スマートウォッチ

スマートウォッチのおすすめ14選!各メーカーの代表モデルの機能と選び方を解説

スマートウォッチのおすすめ14選!代表モデルの機能と選び方を解説

こんにちは!

スマートウォッチが便利すぎてお風呂に入るとき以外は常に身に付けているツノうさぎ(@tuno_Rabbit)です!

ウェアラブルデバイスの最新スマートウォッチは凄いスピードで進化しています。

例えばこんな使い方ができます!

  • 日々の生活ログを取得して健康管理!
  • スマホの通知を表示!
  • 普通の腕時計のように常時点灯!
  • ランニングなどのアクティビティのデータ分析!
  • 電子マネーの支払い!

そんなスマートウォッチに興味はあっても「種類が多すぎて分からん!」という人も多いと思います。

この記事ではスマートウォッチの機能や選び方、抑えておきたいおすすめの製品をご紹介するので参考にしてみて下さい。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
各メーカーを代表する最新モデルのスマートウォッチを取り上げています!

スマートウォッチの選び方

メーカーとOS(オーエス)で選ぶ

スマートウォッチの選び方はここに注目!

人気のある有名メーカーの製品を選ぶべき

人気のある王道のメーカーは何が良いかと言うと、それはスマートウォッチで取得したデータを分析して見える化する「専用アプリの完成度が高い」ところです。

人気があればそれだけ利用者も多く、アプリとなるソフトウエアが何度もアップデートを重ねて「痒い所に手が届く」状態になっています。

さらに「使い方などの情報がネットですぐに見つかる利点」もあるので、人気のある有名なメーカーからスマートウォッチを探した方が良いです。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
この記事でピックアップしているスマートウォッチは全て有名なメーカーを選んでいます。どの専用アプリもしっかり作られています。

使用するスマホとスマートウォッチの「OS」を揃える

スマートウォッチのOSは大きく分けて4種類に分類できます。

  • Appleアップル」の「watch OSウォッチオーエス
  • Samsungサムスン」の「Tizenタイゼン
  • Androidアンドロイド向け」の「Wear OS by Googleウェアーオーエスバイグーグル
  • その他メーカーごとの独自の汎用OSオーエス

パソコンと同様にシステムを管理するプログラムである「OS」がスマートウォッチにも組み込まれています。

あなたの使用しているスマートフォンと揃えることで機能を最大限に発揮することができます。

また、汎用OSの場合はスマホアプリをスマートウォッチ本体に保存できない代わりに、バッテリーの持ちが凄く長いという特徴があります。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
日本で使用率の高いiPhoneの場合、Androidの端末に切り替えてしまうと、Apple Watchが使えなくなってしまうので注意。

必要な機能や用途で選ぶ

スマートウォッチ

非接触の電子マネー決済が便利!

電子マネー決済とは代金の支払いを現金ではなくデータで行うことです。

事前にクレジットカードを登録しておけば、支払い時にスマートウォッチをレジの受信機に近づけるだけで支払いができます。

スマートウォッチのOSによって名称が異なります。

  • iOS」の「Apple Payアップルペイ
  • Android」の「Google Payグーグルペイ

この非接触型の電子マネー決済をするためには、スマートウォッチが「NFCエヌエフシー」という規格に対応している必要があります。

ややこしいのは、NFC規格の中にも種類があって、使いたい電子マネーの種類によって対応してるかどうか異なってくる点です。

例えば交通系電子マネーで最も使われている「Suicaスイカ」はNFCの中でも「FeliCaフェリカ」という規格になり、現在対応機種は「Apple Watch」と「Garminガーミン」の上位モデルだけです。

スマートウォッチの機種によって対応している電子マネーに差があるので、購入前に自身で使いたい電子マネーの対応状況をご確認下さい。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
アプリやソフトのバージョンアップで新しい電子マネーに対応したりもするので最新の情報で確認してから購入して下さい。

