パソコン周辺機器

ロジクールPRO(G-PPD-002WL)マウス レビュー!最高のワイヤレス

ロジクールPROワイヤレスゲーミングマウスの画像

この記事では、ロジクールPROマウスが気になる人へ向けて使用感などをレビューしたいと思います。

数日前、10年以上に渡って私の相棒を務めてきたRazer「Naga MMOG」マウスがチャタリング地獄に陥り、お亡くなりになりました。

チーン!

Razer Naga MMOGマウスの画像
チャタリングとは? マウスやキーボードで1回しか入力してないのに2回入力したことになる、ストレスMAXの現象。今回は機械的な疲弊が原因と思われます。

10年間どうもありがとう。

当時はゴリゴリのデスクトップパソコンをBTOで組んでオンラインゲームやDTMに精を出していたので、有線マウスの17ボタンを使用していました。

BTO、DTMとは? ・BTO(Build To Order)
→オーダーメイドのパソコンのこと。
・DTM(Desktop Music)
→パソコンで音楽制作すること。

現在は13インチのノートパソコンでブログ中心の使い方をしているので、次の相棒は持ち運びや移動に便利なワイヤレスにしてやろうと思いました。

その中でも高性能で通信や反応速度の優れたものを調べまくって見つけ出し、会社帰りにヨドバシカメラのマウスコーナーに3日間通ってから購入しました。

ロジクール
PROワイヤレス ゲーミング マウス

デデン!

ロジクールPROワイヤレスゲーミングマウスの画像
新しいワイヤレスマウスのスタンダードとも言われています。Amazonや楽天サイトでも人気で売れ筋になっています。

現在はパソコンでゲームはやっていませんが、ゲーミング用途だけでなく仕事向けとしても口コミや評判が良かったのでこれを選びました。

実際に使用してみたら評判通りの高速ワイヤレスで遅延が全くなくて、煩わしいケーブルにも悩まされない、超軽量な最高の相棒になったのでご紹介したいと思います。

値段は高いですが良い物を長く使いたい人は一度手に取ってみて下さい。

ロジクールPROマウスの開封

ロジクールPROワイヤレスキーボードを開封
箱を開けるとすぐに高級感のあるマウスがこんにちはします。

左右対称タイプの落ち着いたデザインがイカします。

付属品はこんな感じです。

ロジクールPROワイヤレスゲーミングマウスの付属品
ロジクールPROマウスの付属品

  • PROマウス本体
  • LIGHTSPEEDワイヤレスレシーバー
  • 充電/データケーブル
  • レシーバー延長アダプター
  • 交換用のサイドボタンとカバー
  • クイックスタートガイド、保証書、保証規定

ちなみに対応しているOSはこちら。

  • Windows 7以降
  • macOS 10.11以降

ロジクールは2年間無償保証が付いているので安心して購入することができます。

ロジクールPROマウスのスペック

ロジクールPROワイヤレスゲーミングマウス
このマウスは多くのプロゲーマー協力の元に、究極のゲーミングマウスとして2年間も費やして開発されたそうです。もう間違いないやつですね。

理想的な本体の重量感と操作感から圧倒的なパフォーマンスと精度を実現しています。

詳細スペック

 タイプ:光学式マウス
 ケーブル:無線ワイヤレス
 ボタン数:8ボタン
解像度:16,000 dpi
インターフェイス:USB、レシーバー
使用電源:充電式リチウムイオン電池
サイズ:63.5x40x125 mm
重量:80g←超重要

私がスペック表を元にこのマウスを選んだ最大の理由は、圧倒的な本体の軽さです。

この手の高性能なワイヤレスゲーミングマウスの中で圧倒的な軽さを誇っています。

長時間の作業でも手首が疲れないために重量を重視するべきだと思っています。

ロジクールPROマウスの使い方

ワイヤレス接続はレシーバーを挿すだけ

ロジクールPROワイヤレスゲーミングマウス
ご覧の通りパソコンのUSBポートに挿すだけで完了。画像ではマウスとも接続できるケーブルの先にレシーバーが付いています。

ロジクールPROワイヤレスゲーミングマウス
レシーバー単体でUSBポートに挿すとこんなにスッキリしています。特に設定が必要なこともなく挿すだけなのでとても楽ちんです。

