スマートウォッチ

【Amazfit Bip Sがついに発売】無印BipやLiteとの違いまとめ

【Amazfit Bip Sがついに発売】無印BipやLiteとの違いまとめ

こんにちは!
ツノうさぎ(@tuno_Rabbit)です!

数あるスマートウォッチの中でも抜群のバッテリー寿命を実現していてファンの多いあの「Bipビップシリーズ」に・・・。

新モデルの「Amazfit Bip Sアメイズフィットビップエス」が正式リリースとなりました!

2020年4月30日に発売されたばかりの「Amazfit Bip Sは日本円に換算して約8,500円とこれまでのシリーズ同様に低価格で購入できるコスパ最強スマートウォッチとなっています。

Amazfit Bip Sを装着した様子発売したばかりなので「Amazon」や「楽天」にはまだ出回っていないので、海外通販サイトをチェックしてみて下さい。

いつものことですが新モデルなので在庫切れのケースが多く、購入できればラッキーという状況です。

海外通販サイト 価格 購入方法の解説ページ
Gearbestで探す $79.99 Gearbestの買い方
Banggoodで探す $79.99 Banggoodの買い方
AliExpressで探す $79.99 AliExpressの買い方

 

この記事では、新発売したばかりの「Amazfit Bip S」のスペックと、歴代のBipと比較した違いについて確認してみたいと思います。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
この「Amazfit」の「Bipシリーズ」は低価格で常時点灯、バッテリーが超長持ちの反射液晶ということで世界中にファンがいます!是非ともチェックしてみて下さい!

Amazfit Bip Sのデザインと特徴

これまでと同じシンプルなスクエア型

まずは外観デザインをチェックしていきましょう。

Amazfit Bip Sの外観このスマートウォッチはバンド部分を含めてもわずか31gしかない軽さなので、スポーツや睡眠中に着用しても非常に快適です。

また、1.28インチの反射型スクリーンを採用しているので野外の強い日光の下でも画面をはっきりと見ることができます。

Amazfit Bip Sの外観歴代の「Bip(無印)」や「Bip Lite」とから見た目のデザインはほとんど違いがありません。この形状が最も完成されたものなのかもしれません。

Amazfit Bip Sの外観本体裏面の心拍数を検出するセンサーが巨大化しています。生活のトラッキングとなる心拍数や睡眠モニターの精度が向上しています。

Amazfit Bip Sの外観本体の厚みは11.4mmとなります。

同じくスクエア型の「Apple Watch Series 3」の11.4mmと同じで「Apple Watch Series 5」の10.7mmより少しだけ厚さがあります。

Amazfit Bip Sのカラーバリエーションは4種類カラーバリエーションはオレンジ、ブラック、ホワイト、ピンクの4色です。

個人的には遊び心のあるオレンジやホワイトが好きです。

 

スマートウォッチの中でも低価格

この「Amazfit Bip S」は日本円で約8,500円で購入することができます。

日本で最も人気のある「Apple Watch Series 5」の価格が42,800円(税別)とかなりお高いので凄く安く感じます。

Amazfitシリーズの中でもこのBipシリーズは、安価なエントリーモデルの位置づけとなっています。

 

Bipシリーズは超ロングバッテリー

低価格を実現できている1番の要因はディスプレイに採用しているのが、LEDではなく半透過型カラーディスプレイなためです。

その半透過型のディスプレイは周囲の光を反射させて画面を表示するため、強い日光の下でも視認性が良く、消費電力を抑えることができるのでバッテリーが長持ちです。

 

健康モニターを始めとした主な機能

基本的なスマートウォッチの機能も揃っています。

具体的にはこちらです。

  • 睡眠モニタリング(総睡眠、浅い睡眠、深い睡眠、覚醒時間、睡眠パターン分析)
  • 毎日の歩数、カロリー、距離
  • スマートフォンの音楽コントロール
  • 長時間活動していないときの座りすぎリマインダー
  • 世界時計、目覚まし時計
  • スマートフォンの各種通知
  • スマートフォンを探す
  • 天気予報(5〜7日)

もちろんこれまでと同様にこの「Amazfit」アプリで分析したデータの確認が可能です。

Amazfit Watch

Amazfit Watch

Anhui Huami Information Technology Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 

スマートウォッチを装着する上で最も有難いと思う「画面の常時表示」と「スマホの通知表示」に対応しています。

また、有志によって大量に作成されたウォッチフェイスから自分好みの待ち受け画面にすることができるのもポイントが高いです。

 

10のスポーツトラッキングモード

過去のBipシリーズはランニング系のモードが4つだけでしたが「Amazfit Bip S」ではスポーツモードが10種類に進化しています。

  • トレッドミル
  • 屋外ランニング
  • ウォーキング
  • 屋内サイクリング
  • 屋外サイクリング
  • オープンウォーター
  • プール
  • ヨガ
  • エリプティカルトレーナー
  • フリースタイル

合わせて防水機能も強化されているので突然の雨や汗に強くなっています。

 

Amazfit Bip Sは日本語通知に対応しているか?

