スマホ/タブレット

【MOFT MagSafe対応 スマホスタンド レビュー】iPhone12の最適解がやっと見つかった

2021年2月28日

【MOFT MagSafe対応 スマホスタンド レビュー】iPhone12の最適解をやっと見つけた

こんにちは!

MagSafeに対応した「MOFT」のマグネットスタンドを1ヶ月使ってきて、良し悪しが分かってきたのでレビューします。

iPhone12Proを買ってから色々なスマホアクセサリーを試しては「う~ん」となるアクセ難民の私でしたが、この「MOFT」に落ち着くことができました。

私の生活スタイルにとても合っていたので、良かった点と気になった点を詳しくレビューしたいと思います。

MOFT MagSafe対応 スマホスタンド レビュー

MOFTスタンドの使い方の話

まずはMOFTの外観ですが、このように変形します。

MOFTを引っ張ってスタンドモードにする様子引っ張ってスタンドモードにして使用します。

人工のポリウレタン皮革で触り心地も良く高級感が感じられます。

また、iPhone12に装着する際は磁石でくっつきます。

iPhone12にMOFTを装着する様子強力な磁石16個が使用されているそうで、確かにマグネットで力強く引っ付くのを実感できます。

やっぱり付け外しができる点は凄く楽です。

iPhone12Proに装着すると厚みはこんな感じです。

iPhone12ProにMOFTを装着した時の厚み「スタンド機能」と「カード収納機能」を合わせ持ってこの厚みなら全然OKです。

デスクに置いた時にカメラが当たらなくなるのでむしろ良いかも。

iPhone12ProにMOFTを装着してスタンドモードにした様子見た目はかなり好みですw

どういう置き方をしても安定するので「よく考えられたデザインだな」と感心させられます。

それでは実際に1ヶ月ほど使用してきて分かった感想についてお話していきます。

3種類のスタンドモードの話

こんな感じでiPhone12のスタンドとして3種類の使い方ができます。

MOFT MagSafe対応スタンドの3種類の使い方を表した図MOFTをiPhone12に付ける時は結構適当にくっつけてもちょうどいい位置にバシッと固定できるので使い勝手はなかなか良いです。

カードを収納するスペースも付いて重量は40gと許容範囲内の重さです。

タテにもヨコにも使えるスタンドは便利ですが、角度の調整はできません。

各スタンドモードの画面の角度を比較するとこんな感じです。

MOFT MagSafe対応スタンドはどの使い方も角度は同じ3つのスタンドモードの角度は全て同じです。

その角度は見やすい角度ではありますが、角度調整ができない点は少し残念でもあります。

MagSafe対応なのでワイヤレス充電が楽な話

このようなカード収納機能の付いたスタンドは、ワイヤレス充電に非対応なことが多いです。

ですがこのMOFTなら容易に取り外してワイヤレス充電が可能です。

Apple純正品のMagSafeでワイヤレス充電をする時はこのように使用します。

MOFTを使ってMagSafeでワイヤレス充電している様子

また、Amazonで「MagSafe」で検索すると1番目にはもちろんMagSafeが出てきますが2番目には今回レビューしているMOFTが出てくることからも人気の高さが伺えます。

ただ、私はMagSafeを持っていませんw

Appleの純正品なので欲しいですが価格が高いのとiPhone12専用なところが嫌です。

私が使用しているのは「Anker PowerWave 10 Dual Pad」というワイヤレス充電器です。

iPhone12Proをワイヤレス充電している様子2台同時にワイヤレス充電ができるので、他のスマホやイヤホンと同時に充電ができる優れものです。

iPhone12Proをワイヤレス充電する時は、磁石で付いているMOFTを外すだけなので楽です。

磁石の強さと相性の良いケースの話

iPhone12ProにMOFTを磁石で装着した様子所定の位置にピッタリ磁石で収まるのが心地よいです。

ただし、強力な磁力を得るためにはスマホケースを選びます。

私が持っている3種類のスマホケースでMOFTを使用してみた結果がこんな感じです。

iPhone12用ケース3種類の磁力の強さを解説している画像このMOFTに合わせたケース選びのポイントをまとめるとこの2点です。

  • iPhone12用のマグネットを搭載したケースを選ぶ。
  • スマホケースの素材として一般的な「シリコン」や「TPU」の場合、プラスチック系に分類される「TPU」の方を選ぶ。