あとはPROマウス本体の裏に付いている電源をONにすればすぐに使用できます。

ロジクールPROワイヤレスゲーミングマウス
ちなみに電源ボタンは右側のボタンですが、左側のボタンで解像度(マウスの移動距離)をすぐに変更できます。

PROマウス本体の充電方法

ロジクールPROワイヤレスゲーミングマウス
パソコンのUSBポートに挿すだけで完了。有線接続中もマウスとして使えるので安心して充電できますね。

キー割り当てなどの設定方法

ロジクールゲームソフトウエアのインストールまずは、ロジクール専用のゲーミングソフトウエアをパソコンにインストールします。

ぶっちゃけこのソフトはインストールしなくてもワイヤレスマウスは使えます。

このソフトをインストールする理由はこれ。

  • マウス本体の充電残量が数値で見える。
  • 各種ボタンのキー割り当てをカスタマイズできる。
  • マウス感度の変更で自由に移動距離を設定できる。

デフォルトのままでも最低限の設定がされていますが、あなたがよく使うゲームや仕事のショートカットを各種ボタンに割り当てておくと便利です。

ロジクールゲームソフトウエアの画面
このマウスはオンボードメモリ内蔵なのでマウス本体に設定を保存しておけます。

なので、別のパソコンにレシーバーを挿し換えて使用する時も設定を引き継ぐことができて便利です。

ロジクールPROマウスの感想

デザインがカッコいい

ロジクールPROワイヤレスゲーミングマウス
万人受けするデザインだと思います。

いかにもゲーミングです!っていうゴツゴツしたデザインが苦手な人は気に入ってもらえると思います。

超軽量たった80gのおかげで長時間の作業でも疲れない

ロジクールPROワイヤレスゲーミングマウス
このフィット感でたった80gという軽さよ。

ワイヤレスでゲーミング用でここまで高性能なマウスが80gというのはもう事件です。

マウスが重いと手首が疲れて腱鞘炎になったりするので、マウス選びで軽さは正義となります。この軽さは他と比べても圧倒的です。

コードレスで操作が快適すぎる

マウス本体はパソコンにUSBで取り付けたレシーバーと無線ワイヤレスで接続します。

ロジクールのワイヤレスマウスは独自の「LIGHTSPEEDワイヤレス接続」という接続方式で、全然遅延が発生しませんし、もちろん切断もありません。

Bluetoothよりも通信が早くて安定しているのはもちろん、ロジクールでの実験で有線マウスよりも速いクリック応答速度を計測したそうです。

確かに使ってみると遅延など全く感じず、有線マウスの感覚で操作できます。もっと早くワイヤレスにすればよかった・・・。予想以上の使いやすさです。

「進む」と「戻る」ボタンも押しやすい

PROとNagaのボタン配置の違い
個人的には凄く懸念していました。

今まで使っていたNagaは左クリックのボタンの真横に「進む」と「戻る」ボタンが付いていました。

それがPROに変更したことでマウス本体の真横に来てしまいました。

一般的にはマウスの横に付いていることが多いこのボタン。ボタン配置が変わったことで微妙に手に力を入れる場所が変わりはしたものの、すぐに慣れることができたので良かったです。

バッテリーも充分な長持ちぶり

90分の充電で48時間ほど充電が持ちます。

充電時は有線接続になりますが、マウスとして機能するので全く問題なし。

POWERPLAYワイヤレス充電システムは未体験・・・

なんと!ロジクールの専用マウスパッドを使えばワイヤレス充電ができます。

ワイヤレスマウスなのに充電すら気にする必要がなくなるって凄いですよね。

ちなみに私はノートパソコンで持ち運ぶ頻度が高いため、今回はこのマウスパッドの購入を見送りましたが、またデスクトップパソコンになったときは導入を検討したいです。

ロジクールPROマウスのデメリット

本体価格2万円は高すぎ

それでも私が購入したのは、最軽量80gで2年保証がついていて最高性能で劣化の早いゴムやラバー素材が使われていないためです。

保証書をしっかり保管しながら、良いモノを長く使いたいと思ったためです。

デメリットは価格くらいしか見当たりませんでした。

ロジクールPROまとめ

この記事では、ロジクールPROワイヤレスゲーミングマウスのレビューをお届けしました。

ポイントのまとめ

  • 最高性能のワイヤレスマウスでゲームや仕事をしたい人におすすめ。
  • 超軽量80gのおかげで手首が痛くならない。
  • 誰にでもフィットしやすい左右対称デザイン。
  • ロジクールの2年保証で安心して使える。

良いゲームプレイや仕事はまず道具から揃えてみてはいかがでしょうか。性能の高いマウスを長く使いたい人におすすめします。

ちなみに私はキーボードもロジクールPROで揃えています。気になる人はこちらの記事もご参照ください。

ロジクールPRO(G-PKB-001)キーボード レビュー
ロジクールPRO(G-PKB-001)キーボード レビュー!カッコよすぎるロジクールのPRO(型番G-PKB-001)というキーボードのレビューをご紹介します。ゲーミングキーボードならではのレスポンスの速さと1,680万色のRGBライト、そして珍しいテンキーレスモデル!私のように完全に普段使いの人にもおすすめなキーボードです。...
関連記事はこちら!