おそらくですが、まだ発売から間もないので本体に日本語フォントが入っていない可能性があります。

これまでのBipシリーズは日本語通知に対応しているので今後のバージョンアップで対応すると思います。

 

Amazfit Bip Sのスペック

過去のBipシリーズとの比較

歴代のBipシリーズと比較してみます。

製品名 Bip S Bip(無印) Bip Lite
ディスプレイ 反射型カラー液晶 反射型カラー液晶 反射型カラー液晶
液晶サイズ 1.28 inch 1.28 inch 1.28 inch
解像度 176×176 px 176×176 px 176×176 px
重量
(ストラップ含む)
31 g
ちょっと軽い!!
32 g 32 g
バッテリー容量 200mAh 190mAh 200mAh
バッテリー持ち 通常使用30日
スタンバイ80日
GPSモード22時間
通常使用45日
スタンバイ120日
GPSモード22時間
最高クラス!!
通常使用45日
スタンバイ120日
GPS非搭載
最高クラス!!
充電時間 2.5時間 2.5時間 2.5時間
GPS GPS+GLONASS GPS+GLONASS GPS非搭載
常時点灯
Bluetooth
バージョン
5.0
通信が安定!!
4.0 4.1
センサー Bio Tracker M PPG
バイオトラッキング
光学心拍センサー

3軸加速度センサー
3軸地磁気センサー
PPG心拍数センサー
3軸加速度センサー
地磁気センサー
気圧センサー
PPG心拍センサー
3軸加速度センサー
スポーツモード 10
機能強化!!
4 4
防水性能 5 ATM
機能強化!!
IP68 3 ATM
ベルト幅 20mm 20mm 20mm
カラー
バリエーション
ブラック
ホワイト
オレンジ
ピンク
グレー
ダークグリーン
オレンジ
ブラック
ブラック
ピンク
ブルー
価格 $79.99 $59.99 $49.99

※表示価格は2020年5月3日時点の海外通販サイトでの最安価格を表示しています。

Bip(無印)」からGPS機能を除外して安くしたのが「Bip Lite」になります。

Amazfit Bip S」はセンサー関連や全体的な機能が向上した代わりに、代名詞でもある超ロングバッテリーが低下してしまいました・・・。

それでも、スマートウォッチの中ではかなりバッテリーの持ちが良くて、たまに充電するだけで事足りるので運用が楽です。

今から購入する人は「Bluetooth5.0」に対応して通信が強化された「Amazfit Bip S」をお勧めしたいです。

 

Amazfit Bip Sで進化したポイント

進化したポイントに絞って書き出してみました。

  • ディスプレイの発色が8から64色に追加
  • 本体裏面の心拍センサーが巨大化して測定精度UP
  • スマートフォンの音楽コントロール機能追加
  • フレームレートの向上によりアニメーションが滑らかに
  • Bluetooth5.0に対応
  • 防水性能がIP68から5ATMに強化

ディスプレイのカラーが鮮明になり、機能面も全体的に強化されています。

 

Amazfit Bip Sの総評

Amazfit Bip Sの外観今回ご紹介した「Amazfit Bip S」についてまとめてみます。

  • スマートウォッチの中でも価格が安い!
  • 半透過型カラーディスプレイが見やすく、バッテリーが長持ち!
  • スポーツヘルスモニタリングが充実!

日本で最も人気のある「Apple Watch Series 5」の価格が42,800円(税別)とかなりお高いので、スマートウォッチで電話や電子マネーは使わない!という人にお勧めしたいです。

 

Amazfit Bip Sの購入時の注意点

Amazon」や「楽天」では過去の無印BipとBip Liteは購入することができますが、最新の「Amazfit Bip S」は海外通販サイトでしか今のところ購入できません。

海外通販サイトで購入する際は、中国版ではなく国際版(グローバル版)を購入して下さい。中国版だと日本語通知に対応しない可能性が高いです。

価格に関しては配送料を考慮しても海外サイトの方が安いです。ただし、日本で受け取るまでに最低でも2週間はかかるので気長に待つ感じです。

【Amazfit Bip S】お勧めの購入先

海外通販サイト 価格 購入方法の解説ページ
Gearbestで探す $79.99 Gearbestの買い方
Banggoodで探す $79.99 Banggoodの買い方
AliExpressで探す $79.99 AliExpressの買い方

 

おすすめの関連記事

今回ご紹介した「Amazfit Bip S」というスマートウォッチの他にもAmazfitシリーズには、ラウンド型デザインのものやスポーツ特化モデルがあります。

気になった人はこちらの記事もチェックしてみて下さい。

【Amazfit】スマートウォッチの最新機種とお得な買い方を解説
【Xiaomi Mi & Amazfit】スマートウォッチ最新機種の比較まとめAmazfit(アメイズフィットのスマートウォッチについて最新のラインナップから全種類をまとめてみました。日本ではまだ注目されていませんが海外ではその価格の安さと性能の高さから大人気です!それぞれの特徴やメリット&デメリットを比較してご紹介します。...

 

関連記事はこちら!