充電バッテリーの容量が少ないと面倒くさい

バッテリー容量が少ないとすぐに充電が必要になったり、残量を気にしたりとストレスが溜まります。

特にバッテリーの消費が激しくなる機能を挙げておきます。

  • スマートウォッチで音楽を聴く。
  • GPSを使ってアクティビティのデータを取る。
  • 各種センサーで心拍数などの生活ログを常に取得する。
  • ディスプレイを常時点灯させて常に時間を表示する。

多機能であればあるほど、バッテリーの消費が激しくなるのは仕方のない事です。

このあたりの機能を使いたい人は、バッテリー容量の大きいスマートウォッチを選びたいところです。

時にはバッテリーを長持ちさせるために一時的に機能をオフにしたりすることも出来ます。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
日本国内で最も売れている「Apple Watch」ですが、バッテリーの消費が激しく、ほぼ毎日充電が必要になるのは有名な話です。

ランニングなどのアクティビティをするならGPSは必須級

スマートウォッチのGPS機能があれば、ランニング時の走った距離や速さ(ペース)などがタイムリーに分かります。

また、スマホのアプリを使って、後からじっくりと自分が通ったルートなどの詳細なデータを分析して確認することもできます。

GPSの中でも、日本の上空にある衛星である「みちびき」に対応しているとGPSを掴むのが早くて精度も高いです。

位置情報データの処理に力を入れている「Garmin」や「CASIOカシオ」が対応しているので対応機種を要チェック。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
ただし、GPSの性質を考えると結局は周辺環境の影響が大きく、高い建物や背の高い木々に囲まれているような場所は、みちびき対応のGarminやCASIOでさえもGPSの精度は下がります。

ランナーなら音楽保存機能が嬉しい

スマートウォッチ本体に音楽を保存してBluetoothでワイヤレスイヤホンを接続すると、スマホなしで音楽を聴くことができます。

ただし、ランニング中にGPSと音楽とBluetoothイヤホンを同時に使うとバッテリー消費も早いので注意が必要。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
趣味ランナーの私は、スマホを持たずに手ぶらでランニングに出られるので、とてもありがたい機能です。

デザイン性や操作性で選ぶ

スマートウォッチ

解像度が高いと画面表示がキレイ

解像度の高さは通知の読みやすさやウォッチフェイスの見た目のキレイさに影響します。

何より画面がキレイな方がカッコいいので、できる限り解像度の値が高いスマートウォッチを選んだ方が満足度も高いです。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
スマホの通知をスマートウォッチで確認したい人は特に重要視すべきです。

フェイス(本体)のサイズ感と重量もチェック

スマートウォッチは腕時計のように装着しますが、腕の太さに対してフェイスが大きすぎると見た目がダサくなります。

私の腕の場合は、太くも細くもないTHE・日本男児!っていう感じなので、スマートウォッチのフェイスのサイズは47~48mmくらいまでが似合う限界の大きさだと思います。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
フォーマルでは小さめのフェイス、カジュアルでは大きめのフェイスがカッコいいと思います!

タッチパネルと物理ボタンの両方が付いていると便利

スマートウォッチの操作性を確認するのも重要です。

ランニングなどアクティビティのデータを取りたい人は、汗をかいてもボタンが押しやすいように物理ボタンが付いている方が良いです。

リストバンド型のおすすめ5選

スマートウォッチのリストバンド型の特徴はこんな感じです。

  • 軽くてコンパクトなので付け心地が良い。
  • 睡眠ログを取得するのに身に付けたまま就寝しても邪魔にならない。
  • ディスプレイが小さく機能が限定的なため価格が安い。
  • 機能がシンプルなため扱いやすく入門機として良い。

スマートウォッチがどんなものなのかを肌で感じるための最初の1本に向いていますね!

