音響/映像機器

【EarFun Air Pro レビュー】1万円を切るANC搭載イヤホン!高音質10mmドライバーで音質も上々

2020年12月4日

【EarFun Air Pro レビュー】この価格でANC搭載!高音質ドライバーで音質も気に入った

ワイヤレスイヤホン使いまくりのツノうさぎでございます!

今回は「EarFunイヤーファン」様から提供してもらった最新の「EarFun Air Proイヤーファンエアープロ」という完全ワイヤレスイヤホンをレビューしていきます。

2020年11月に発売されたばかりのANC(アクティブノイズキャンセル)機能を搭載した注目のモデルです。

私がこれまでレビューしてきた「EarFun Freeイヤーファンフリー」と「EarFun Airイヤーファンエアー」はどちらも優秀で個人的にオススメできるイヤホンだったので、今回のハイエンド機にも色々と期待しておりますw

それでは見ていきましょう!!

EarFun Air Proの概要

EarFun Air Pro
EarFun Air Pro
EarFun Air Pro
EarFun Air Pro
EarFun Air Pro
EarFun Air Pro
EarFun Air Pro
EarFun Air Pro
earfun-air-pro-review-01
earfun-air-pro-review-02
earfun-air-pro-review-03
earfun-air-pro-review-04
earfun-air-pro-review-05
earfun-air-pro-review-06
earfun-air-pro-review-07
earfun-air-pro-review-08
previous arrow
next arrow
earfun-air-pro-review-01
earfun-air-pro-review-02
earfun-air-pro-review-03
earfun-air-pro-review-04
earfun-air-pro-review-05
earfun-air-pro-review-06
earfun-air-pro-review-07
earfun-air-pro-review-08
previous arrow
next arrow
Shadow

EarFunは2018年に誕生した新しいメーカーです。

過去作の「EarFun Free」や「EarFun Air」はコストパフォーマンスに優れる有名な多くの賞を受賞している完成度の高さがありました。

参考までに2つほど紹介。

そんな受賞歴のあるイヤホン達のハイエンドモデルが今回の「EarFun Air Pro」ってわけです。

基本仕様とスペック

こんな感じ。

項目 仕様
ドライバーユニット 10mm低歪みドライバー
(複合振動板を採用)
イヤホンのバッテリー 充電:約1.5時間
ノーマル稼働:約9.0時間
ANC稼働:約7.0時間
充電ケースを含めたバッテリー 充電:約2.0時間
ノーマル稼働:約32.0時間
ANC稼働:約25.0時間
重量 イヤホン:約6.0g/1個
充電ケース:約53g
防水規格 IPX5
Bluetooth規格 5.0
Bluetooth動作範囲 15m
対応コーデック AAC、SBC
Bluetoothプロファイル A2DP、AVRCP、HFP、HSP

Amazonではいつもながら「18ヶ月の安心保証」が付いています。

完全ワイヤレスイヤホンで10mmのドライバーを搭載してるって結構デカいなあ~って印象を受けます。

音質に期待しちゃいますねw

開封と付属品

開封の様子をお伝えします。

EarFun Air Proのパッケージ

毎度のことながら横開きの箱となっております。

EarFun Air Proのパッケージ

付属品の一覧はこんな感じ。

EarFun Air Proの付属品一覧

EarFun Air Proの本体、イヤーピース、充電用のUSB-Cケーブル、マニュアルです。

 

イヤーピースはSMLの3種類で、最初からイヤホンに付いているのはMサイズっぽいです。

EarFun Air Proのイヤーピースは3種類

私の耳の穴的には初期装備のMでジャストフィットでした。

 

マニュアルは日本語表記があるのでご安心を。

EarFun Air Proのマニュアルは日本語

使い方はマニュアルに一通り目を通せば理解できます。

外観デザイン

そんでは本体から見ていきましょう。

EarFun Air Proの本体

まず手に取った感じ「うお、ちいせえ!」って思いました。

EarFunのイヤホンの中でもハイエンドに分類される機種なので、もっとデカデカとしてるのかと思いきやコンパクトな手乗りサイズでした。

EarFun Air Proは手乗りサイズ

数字的にはサイズは67x55x31mmです。

重さはこんな感じ。

EarFun Air Proの重量

イヤホンと充電ケースを合わせて53gであり、イヤホン単体だと6gほどです。

普通に軽くていいですね。

EarFun Air Proの使い方と感想

バッテリー充電方法

EarFun Air Proのコネクタ形状はUSB-Cタイプ

USB-C充電です、本当にありがとうございました。

そこのiPhone君は見習うように!

 

コネクタは充電ケースの裏面ではなく背面にあるので充電中も安定しますね。

EarFun Air Proを充電している様子

充電中は充電ケース裏にある充電ランプが赤く点灯して、充電が完了したら消灯します。

ただし!

ワイヤレス充電には対応していないのでそこはマイナス!

ペアリング方法

充電ケースのフタを開くだけでペアリングモードになります。

EarFun Air Proのフタを空けるだけでペアリング可能

あとは接続したいスマートフォンなどで選択すればOK!

