デスク周り

【Divoom】スピーカーやピクセルアートが可愛いからラインナップまとめてみた

2022年3月7日

【Divoom】スピーカーやピクセルアートが可愛いからラインナップまとめてみた

こんにちは、ツノうさぎです。

2021年の暮れ頃に、秋葉原のヨドバシカメラで見かけてずっと気になっていました。

それが「Divoom」というブランドの製品です。

↓こんなのとか。

Divoomのスピーカーやピクセルアート

↓こんなのもあります。

Divoomのスピーカーやピクセルアート

 

今回、私のパソコンデスクを、もう少しポップな感じにしたくて欲しくなりました。

Divoom」は、2006年に立ち上げられた「WiseTech(ワイズテック)」という香港で立ち上げたメーカーのブランドです。

Amazon」でも売ってるし、人気があって評価も高いようです。

色々な電機機器を取り扱ってるから気になる人は「公式サイト」を覗いてみて下さい。

 

Divoom製品の最大の特徴は、ピクセルアートができるところです。

専用のスマートフォンアプリ「Divoom」を使ってRGB LEDでオリジナルのデザインやアニメーションの作成が可能。

クラウド上に作品をアップロードすることができ、世界中に公開することができます。

ドット絵なんて私は作れませんが、ドット職人が作成した素敵な作品が手に入るから安心です。

デスクの上を彩るのに1つ欲しいアイテムなので、製品ラインナップの種類や性能を調べてまとめてみました。

 

※発売日は分からなかったので、Amazon登録日を掲載しておきます(3年以上前の製品は除外)

※価格も私が調べた時点のAmazon価格を表示しておきます。

Divoom ZOOE(ズーエ)

動物風デザインの超小型ピクセルアートBluetoothスピーカー。

デザインはゾウなのか?カバなのか?

カラーバリエーションがグリーンとピンクなので、かなりポップ度は高めなイメージ。

スピーカーの音は天面から無指向性で鳴るので、置き場所を選ばずに使えそう。

 

・Amazon登録日:2022年1月
・通信規格:Bluetooth5.0規格
・外部メモリー:microSD
・ピクセルアート:16×16
・通知機能:電話、メッセージ、FaceBookやLINEなどのソーシャルメディア
・マイク通話:〇
・他機能:スピーカー、時刻、温度表示、スリープ、アラーム、ゲーム、アニメーション、音声メモ、ラジオなど
・バッテリー:充電2時間、再生6時間
・サイズ:幅66×高さ73×奥行71(mm)
・重量:165g
・カラバリ:グリーン、ピンク
・価格:7,700円

Divoom Ditoo-plus

3.55インチのディスプレイを搭載したパソコン型が凄く可愛いじゃん!!

操作レバーとメカニカルキーボードが付いていてデザイン性高いねえ。

これだけデスクに置くだけでもグッと遊び心が出そう。

贈り物としても人気だそうで、これは貰ったら嬉しいわ。

 

・Amazon登録日:2020年10月
・通信規格:Bluetooth
・外部メモリー:microSD
・ピクセルアート:16×16
・通知機能:電話、メッセージ、FaceBookやLINEなどのソーシャルメディア
・マイク通話:〇
・他機能:スピーカー、オンラインラジオ、アラーム、ゲーム、天気予報、音声メモ、DJミキサーなど
・バッテリー:充電4時間、再生8時間
・サイズ:幅90×高さ121×奥行114(mm)
・重量:505g
・カラバリ:ブルー、ブラック、グリーン、ピンク、ホワイト、レッド
・価格:11,000円

Divoom Tivoo

昔のダイヤル式のテレビみたいなレトロなデザイン。

そんな古風な雰囲気のはずがピクセルアートによってポップに仕上がってる。

Divoom」はどの製品もデザイン性高いからあとは好みになるかなあ。

 

・Amazon登録日:2021年4月
・通信規格:Bluetooth(5.0規格)
・外部メモリー:SD
・ピクセルアート:16×16
・通知機能:電話、メッセージ、FaceBookやLINEなどのソーシャルメディア
・マイク通話:〇
・他機能:スピーカー、オンラインラジオ、アラーム、ゲーム、睡眠補助、天気、音声メモなど
・バッテリー:充電5時間、再生8時間
・サイズ:幅100×高さ83×奥行83(mm)
・重量:380g
・カラバリ:ブラック、レッド
・価格:8,600円