【HUAWEI】HUAWEI Band 4

【HUAWEI】HUAWEI Band 4本体に充電用のUSBプラグを内蔵しているのでスマホの充電器やパソコンのUSBに直挿しできるので運用が凄く楽です。

電話やメール、LINEの通知もできるし、通知設定もアプリごとにできます。スマホのオーディオコントロールも可能です。

有機ELじゃないので液晶ディスプレイの表示が少し粗いのが気になります。

●スペック
・発売時期:2019年11月
・OS:汎用
・ディスプレイ:TFTカラースクリーン
・解像度:80×160ピクセル
・バッテリー:91mAh(約7日間)
・Bluetooth:4.2
・GPS:×
・電子マネー:×
・防水:5ATM
・サイズ:56×18.5×12.5mm
・重量:12g
・カラバリ:グラファイトブラック、サクラピンク、アンバーサンライズ
HUAWEI(ファーウェイ)
¥3,660
(2020/08/09 13:09:36時点 Amazon調べ-詳細)

なんて思っていたら有機EL化したプロ版が2カ月後に発売となりました(笑)

HUAWEI(ファーウェイ)
¥9,268
(2020/08/09 13:09:37時点 Amazon調べ-詳細)

【Fitbit】Fitbit Charge 4

Fitbit charge 4遂にこの「Charge 4」からリストバンド型では珍しいGPSが内蔵されました。

有機ELディスプレイで表示が美しい。

心拍数を常時測定していてもバッテリーが1週間もつタフさが良いです。

健康管理に必要な機能が一通り揃っていて活動量計として満足できます。

Fitbitのスマートウォッチは割と高価な製品が多いですが、専用アプリがしっかりしていてバグもアップデートで改善されていきます。

●スペック
・発売時期:2020年4月
・OS:汎用
・ディスプレイ:大型タッチスクリーン
・解像度:240×120ピクセル
・バッテリー:100mAh(約7日間)
・Bluetooth:4.0
・GPS:◯
・電子マネー:×
・防水:水深50mまでの耐水仕様
・サイズ:35.8×22.7×12.5mm
・重量:25g(ストラップ含む)
・カラバリ:ブラック、ローズウッド
Fitbit(フィットビット)
¥21,045
(2020/08/09 13:09:38時点 Amazon調べ-詳細)

【Garmin】vivosmart 4

【ガーミン】vivosmart 4体から収集した情報を分析して「自分のエネルギー残量」を教えてくれる「BODY BATTERY」機能が面白い。

純正アプリの「Garmin connect」はランナーに人気があるため、フィットネス目的の人に適しています。

●スペック
・発売時期:2018年10月
・OS:汎用
・ディスプレイ:OLEDタッチスクリーン
・解像度:128×48ピクセル
・バッテリー:約7日間
・Bluetooth:Smart(低消費電力)
・GPS:×
・電子マネー:×
・防水:50m防水
・サイズ:15×10.5x197mm
・重量:15.9 g
・カラバリ:Black Slate、Gray RoseGold、Blue Silver、Merlot RoseGold
ガーミン(GARMIN)
¥11,498
(2020/08/09 13:09:39時点 Amazon調べ-詳細)

【Samsung】Galaxy Fit

【サムスン】Galaxy Fitソフトのアップデートでバッテリーの持ちが3日から1週間に伸びたり、スマホの音楽操作ができるようになりました。

AndroidやiPhoneでも使用可能ですが、Galaxyユーザーは特に使いやすいと思います。

●スペック
・発売時期:2019年6月
・OS:汎用
・ディスプレイ:フルカラー有機ELディスプレイ(AMOLED)
・解像度:240×120ピクセル
・バッテリー:120mAh(約7日間)
・Bluetooth:5.0
・GPS:×
・電子マネー:×
・防水:5ATM
・サイズ:18.3×45.1×11.2mm
・重量:23g
・カラバリ:ブラック、シルバー

【Xiaomi】Mi Smart Band 4

【Xiaomi】Mi Band 4世界的に人気のある「Xiaomi」製品で100万本以上も売れています。私の初めてのスマートバンドもこれであり、ここから私のスマートウォッチ沼が始まりました。

