界を牽引してきました。

そのデザインと機能性の高さから2020年の現在も人気のあるMODとなっています。ベイパーならひとつは持っておきたいシリーズです。

私は正統後継機にあたる新しい「Pico Xピコエックス」の方を愛用していますが、スペック的な差はほとんどないので初代の凄さを改めて感じています。

MOD本体に載せるアトマイザーのおすすめ

アトマイザーは大きく3種類に区別ができます。

  • クリアロマイザー
  • RDA(ドリップ)
  • RTA(タンク)

それぞれお勧めしたいアトマイザーをご紹介していきます。

クリアロマイザー【2選】

Aspireアスパイア Nautilus XS Tankノーチラスエックスエスタンク

Aspire Nautilus XSクリアロマイザーと言えばアスパイアのノーチラスが代表格です。その最新版がこのXSであり、私もちょうど22mmのクリアロを探していたので購入しました。

コイルは0.7ΩMesh Coilと1.8ΩU-techコイルの2種類が付属します。

本当に「味良し!液漏れ無し!メンテナンス楽ちん!」と3拍子の揃った優秀なアトマイザーだったのでお勧めします。

【Aspire Nautilus XS レビュー】王道クリアロの後継機に弱点は無かった
【Aspire Nautilus XS レビュー】王道クリアロの後継機に弱点は無かった電子タバコであるベイプのアトマイザーである「Aspire」の「Nautilus XS」という22mmのクリアロマイザーをご紹介します。味良し!液漏れ無し!メンテナンス楽ちん!と3拍子の揃った素晴らしいクリアロだったのでお勧めです。...

Joyetechジョイテック CUBIS Proキュービスプロ

Joyetech CUBIS Proこちらも直径22mmのクリアロマイザーです。リキッド容量が4mlと大容量なのでリキッドチャージする頻度が少なくて済むので楽ちんです。

こっちもトップエアフローなのでリキッドが液漏れしない強みがあります。

コイルは0.25Ω、0.5Ω、1.5Ωの3種類が付属するので、爆煙からタバコ吸いまで楽しめます。ドローは軽めで爆煙寄りなので0.5Ωのコイルでモクモクするのがお勧めです。

JOYETECH
¥3,580
(2020/12/02 10:01:38時点 Amazon調べ-詳細)

RDA(ドリップ)【3選】

VANDY VAPEバンディーベイプ Berserkerバーサーカー MTL RDA

VANDY VAPE Berserker MTL RDA直径サイズが22mmのRDAタイプのアトマイザーです。

RDAなのでドリップしたリキッドの味わいがダイレクトに届いて美味しいです。

また、MTLなのでドローはかなり重めでタバコを吸っている吸い心地に近いです。

Vapeflyベイプフライ Galaxiesギャラクシーズ MTL RDA

Vapefly Galaxies MTL RDA直径22mmのRDAタイプです。

先ほどの「Berserker」と同じくシングルデッキですが、こちらは高さが無いのでより初めて自作ビルドをする人にも易しいと思います。

味はもちろん濃く出るしMTLなのでドローはタバコのように重めになっています。

Hellvapeヘルベイプ Dead Rabbitデッドラビット V2 RDA

Hellvape Dead Rabbit V2 RDAお馴染みのウサギが描かれたカラバリの多いデッドラビット24mmのRDAで、自作ビルドはシングルでもデュアルでも組むことができます。

私も初めて自作でコイルをビルドした時は、初代デッドラビットを使いました。このアトマイザーはシンプルな構造になっているのでビルド練習に向いています。

RTA(タンク)【3選】

Vapeflyベイプフライ Galaxiesギャラクシーズ MTL RTA

Vapefly Galaxies MTL RTA直径が22mmでタバコ吸い向けのRTAです。

RTAなのでストレートタンクで3ml、バブルタンクで5mlもリキッドを流し込むことができるので頻繁にリキッドチャージする必要がなくて便利です。

コイルをビルドする時にコットンワークやエアフロー調整が少し難しいのでビルドに慣れた人向けな印象です。

GeekVapeギークベイプ Ammitアミット 25

GeekVape Ammit 25直径が25mmもある大型のRTAアトマイザーです。

リキッドを入れるためのガラスチューブが2種類付属しており、それぞれ2mlと5mlのリキッドを入れることができます。

アトマイザーが大きいとその分、ビルドデッキも大きくなるのでビルドし易いのもポイントです。

Augvapeオーグベイプ INTAKEインテーク RTA

Augvape INTAKE RTAこちらも直径が24mmと大型のRTAになります。存在感のあるアトマイザーなので大型のMODと組み合わせるとカッコいいです。

このRTAはトップエアフローで空気を上から取り込んでコイルの下を回ってくる構造になっているのでリキッドの味が凄く出ます。

シングルデッキでビルドも簡単なので爆煙RTAを探しているひとはこれが間違いないです。

【AUGVAPE INTAKE RTA レビュー】液漏れしない爆煙アトマイザー!
【AUGVAPE INTAKE RTA レビュー】液漏れしない爆煙アトマイザー!こんにちは! ツノうさぎ(@tuno_Rabbit)です! ベイプで液漏れしないアトマイザーを探していました! そんな私が...