EarFun Air Proをスマホで選択すればペアリング完了

別の機器とペアリングし直す場合は、充電ケースにイヤホンを戻して中央にある設定ボタンを3秒長押しすれば再接続できます。

音質が立体的で凄く良い

EarFun Air Proのイヤホン

最初にイヤホンを耳に突っ込んで曲を聴いた感想がこれ。

ちょっと待て・・・音質が普段使ってるワイヤレスイヤホンと全然違うw

何と言うか音が平面じゃなくて奥行きがあって立体感が凄いです。

ただ、この立体感が大口径10mm低歪みドライバーの恩恵なのか、ANCの恩恵なのかはよく分からんw

まあ、とにかくだ。

私が普段使ってるコスパ重視の5,000円以下のワイヤレスイヤホンよりも遥かに良い音なのは確かだw

ANC(アクティブノイズキャンセル)の効果

EarFun Air Proのイヤホン

まず、ANCってなんぞや?ってところに少し触れます。

ANCの機能の原理は、イヤホンのマイクから周囲の騒音を拾って、その騒音を打ち消す音を発生させることで騒音を低減します。

38dB騒音低減可能なアクティブノイズキャンセリング性能」とのことですが、38dBの凄さがイマイチよく分かりませんw

今作の「EarFun Air Pro」は、通常モードとANCモードと外音取り込みモードがありますが、ANCモードだと明らかに環境音は静かに聴こえましたね。

私と同じ部屋に家族が帰ってきたことに気付かないくらいには環境音を遮ってくれますw

外出時はもちろん、自宅でも空気清浄機の音とかを感じないようにできるのでノイズキャンセリングって凄い技術なんだと知りましたw

今回レビューしているEarFun Air ProもANC搭載型の中ではコスパ重視のはずなのに結構な環境音を低減してくれるので、より高額な超ハイエンドクラスのイヤホンはどうなってんのか気になりましたw

外音取り込み機能

EarFun Air Proのイヤホン

イヤホンを耳から外さなくても周りの音が聞こえるようになるモードです。

イマイチどこで使う機能なのか使いどころが分からんw

・・・ただね。

他者と会話する時にイヤホンを外す必要がないのは、使い方によっては恩恵を受ける人もいるのかもしれませんね。

装着感・操作性

装着感とフィット感はこれまでのEarFun製品と同じく良いです。

特に良いとか悪いとかなく、長時間の使用でも痛くならなかったので普通に良いです。

 

イヤホンの操作はタッチセンサーとなっています。

タッチセンサーは加速度センサーで感知しているので「軽く触れる」というよりも「タップする」ってイメージで操作します。

イヤホンでの操作はこんな感じ。

操作 イヤホン(L側) イヤホン(R側)
ダブルタップ 通常時 音声アシスト機能 再生/一時停止
着信時 電話を受ける/切る
3回タップ 通常時 モード切り替え 曲送り
着信時 着信拒否

誤操作を回避するためにダブルタップか3回タップで操作できるようになっています。

 

それからオートポーズ機能もあります。

光学センサーによって自動で装着検出をしているので、片方のイヤホンを耳から外すと再生を自動停止し、再び耳に入れると自動再生されて便利です。

左右いずれかのイヤホンを単独で使用したい時は手動で再生すれば可能です!

 

あとはやっぱりAirと同様に「曲戻し」の操作がイヤホン側でできない。

なので私はiPhoneでプレイリストをしっかり作って曲を戻す必要がないようにしていますね。

それと「音量調整」も出来ないですが音量は頻繁に変更しないから私は気にならないかな。

音声アシスタント

私の最近のお気に入りの機能がこれ。

音声アシスタント(SiriとかGoogleとか)を呼び出せます。

私はiPhoneを使っているのでSiriに「牛乳買うってリマインドして」と言えばこんな感じにメモしてくれます。

EarFun Air Proを使ってリマインド

音楽とか聴いてる時に「ハッ!」とした内容をイヤホンのL側をダブルタップすれば、イヤホンのマイクを通して指示できます。

これからの天気とか気温を確認するのに便利なので気に入ってますw

マイクも前作のAirで4つだったものが6つに増えているので自分の声をよく拾えていると思います。

音漏れ・遅延・防水

EarFun Air Proの外観

イマイチな点として若干の音漏れがありました。

前作のAirと今作のAir Proを妻に付けて曲を聴いてもらいましたが、明らかにProの方が音漏れしていました。

もしかしたらANC搭載のイヤホンはみんなそうなのかもしれないですが、音の漏れ具合としては少し気になる程度なのであまり気にしなくても良さそうです。

 

遅延については完全ワイヤレスイヤホンなので音ゲーやアクションゲームをする人は遅延を感じると思います。

音楽や動画の視聴には全く遅延を感じません。

ゲームメインの人は有線イヤホンの使用をオススメしますw

 