価格が安くて機能も充実、専用アプリの「MI FIT」も使いやすく、画面も有機ELでキレイですが、唯一の欠点として日本での販売がありませんでした。

その弱点に関しても、2019年12月から日本発売が決まり、購入しやすくなりました。

iPhoneの私でも満足のいく性能なので最初の1本におすすめです。

●スペック
・発売時期:2019年12月
・OS:汎用
・ディスプレイ:フルカラーAMOLEDタッチディスプレイ
・解像度:240×120ピクセル
・バッテリー:135mAh(約7日間)
・Bluetooth:5.0
・GPS:×
・電子マネー:×
・防水:5ATM
・サイズ:46.8×17.8×12.6mm
・重量:22.1g
・カラバリ:ブラック
シャオミ(Xiaomi)
¥3,839
(2020/08/09 03:54:55時点 Amazon調べ-詳細)

腕時計型のおすすめ9選

スマートウォッチの腕時計型の特徴はこんな感じです。

  • リストバンド型と比べて基本性能が高く多機能なので価格も高い。
  • 高機能な製品とバッテリー持ちは残念ながら反比例する。
  • 見た目が機械式の腕時計と似ているためフォーマルな場でも馴染む。
  • 普段使いやスポーツ、アウトドアなど目的が明確になっている。

スマートウォッチを最大限に活用できるのはやはり腕時計型ですね。

Huami】Amazfit Stratos 3

Amazfit Stratos 3私がメインで使用しているのがこのスマートウォッチです。

日本では馴染みのないメーカーですが中国「Xiaomi」傘下の「Huami」が販売している「Amazfit」シリーズは世界的に凄く売れています。

この「Amazfit Stratos 3」はスポーツモデルであり、常時点灯や日本語通知、GPS内蔵によってランニングで凄く活躍してくれます。

液晶ディスプレイに反射型液晶が採用されており、外部の光を反射させて表示するからバッテリー消費が少なくて直射日光でも見やすいです。

中国アレルギーがなければコストパフォーマンスがぶっちぎりの1本です。詳細は「Amazfit Stratos 3 レビュー」の記事で語っています。

●スペック
・発売時期:2019年8月
・OS:汎用
・ディスプレイ:フルラウンド MIP Transflective TFT
・解像度:320×320ピクセル
・バッテリー:300mAh(約7日間)
・Bluetooth:4.2
・GPS:◯
・電子マネー:×
・防水:5ATM
・サイズ:48.6×13.4mm
・重量:40.4g
・カラバリ:ブラック
¥23,999
(2020/08/09 20:35:22時点 Amazon調べ-詳細)

【Apple】Apple Watch Series 5 GPSモデル

【Apple】Apple Watch Series 5 GPSモデルiPhone使いならまず選択肢に入ってくるのがアップルウォッチです。

iPhoneの機能を余すことなく発揮できます。唯一の弱点はバッテリーの弱さ。コスパに優れるシリーズ3も購入しやすい価格帯に。

交通系電子マネーのSuicaをスマートウォッチで扱えるのも現時点ではこのアップルウォッチ だけなのもポイントです。

弱点を挙げるとすれば、価格が高いことと、多機能であるが故のバッテリーの持ちが悪いことくらいでしょうか。

iPhone使いでスマートウォッチもスマホと同じくらいの頻度で充電するのが苦じゃなく、価格に問題がないなら間違いなく買いです。

●スペック
・発売時期:2019年9月
・OS:Watch OS
・ディスプレイ:Retinaディスプレイ
・解像度:448×368ピクセル
・バッテリー:245mAh(約1日間)
・Bluetooth:5.0
・GPS:◯
・電子マネー:◯
・防水:50メートルの耐水性能
・サイズ:44x38x10.74mm
・重量:36.7g
・カラバリ:ブラック、ホワイト、ピンクサンド
Apple(アップル)
¥50,360
(2020/08/09 13:09:40時点 Amazon調べ-詳細)