私が使用しているものとは違いますが、おすすめのケースはこの辺りです。

 

こちらの商品をバンカーリングのような使い方をしたくて購入する人もいると思いますが、それはイマイチです。

MOFT MagSafeを上下にブンブンしている様子MOFT MagSafeに横から力を加えるとズレてしまうスマホを握りやすくする効果は実感できるが、スマホ横の電源ボタンやボリュームボタンを押すと取れちゃいます。

磁力はかなり強くて安心感がある、とは言っても横から押し込めばズレてしまいます。

 

今回ベストなケースを探すために色々なケースを購入して付けたり外したりしていました。

その結果。。。

iPhone12ProにMOFTを装着した様子何だかんだケースなしの裸の状態でMOFTを使うのもシンプルでカッコいいと強く思いましたw

運転免許証とクレジットカードを収納している話

MOFTのパッケージ上の説明ではカードが3枚まで入るらしいですが。

私が持ち運びたい「運転免許証」と「クレジットカード」を実際に入れてみたら2枚が限界だと感じました。

MOFTに運転免許証とクレジットカードを収納している様子しっかりとした厚みのあるカードは2枚までと考えた方が良いです。

収納して横から見た状態がこんな感じです。

MOFTにカードを2枚収納した時の厚み繰り返しになりますが、カードは3枚まで入るけど結構なキツさになってしまいます。

出し入れの容易さを考慮するなら多くても2枚が限界です。

カード2枚の場合でも程よくキツキツなので、カードを出し入れする時はiPhoneからMOFTを外した方がスムーズに出来ます。

MOFTにカードを出し入れしている様子このようにクレジットカードをiPhone12と一緒に持ち運べるようになったことで、財布を持ち歩く頻度が激減しました。

財布を持ち歩くと荷物になって嫌だと感じる私としては大正解の商品と言えます。

電子マネーとクレジットカードで問題なく生活できています。

Suikaなどの電子マネーも問題ない話

電子マネーでの支払いも問題ないです。

iPhone12の電子マネーを使うときのセンサーは、スマホ背面の上部にあります。

iPhone12シリーズのFeliCaのセンサー位置私も最初はiPhoneの中央部にセンサーがあるのかと思っていましたが上部にあります。

なので、スマホケースにMOFTを装着した状態でも、リーダーにiPhoneの上部を当てるようにすれば「Suikaスイカ」などの電子マネーでの支払いも百発百中です。

まとめ:これ1つで何役もこなすマルチスタンド

iPhone12ProにMOFTを装着した様子この記事では、iPhone12用のMOFT MagSafe対応 スマホスタンドをレビューしました。

まとめるとこんな感じです。

良かった点
  • タテヨコ自在に使えるスタンドが普通に便利。
  • カード収納とワイヤレス充電を両立してる斬新さが好き。
  • 1~2枚のカードを持ち歩きたい人にピッタリ。
  • クレジットカードを収納しておけば電子マネーと合わせて財布いらずの生活ができる。

気になった点
  • スタンドの角度調整はできない。
  • ケースはマグネット搭載のTPU素材じゃないと磁力が弱い。
  • 磁力で支えるのでバンカーリングほど横方向の力に強くない。

「ちょっとそこまで」と外出する時に、家の鍵とスマホだけポケットに突っ込んで出かけられるのが凄く楽ちんです。

逆に「バンカーリング的な操作性の向上」を望んでいる人には向かないと思いました。

iPhone12は両手操作派の人にとっては最適解と成りうる製品だと感じました。てか私はずっとこれでいくと思いますw

私は無難にブラックをチョイスしましたが、カラーはブラック、グレー、ブラウン、ブルーの4色から選べるので、iPhone12使いの人に強くおすすめです。

おわり!

  • この記事を書いた人

ツノうさぎ

ガジェットブロガーのツノうさぎです。会社員をしながら趣味でガジェットを買いあさっています。おかげで段ボールに囲まれた生活をしています。

詳しいプロフィールはこちら

-スマホ/タブレット

© 2021 とにかく、すきなことだけ