パソコン周辺機器

【ASUS TUF-AX5400 レビュー】やはりゲーミング無線ルーターを選んで良かった

【ASUS TUF-AX5400 レビュー】やはりゲーミング無線ルーターを選んで良かった

どうも、こんにちは。

最近、木造2階建ての一軒家に引越した、ツノうさぎです。

そんでもって引越しから2カ月が経ってようやく「NUROニューロ光」が開通しました。

インターネットの開通に合わせて無線ルーターも新調しました。

今回購入したのは、2021年9月に発売したばかりの「ASUS TUF-AX5400」です。

何だかガンダムっぽい見た目ですが、回線爆速でとても満足しています。

この記事では、私がこの機種を選んだ理由や実際の使い勝手などをレビューしたいと思います。

ASUS TUF-AX5400を購入した理由

無線LANルーターって種類がたくさん合ってどれがいいのか悩みますよね。

メーカーとか回線速度とかアンテナの数とかよく分からない機能とか・・・。

でも、最低限押さえておくべきポイントは絞られます。

私が今回「ASUS TUF-AX5400」を選んだ理由は大きく4つあります。

  • 信頼できるASUSの最新ルーター
  • 最新規格であるWi-Fi 6に対応
  • アンテナ6本の強感度に同時接続数70台
  • メッシュWi-Fiにも対応

このあたりについて説明していきます。

信頼できるASUSの最新ルーター

パソコンのパーツに詳しい人や、パソコンでゲームをする人にはお馴染みのASUS製品です。

ASUSのロゴ

ちなみに、私のデスクトップパソコンのWi-Fi受信機もちょうどASUS製でした。

次項で触れますが、ルーターは新しい製品の方が性能が高いことがほとんどなので、新しい製品を買うのがおすすめです。

本機も2021年9月に発売したばかりのゲーミングルーターです。

最新規格であるWi-Fi 6に対応

「Wi-Fi 6」というのは、Wi-Fiに接続するための規格のことです。

これまでの規格の推移を古い順番にまとめてみました。

世代 名称 規格名 最大通信速度 周波数帯
第1世代
(1997年)
- IEEE 802.11 2Mbps 2.4GHz帯
第2世代
(1999年)
- IEEE 802.11b 11Mbps 2.4GHz帯
- IEEE 802.11a 54Mbps 5GHz帯
第3世代
(2003年)
- IEEE 802.11g 54Mbps 2.4GHz帯
第4世代
(2009年)
Wi-Fi 4 IEEE 802.11n 600Mbps 2.4GHz帯/5GHz帯
第5世代
(2013年)
Wi-Fi 5 IEEE 802.11ac 6.9Gbps 5GHz帯
第6世代
(2019年)
Wi-Fi 6 IEEE 802.11ax 9.6Gbps 2.4GHz帯/5GHz帯

「Wi-Fi 6」が最新の規格であり、最も通信速度が速いです。

それ以外にも、電波の混雑に強かったり、省エネといったメリットもあります。

今から無線LANルーターを買うなら「Wi-Fi 6」の一択でいいと思います。

これまでの推移の通り、2~6年というスパンで規格が世代交代してきているので、できるだけ新しいものを買った方が長く使えます。

アンテナ6本の強感度に同時接続数70台

私はオンラインゲームをするので、回線不良が大嫌いであり、電波の強さはかなり気にします。

1階のリビングから2階の私の部屋まで有線ケーブルで繋げてしまおうかと考えたほどです。笑

しかし、結論から先に言うと、木造2階建てならアンテナ6本のルーターを選べば十分に快適です。

アンテナの本数が多ければより通信は安定しそうですが、アンテナ8本以上のルーターは安くても3万円弱と高額なので候補から外しましたが正解でした。

 

それから、同時接続可能数も確認してから買いました。

本気は、同時接続数70台まで大丈夫なのでだいぶ余裕があります。

3人家族の我が家の場合でも、私と妻と息子で結構な数のWi-Fi機器を使用しています。

iPhone×2、iPad、Amazonタブレット、デスクトップパソコン、ノートパソコン、任天堂Switch×2、Amazonエコー、などなど。

Wi-Fi機器は今後も増え続けると思うので、同時接続可能数は多い方がいいです。

メッシュWi-Fiにも対応

最近メジャーになりつつある、メッシュWi-Fiにも対応しています。

詳しい説明は割愛しますが、メッシュWi-Fiは安定性と高速通信に定評がありますが、機器が高額になるというデメリットがあります。

私も今回買った「ASUS TUF-AX5400」の電波が弱かったらメッシュWi-Fiの子機を買い足そうと考えていました。

結果的には、本機だけで十分なWi-Fiの安定性と速度を確保できましたが、もしダメだった時のためにメッシュWi-Fiには対応していた方が良いと思います。

ASUS TUF-AX5400を使ってみた感想

外観デザインはガンダムっぽい

パッケージはこんな感じです。

ASUS TUF-AX5400のパッケージの外箱

ゲーム機でも入ってんのかと思わせるカッコいい外箱です。

さっそく取り出して組み立てます。

ASUS TUF-AX5400のパッケージの内箱

組み立ては簡単ですね。

電源コードを繋げて、モデムとLANケーブルを繋いで、アンテナを6本立てるだけで完了です。

設置した様子がこんな感じです。

ASUS TUF-AX5400を設置した様子

中央のLEDが光っていてガンダム感がありますが私は好みです。笑

我が家では1階のリビングに設置していますが存在感があるので、見た目を気にする人は棚にでも閉まってください。

本体のサイズは、幅297×高さ68×奥行335mmなので割と大きめなのでそこは注意です。

受信速度と感度はかなり良好

先ほども触れましたが、Wi-Fiの速度も感度も文句なしです。

参考までに私の環境をお伝えしておきます。

  • 木造2階建て
  • 1階の端から、2階の端まで通信は快適
  • インターネットのプロバイダはNURO光
  • 主に5GHz帯でWi-Fi接続

実測値でこのくらい出ています。

NURO光とゲーミングルーターのWi-Fiを使った回線速度

もちろん、時間帯や接続機器の集中などによって増減しますが、いつ測定してもこのくらいで安定しています。

さすが、Wi-Fi 6に対応したゲーミングルーターの最新機種だけあって爆速です。

5GHz帯でWi-Fi接続をしているので、1階に設置した「ASUS TUF-AX5400」の真横のキッチンで電子レンジを使われても全く問題なしです。

ASUS TUF-AX5400のまとめ

結論、普通の無線LANルーターよりも少し高価だけど、ゲーミングルーターは高速回線に電波が強くてストレスフリー。

ネット回線周りはこれ一台ですべて完結するので買って良かったです。

こんな人におすすめ
  • オンラインゲームをプレイする人。
  • ネット作業を快適(高速、安定)にしたい人。
  • Wi-Fi接続する機器が多い人。

今の時代は何するにしてもインターネット環境が必要になるので、無線ルーターにはお金をかけるべきです。

ガンダムみたいなアンテナ6本がそそり立つ見た目が受け入れられない人以外の全員におすすめしたいです。

-パソコン周辺機器

© 2021 とにかく、すきなことだけ