防水等級はIPX5なので、雨とか汗とかを防げるので屋外でランニングなどの運動をする時にも安心して使えます。

ただしね。

前作のEarFun Airの防水等級がIPX7だったので劣化しています。

ANCが搭載されたのである程度は仕方なしかなと思います。

個人的に5,000円を超えるイヤホンは自宅で大切に使いたいので防水性能は低くていいかなって感じです。

防水自体が付いてないモデルも結構ありますからねえ。

他のワイヤレスイヤホンと比較してみる

今回レビューしている「EarFun Air Pro」はANCを搭載したハイエンドに分類されるイヤホンで価格も割と高価なので購入は吟味が必要です。

私の個人的な視点で他のイヤホンと比較してみました。

EarFunシリーズと比較

折角手元にあるのでこれまでのEarFun製品を並べてみました。

左から「EarFun Free」「EarFun Air」「EarFun Air Pro」です。

EarFunのイヤホンの比較

EarFunのイヤホンの比較

EarFunのイヤホンの比較

EarFunのイヤホンの比較

EarFunのイヤホンの比較

どのイヤホンも使い勝手が良いですがスペックを比較するとこんな感じ。

※価格は現時点のAmazonを参照した。

製品名 EarFun Free EarFun Air EarFun Air Pro
画像 「EarFun Free」完全ワイヤレスイヤホン EarFun Air EarFun Air Pro
価格 4,580円 5,499円 7,999円
ANC × ×
ドライバー 6mm 6mm 10mm
マイク 2マイク 4マイク 6マイク
外音取り込み × ×
装着検出機能 ×
イヤホン
再生時間
6時間 7時間 9時間
(ANC7時間)
充電ケース含む
再生時間
30時間 35時間 32時間
(ANC25時間)
防水性能 IPX7 IPX7 IPX5
ワイヤレス充電 ×

この記事でレビューしている最新のEarFun Air Proの優位性は、大口径10mmのドライバーによる圧倒的な音質の高さ。

それとANCを搭載しているので環境音が低減されてマジで快適です。

個人的にワイヤレス充電ができないのは痛いですが気にしない人も多いかもしれません。

ANC搭載の他メーカー品と比較

ノイズキャンセリング機能を搭載した有名どころのワイヤレスイヤホンを比較してみました。

実際に持ってないのでスペック上での比較になります。

※価格は現時点のAmazonを参照した。

画像 EarFun Air Pro Apple Airpods Pro Sennheiser MOMENTUM True wireless 2 SONY WF-1000XM3 BOSE QuietComfort Earbuds
メーカー EarFun Apple Sennheiser SONY BOSE
製品名 Air Pro Airpods Pro MOMENTUM
True
wireless 2
WF-1000XM3 QuietComfort
Earbuds
価格 7,999円 28,970円 32,890円 21,882円 33,000円
ノイキャン
技術
ハイブリッド
ANC
ハイブリッド
ANC
フィード
フォワード
ANC
ハイブリッド
ANC
ハイブリッド
ANC
ドライバー 10mm 10mm 7mm 6.1mm 未公表
マイク 6マイク 4マイク 2マイク 4マイク 4マイク
外音取り込み
装着検出機能
イヤホン
再生時間
9時間 4.5時間 7時間 8時間 6時間
充電ケース含む
再生時間
32時間 24時間 24時間 24時間 18時間
防水性能 IPX5 IPX4 IPX4 × IPX4

ぶっちゃけノイズキャンセリングの性能は実際に使用してみないと分かりませんが、何といっても価格差が凄すぎますよね。

価格を考えたら「EarFun Air Pro」優秀すぎひん??w

EarFun Air Proのまとめ

EarFun Air Proの外観

この記事では「EarFun Air Pro」という完全ワイヤレスイヤホンをレビューしました。

まとめてみます。

良かった点
  • 大口径10mmドライバーによって音質が良く立体的に聴こえる。
  • ANCの搭載によって環境音を低減できて音楽を聴くのが快適。
  • オートポーズや音声アシスタントが便利。

気になった点
  • ワイヤレス充電に非対応。
  • イヤホン操作で「曲戻し」と「音量調整」ができない。
  • 多少の音漏れがする。

私は今回が初めてのANCを搭載したワイヤレスイヤホンでしたが凄く満足しましたw

ドライバーの大型化やANC機能の搭載によって音楽を高音質で集中して楽しめる反面、ワイヤレス充電や防水性能が落ちていましたね。

ワイヤレス充電はできずともUSB-Cで急速充電可能だし、防水に関してもANCが搭載されたハイエンド機を悪条件で使用する人はあまりいないと思います。

1万円を切る価格でこのレベルのワイヤレスイヤホンが入手できるので、ANCを試してみたい人に強くオススメします。

おわり!

【EarFun Free レビュー】受賞歴もある5,000円以下の高コスパ完全ワイヤレスイヤホン

【EarFun Air レビュー】タッチ操作とワイヤレス充電に対応したコスパと性能のバランスが抜群

【EarFun Free Pro レビュー】超小型で軽量だから装着感が最高!ノイキャンにワイヤレス充電も!

おわり!

-音響/映像機器

© 2021 とにかく、すきなことだけ