Divoom PIXOO

ピクセルアートを全面に出したデザイン。

大型のピクセルアート機の中では、手を出しやすい価格帯だから、デスク上にワンポイント入れたい時にいいと思う。

ピクセルの粒がいい感じに粗いことによってポップ感が出ている。

 

・Amazon登録日:2020年7月
・通信規格:Bluetooth(5.0規格)
・外部メモリー:×
・ピクセルアート:16×16
・通知機能:メッセージ、FaceBookやLINEなどのソーシャルメディア
・マイク通話:×
・他機能:アニメーション、時計、温度表示、アラーム、ゲーム、マルチスクリーンなど
・バッテリー:充電3時間、再生6時間
・サイズ:幅200×高さ200×奥行29.5(mm)
・重量:532g
・カラバリ:ブラック、ホワイト
・価格:6,000円

Divoom PIXOO MAX

こちらは先ほどの「PIXOO」の2倍のピクセル数である32×32にパワーアップ。

このベゼルの薄さ凄くない??

吸盤スタンド×2個が付属するからデスク上にある程度高さを保って配置できそう。

窓などのガラス面にも配置できるみたい。

 

・Amazon登録日:2021年1月
・通信規格:Bluetooth(5.0規格)
・外部メモリー:×
・ピクセルアート:32×32
・通知機能:メッセージ、FaceBookやLINEなどのソーシャルメディア
・マイク通話:×(マイクは付いてるっぽいけど通話はできないかも)
・他機能:アニメーション、時計、日付、天気、温度表示、パターンデザイン、アラーム、ゲームなど
・バッテリー:充電6時間、再生12時間
・サイズ:幅173×高さ173×奥行19(mm)
・重量:495g
・カラバリ:ブラック
・価格:11,000円

Divoom Pixoo64

ついにピクセル数が64×64に対応したアートフレームです。

このくらいまでピクセル数が増えてくるとだいぶ色々な表示ができますね。

むしろ、これよりもピクセルを増やしたいなら普通の液晶モニターでよくね?ってなる気がします。

多分消費電力が大きいからだと思うんだけど、バッテリーは無くて有線の電源接続のみです。

YouTubeのチャンネル登録者数を表示できるのマジでやりたい!!(登録者超少ないけど)

自立スタンドと固定フック×2個が付属します。

 

・Amazon登録日:2021年10月
・通信規格:Wi-Fi(2.4GHzのみ)
・外部メモリー:×
・ピクセルアート:64×64
・通知機能:メッセージ、FaceBookやLINEなどのソーシャルメディア
・マイク通話:×
・他機能:アニメーション、時計、日付、天気、温度表示、パターンデザイン、アラーム、ゲームなど
・バッテリー:×(有線給電のみ)
・サイズ:幅262×高さ262×奥行18(mm)
・重量:740g
・カラバリ:ブラック
・価格:15,800円

Divoom PIXEL FACTORY

この製品は「お絵かきボード」という立ち位置の製品です。

この製品だけタッチパネルでドット絵のお絵かきが出来ます、凄い。

スマホが無くてもピクセルアートが出来るのは凄いが、スマホでよくね?とも思ってしまう。

インテリアよりも遊びを重視した製品と言える。

 

・Amazon登録日:2020年7月
・通信規格:Bluetooth(5.0規格)
・外部メモリー:×
・ピクセルアート:16×16
・通知機能:×
・マイク通話:×
・他機能:タッチパネル、アニメーション、ゲームなど
・バッテリー:充電4.5時間、使用14時間
・サイズ:297×225×63(mm)
・重量:1.1kg
・カラバリ:グリーン/パープル
・価格:15,800円

まとめ

Divoomのスピーカーやピクセルアート

どの製品も結構な他機能ぶりである。

だからバッテリーはあまり持たなそうなので、有線で給電しながらの使用になりそう。

大別すると、スピーカーメインなのかピクセルアートメインなのかで選び方が変わってくると思いました。

私は「Divoom Pixoo64」をポチッたので今から到着が待ち遠しいです!!

-デスク周り

© 2022 とにかく、すきなことだけ