パソコン周辺機器

トラックボールマウスのおすすめを紹介!比較した結果やっぱりコレだ

トラックボールマウスの選び方とおすすめを紹介

トラックボールマウスが気になる人へ

トラックボールマウスのメリットや使用感を知りたい!
おすすめのトラックボールマウスを紹介して欲しい!

このような疑問にお答えします。

この記事で分かること
  • トラックボールマウスのメリット/デメリット
  • トラックボールマウスの選び方
  • 使いやすいおすすめのトラックボールマウス

トラックボール愛用者にヒアリングしたり、実機を触ってみた感想を中心にご紹介します。

肩こりや腱鞘炎などの手首の痛みを軽減するトラックボールマウスを是非使ってみて下さい!

トラックボールマウスの特徴

トラックボールマウスの画像
トラックボールマウスとは「マウス本体ではなく、ボールを回して画面上のポインターを動かすマウス」のことです!

トラックボールマウスに慣れてしまうと普通のマウスには戻れないくらい使い心地が良く、「トラックボーラー」と呼ばれる愛用者が存在するほど、ハマる人にはハマります。

そんなデバイスです!

トラックボールマウスのメリット

トラックボール最大のメリットは、長時間の作業でも疲れないということです。

マウス本体は動かさず固定した状態なので、肩こりや手首の負担を軽減できます。

その他にもこんなメリットがあります。

  • 場所を取らず省スペースで使える。
  • 大画面モニターでの移動が楽ちん。
  • 膝の上や絨毯の上でも使える。
  • マウスの存在感と漂う玄人感が良い。

さらに手首に敷くリストレストなどがあれば作業の快適度はさらに盤石なものになります。

トラックボールマウスのデメリット

残念ながらデメリットもあります。

慣れるのに時間がかかる

後で詳しく解説しますが、普通のマウスに慣れている人はトラックボールマウスに慣れるのに時間がかかります。

ボールの裏側にゴミが溜まりやすい

トラックボールマウスを使い続けていると、ボールの裏側にゴミが溜まってボールがやや引っかかるようになります。

普通のマウスと同様に埃や手垢、脂、ゴミなどが付着するので定期的な掃除が必要です。

トラックボールマウスの選び方

トラックボールマウスの画像
選び方のポイントを解説していきます。

ボールの位置と転がす指で選ぶ

トラックボールマウスのボールの位置には3種類あります。

  • 親指タイプ
  • 人差し指&中指タイプ
  • 手のひらタイプ

それぞれ操作感がかなり異なるため、合う合わないは個人差が大きく出ます。

その中でも、通常のマウスから移行しやすいボールの位置は「親指タイプ」です。1週間も使えば慣れると思います。

「ボールを転がす」という意識よりも「ボールを撫でる」という感覚がコツです!

本体サイズが手にフィットするかで選ぶ

手の大きさによってフィットしたりしなかったりします。

この記事で紹介するトラックボールマウスは、海外でも人気のある製品になるので、本体のサイズが大きいものもあります。

サイズ選びを間違えると親指への負担が大きくなったり、ボタンに指が届かなかったりするので注意が必要です。

トラックボールマウスのおすすめ5選

結論から言うとトラックボールマウスは「ロジクール製品の2強」だと思っています。

まずは比較表でスペックを確認してみて下さい。

トラックボールマウスの比較表

画像 ロジクールMX ERGOトラックボールマウス ロジクールM570tトラックボールマウス エレコムM-XT3DRBKトラックボールマウス エレコムM-HT1URXBKトラックボールマウス ケンジントン72337JPトラックボールマウス
メーカー ロジクール ロジクール エレコム エレコム ケンジントン
製品名 MX ERGO M570t M-XT3DRBK M-HT1URXBK 72337JP
ケーブル 無線(ワイヤレス) 無線(ワイヤレス) 無線(ワイヤレス) 有線 有線
インターフェイス Bluetooth
無線2.4GHz
無線2.4GHz 無線2.4GHz USB USB
電源 充電式 単3電池x1 単3電池x1 有線 有線
ボタン数 8 5 6 8 3
チルトホイール × ×
サイズ 51x133x100 mm 45x95x145 mm 95x48x124 mm 115x57x182 mm 105x48x130 mm
重量 164 g 142 g 128 g 268 g 168 g