電子タバコ(ベイプ)のリキッドのおすすめ

各種フレーバー

ベイプ初心者の人は色々なフレーバーのリキッドを味比べできるこちらのセットで、自分好みのフレーバーを見つけるのが良いと思います。

今となって振り返ってみるとリキッド自体はそこまで美味しいわけではありませんでしたが、自分の好みの系統が分かったので良かったと思います。

【ベイプ】20種類のリキッドを味比べできるセットで好みの味が見つかる
【ベイプ】20種類のリキッドを味比べできるセットで好みの味が見つかる電子タバコのベイプ って色々な種類のリキッドがあって選ぶのが大変ですよね。そんなベイプのリキッド20種類を一気に試せるセットをご紹介します。タバコ系、デザート系、ドリンク系、フルーツ系のリキッドが試せるのでお勧めです!...

 

こちらの記事では、ベイプ専門店の「ベプログショップ」で行われたリキッド人気ランキングの上位に食い込むフレーバーをたくさん試してみました。

あなたのリキッド選びの参考にしてみて下さい。

【ベイプ】リキッドのおすすめ!人気ランキング上位を吸い比べてみた
【ベイプ】リキッドのおすすめ!人気ランキング上位を吸い比べてみた2019年上半期までにベイプ界をにぎわせた人気リキッドで、売れ筋のランキング上位の商品をフレーバー別に買い集めて吸い比べをしてみました!この記事では、口コミや評判の良いリキッドが本当に美味しいのか確認して、本当におすすめのリキッドをご紹介します!...

CBDリキッド

CBDリキッドは海外で非常に人気があり、普通のリキッドよりもリラックスできてよく眠れるようになるといった効果が期待できます。

私も実際に多くのCBDリキッドを試していますが、お勧めできる製品を2つご紹介します。

まずは、こちらの「+WEEDプラスウィード」という製品です。これは「POD交換型タイプ」になるので手軽にCBDリキッドを体験することができます。

【+WEED(プラスウィード) レビュー】日本製CBDリキッドの濃度60%を体験!
【+WEED(プラスウィード) レビュー】日本製CBDリキッドの濃度60%を体験!日本製CBDリキッドで人気の+WEED(プラスウィード)のスターターキットとフルスペクトラム濃度60%のカートリッジをレビューします。+WEEDの特徴や魅力、製品の使い方、CBDリキッド(3%と60%)の感想をお伝えします!...

 

次にこちらは「HERBSハーブス」のCBDリキッドです。

リキッドを購入するとオマケでスティック型の本体が付いてきますが性能はイマイチなので、自前でベイプ本体を準備することをお勧めします。

リキッドボトル単位での購入になるのでランニングコストが良くて、ストロベリーマンゴー味が凄く美味しく、リラックスできました。

【HERBS CBDリキッド レビュー】高濃度10%でリラックス&美味しい
【HERBS CBDリキッド レビュー】高濃度10%でリラックス&美味しいHERBS(ハーブス)というブランドのCBDリキッドをレビューします!CBD濃度10%のストロベリーマンゴーフレーバーを試してみました。就寝前に電子タバコのVAPE(ベイプ)でミストとして摂取するとリラックス効果があり快眠できます。...

電子タバコ(ベイプ)のまとめ

電子タバコ(ベイプ)のCBD成分を含んだ製品この記事では電子タバコであるベイプについてご紹介しました。

元も子もないことを言いますが「最終的には自分の好み」となるのがベイプの世界です。

デバイスの見た目もそうですが、リキッドの味なんかも人によって美味い不味いの受け取り方は変わります。

まずは自分の直感で何かひとつベイプを購入してみて「もっとここがこうだったらいいなあ」という感想を元にして自分好みのベイプを探していくのが近道だと思います。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
私のように「ベイプが合ってるな!」と思った人は、アトマイザーの自作ビルドに挑戦して好みのセッティングを見つけるのも楽しいですよ!

結局どれが1番おすすめなのか?

この記事を見に来てくれた人はベイプに魅力を感じて、これから試してみたいという人が多いと思います。

そんな人にベイプという電子タバコがどんなものかを正しく体験してもらうために私が最もお勧めしたい製品は・・・これです。

ベイプ専門ショップの「ベプログショップ」が販売している「Pico+Nautilus XS」のお得なセットです。

ベイプの一時代を築いた「Eleafイーリーフ」の「Picoピコ」シリーズのMODと、味が強く出て爆煙でも楽しめる人気クリアロマイザーの最新版「Nautilus XS」のセットです。

私の現在のメインベイプもこの組み合わせです。

価格はちょっと高いと感じるかもしれませんが「ベイプってこういうもんだ!」ということを味わうことができるセットになっているので凄くお勧めです!

 

まあ、初めて購入するベイプが高額だと手も出しにくいと思うのでまずは安い物から購入して試してみるものアリです。

ベイプを続けていくなら消耗品やリキッドの購入、新製品のチェックも兼ねて、1度こちらの「ベプログショップ」のサイトをチェックしてみて下さい。

やはり専門店はリキッドの種類が豊富なので良いですよ。

Amazonと楽天の人気売れ筋ランキングをチェック

最新の売れ筋人気ランキングもチェックしてみて下さい!

Amazonランキングを見る 楽天市場ランキングを見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です