ガジェット

ワイヤレス充電器Anker PowerWave 7.5 Standレビュー|充電速度を検証

ワイヤレス充電器Anker PowerWave 7.5 Standレビュー

Ankerのワイヤレス充電器「Anker PowerWave 7.5 Stand」を購入しました!

実際に1週間ほど使用してみて

  • ワイヤレス充電器ってどうなの?
  • Anker PowerWave 7.5 Standの感想

このあたりを中心にレビューしたいと思います!

結論から言うと

期待通りの性能でワイヤレス充電器が便利すぎ、この価格で買えるならあと2台追加で買おうか悩むレベルでした!

Anker PowerWave 7.5 Standの紹介

まずは開封と付属品をご紹介します。

ワイヤレス充電器Anker PowerWave 7.5 Standの開封
付属品

  • Anker PowerWave 7.5 Stand 本体
  • Micro USBケーブル(1.8m)
  • 取扱説明書
  • 18ヶ月保証(Amazonの場合、注文番号が保証書代わり)
  • カスタマーサポート

スペック詳細

サイズ 78×65×119mm
重量 140g
入力 5V/2A、9V/2A、12V/1.5A
出力 5W、7.5W、10W
カラー ブラック、ホワイト
品質保証 18ヶ月保証、カスタマーサポート

Anker PowerWave 7.5 Standの外観

Anker PowerWave 7.5 Standの外観1
後側はこんな感じです。

Anker PowerWave 7.5 Standの外観2
充電中は下部のライトが点灯します。

Anker PowerWave 7.5 Standの充電ランプ
Ankerのワイヤレス充電器には平置きタイプもあります。

初めてのワイヤレスなので不確かですが、平置きタイプは縦方向も横方向も気にしてデバイスを置く必要がありがすが、スタンドタイプなら適当に置けるから楽だと思いました。

Anker PowerWave 7.5 Standの対応機種

対応機種

10W出力急速充電
※QC 2.0/3.0対応充電器使用の場合
– Samsung Galaxy S9+/S9/S8/S8+/S7 edge/S7/S6 edge+
– Samsung Note 8

7.5W出力
-iPhone XS/XS Max/XR/X/8/8 Plus

5W出力
– Samsung Galaxy S6/S6 edge
– LG G7/V30+/V30/V35
– Pixel 3/3 XL

↓付属のカードに大まかにですが、分かりやすく書いてありました。

ワイヤレス充電器Anker PowerWave 7.5 Standのワット数
対応機種をまとめると、

iPhoneは「iPhone 8」以降

Androidは「Qi対応機種」

長年iPhoneを使っていますが、初期の頃は有線接続で5Wだったのが、今ではワイヤレス充電で7.5Wです。充電方法や速度はどんどん進歩していってますね。

ワイヤレス充電の性能を実測

Anker PowerWave 7.5 Standの充電速度
iPhone X を瀕死の3%の状態から充電にかかる時間を測定してみました。

ストップウォッチで測ります!

Anker PowerWave 7.5 Standの充電をストップウォッチで測定
その結果・・・

バッテリー表示 ストップウォッチ 区切り毎の時間
3%
10% 17:29.36 約18分
20% 34:22.47 約17分
30% 51:41.38 約17分
40% 1:09:39.47 約18分
50% 1:28:16.03 約19分
60% 1:46:52.70 約18分
70% 2:07:46.64 約21分
80% 2:35:47.31 約28分
90% 2:57:32.14 約22分
100% 3:41:25.14 約44分

ワイヤレス充電中もストップウォッチが動いていたり、バッテリー表示確認を頻繁にしていたので、誤差はあると思います。

iPhone X で瀕死の状態から充電するには3時間半~4時間が必要だと分かりました!

デバイスはどれくらいズレても認識するか

ワイヤレス充電って便利だな!と思いつつ、デバイスを置いておいたら充電されてなかった・・・なんてことがあると嫌なので、どれくらいズレてても充電可能か確認してみました。

Anker PowerWave 7.5 Standはこのくらいズレてても充電可能
購入から1週間使ってみましたが、結構適当に置いてもちゃんと充電してくれています。

横向きで使用時も、これだけズレてても大丈夫です。

Anker PowerWave 7.5 Standはこのくらいズレてても充電可能横向き
ただし、裏向きはダメです!充電できません!

Anker PowerWave 7.5 Standは裏向きでは使えないその他にも、ケースの厚みが5mm以上のものや、金属製のものもダメです。たまにケースの中に磁気カードを物理的に入れている人がいますがダメです。

Anker PowerWave 7.5 Standのメリット

ワイヤレスで7.5Wに対応

特にiPhone対応のワイヤレス充電器は5W出力のものばかりだったので、Ankerから7.5Wが販売されているのに気づいてすぐ購入しました。

とにかくワイヤレスが便利

いちいちケーブルを抜き差しする必要がないので、本当に便利です!

充電速度こそ有線には敵いませんが、それを感じさせないくらい運用が便利です。なにせ乗せておくだけだから!

スタンドタイプなので仕事などの作業中のかたわらで充電したり、寝るときに枕元に置いておくだけで充電の心配いらずです。

現在はリビングのテーブルで使っていますが、便利すぎて追加で「会社用」と「寝室用」に2つ欲しいくらいです。

Ankerの心遣いを感じる

かなり細かいことですが、テープが剥がしやすくなっていたり、

Anker PowerWave 7.5 Standの箱テープが開けやすい
ケーブルに付いてるマジックテープとか便利です。

Anker PowerWave 7.5 Standのケーブルを留めるマジックテープ
こういう細かい心遣いによって、ストレスが溜まりませんね。

Anker PowerWave 7.5 Standのデメリット

スタンドの角度調整ができない!

Anker PowerWave 7.5 Standはスタンドの角度調整ができない
いや、私個人としては使いやすい角度なんですが、調整できらたもっと良かったかなと思う程度です。

裏面の滑り止めをもっと強くして欲しかった

Anker PowerWave 7.5 Standの裏面の滑り止めをもっと強くして欲しいもちろん、すでにゴム素材で滑りにくくはなっています。

しかし、スタンドタイプは特に固定して使うものなので、もっと滑り止めが強い方が、ズレる心配なく安心できるかなと思いました。

カバーの厚さや材質によっては使えない

デバイスのケースの厚みが5mm以上だったり、金属製のケースは、ワイヤレス充電ができません。

また、iPhoneの場合は裏面では反応しなかったので、指を入れて固定する系のリングを付けている人も使えないと思います。

電源が落ちているとワイヤレス充電ができない

一度バッテリー切れで、デバイス本体の電源が落ちてしまうと、ワイヤレス充電器だけでは開始することができない。有線接続でデバイスの電源が入るところまで充電する必要がありました。

充電器が付いてない

本製品には充電器(コンセントに差し込むプラグ)が付属されていないので、AnkerのQC3.0対応急速充電器も付属して欲しかった。

・・・と思ったらセットも販売していました!

まとめ

Amazon第1位の充電製品ブランドから販売されている、ワイヤレス充電器「Anker PowerWave 7.5 Stand」をご紹介しました。

  • ケーブルの抜き差し不要で運用がラクすぎる!
  • ワイヤレスの充電速度も充分実用レベル!

目立った欠点もなく、iPhoneユーザーの私は大満足のワイヤレス充電器でした。

購入前にあなたのデバイスが対応の機種かどうか、それとケースの厚み/素材/リングの有無を確認してからお買い求めください!

関連記事はこちら!