それでは個別に詳細を解説していきます。

ロジクール MX ERGO MXTB1s

ロジクールMX ERGOトラックボールマウス
最もおすすめしたいのがロジクールの「ERGO」と「M570t」です。

両社を比較するとこちらのERGOの方が発売が新しく、高級感のある質感、全体的に多機能です。

機能面は、2段階の角度調整、ボタン多め、充電式、チルトホイール、Bluetoothによるマルチペアリング、カーソルの速度調整がボタン1つで切り替え可能など。

値段も高くなりますが、万人受けするトラックボールマウスとなっています。

ロジクール ワイヤレストラックボール M570t

ロジクールM570tトラックボールマウス
こちらのM570tはERGOのメイン機能はそのままに、最低限の機能にして値段を抑えています。

5ボタンなのでブラウジングで便利な「進む」と「戻る」も使えるし、電池式なので充電切れの心配も不要です。

チルトホイールやマルチペアリングは不要という人はこちらの方がコスパが良くておすすめです。

エレコム M-XT3DRBK

エレコムM-XT3DRBKトラックボールマウス
見た目は一番好みでカッコいい、小振りなので握った時のフィット感も良いです。

ロジクール製品と比較するとボールの回転に少し引っ掛かりを感じますが、別売りの高性能なエレコムの赤ボールを使うと滑らかさが格段に向上します。

赤ボールを購入しても価格はM570tと同じくらいなので、価格は抑えたいけどチルトホイールは欲しいという人はこちらがおすすめです。

エレコム M-HT1URXBK

エレコムM-HT1URXBKトラックボールマウス
人差し指と中指で操作する有線のトラックボールマウスです。慣れるためには覚悟が必要です。

直径52mmの大型ボールなので1回転でカーソルを広範囲に動かせます。

マウス本体の上面に低反発素材のパームレストが付いているので、長時間の作業でも手首への負担を軽減できます。

本体とボタンが大きいので手の大きな人に向いています。

有線タイプでチルトホイールも付いています。

ケンジントン 72337JP

ケンジントン72337JPトラックボールマウス
3ボタンで機能的にとてもシンプルな手のひらで操作する、コスパの良いトラックボールマウスです。

手のひらというか指の第2関節から付け根あたりで転がすので、好き嫌いに個人差がありそうです。実機を触ってから購入したいところです。

ボール操作や親指での左クリック操作に慣れさえすれば、左右対称デザインなので右利き、左利きでもストレスなく操作できます。

Amazonと楽天のランキングを見る

最新の売れ筋人気ランキングもチェックしてみて下さい!

Amazonランキングを見る 楽天市場ランキングを見る

トラックボールマウスは普通のマウスと比べて製品の種類が少ないので、人気の製品はあまり変動しない印象です。

トラックボールマウスのまとめ

この記事では、トラックボールマウスのおすすめについてご紹介しました。

ポイント

  • トラックボールマウスは全然疲れない。
  • ただし、慣れるのに時間がかかる。
  • ボールの位置が親指タイプのロジクール製品がおすすめ!

やっぱり手慣れた普通のマウスも捨てがたい!という人はこちらの記事も見てみて下さい!

マウスの選び方とおすすめ!有線&無線のコスパ最高からゲーミングまで
マウスの選び方とおすすめ!有線&無線のコスパ最高からゲーミングまでこの記事では、マウスの選び方や厳選したおすすめのマウスをご紹介します。有線や無線ワイヤレスのマウスにもコスパの良い製品から、高性能なゲーミング用途まで色々なマウスがあるので、分かりやすく解説したいと思います。...
関連記事はこちら!