【Garmin】ForeAthlete 245

【ガーミン】ForeAthlete 245ランニングやマラソンを始めとしたアクティビティのデータ取得を目的とするなら「ガーミン1択」です。

その理由は、GPSの「みちびき」に対応しているため、ガーミンのGPS精度が高いからです。

専用アプリの「Garmin connect」はランナー目線で作られています。

●スペック
・発売時期:2019年5月
・OS:汎用
・ディスプレイ:半透過メモリインピクセル(MIP)
・解像度:240×240ピクセル
・バッテリー:約7日間
・Bluetooth:4.2
・GPS:◯
・電子マネー:×
・防水:5ATM
・サイズ:42.3×42.3×12.2mm
・重量:38.5g
・カラバリ:Black Slate、Amp Yellow
ガーミン(GARMIN)
¥33,095
(2020/08/09 13:09:41時点 Amazon調べ-詳細)

【Garmin】Venu

Garmin Venu遂に交通系電子マネーのSuikaに対応したガーミンペイが使用できるモデルです。

AMOLED有機ELディスプレイで画面表示が美しく、生活ログの取得からGPSによるアクティビティのデータ取得までそつなくこなします。

Spotify、LINE MUSIC、Amazon Musicからのプレイリストを含め、曲をスマートウォッチに簡単にダウンロードすることができます。

●スペック
・発売時期:2019年9月
・OS:汎用
・ディスプレイ:AMOLEDタッチスクリーン
・解像度:390×390ピクセル
・バッテリー:約5日間
・Bluetooth:Smart(低消費電力)
・GPS:◯
・電子マネー:×
・防水:5ATM
・サイズ:43.2×43.2×12.4mm
・重量:46.3g
・カラバリ:Black/Slate、Granite Blue/Silver、Black/Gold、Light Sand/Rose Gold
ガーミン(GARMIN)
¥46,666
(2020/08/09 13:09:41時点 Amazon調べ-詳細)

【SUUNTO】SUUNTO 7

SUUNTO SUUNTO 7毎日の生活を充実させる多機能GPSスポーツウォッチです。スポーツモデルでありがなら「Wear OS by Google」が導入されたことでとてつもない汎用性を誇っています。

具体的には、スマートウォッチに入れたアプリから通知を受けたり、タスク管理、電話や着信メッセージの表示ができます。

他にも、Google PayやGoogle Fit、Googleアシスタント、Google Playと余すことなくGoogleの機能を使用することができます。

●スペック
・発売時期:2020年3月
・OS:Wear OS by Google
・ディスプレイ:カラータッチディスプレイ
・解像度:454×454ピクセル
・バッテリー:約2日間
・Bluetooth:Smart(低消費電力)
・GPS:◯
・電子マネー:×
・防水:耐水50m/防塵性
・サイズ:50x50x15.3mm
・重量:70g
・カラバリ:All Black、Graphite Copper、White Burgundy、Sandstone Rosegold、Black Lime
スント(SUUNTO)
¥64,900
(2020/08/09 13:09:42時点 Amazon調べ-詳細)

【CASIO】Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30

【カシオ】Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart WSD-F30日本の「カシオ」が手がける人気の「PRO TREK Smart」シリーズのスマートウォッチです。ディスプレイがカラー有機ELに高解像度(390x390px)なのでとてもキレイです。

オフラインのカラー地図表示機能があり、GPSも「みちびき」対応で高精度なので、ランニングやアウトドアのアクティビティのログ収集がバッチリ可能です。

エクステンドモード」では通常はモノクロ画面で時刻やセンサー情報を表示、ボタンを押すとカラー地図を表示するので電力消費が抑えられていてパワフルです。

●スペック
・発売時期:2019年1月
・OS:Wear OS by Google
・ディスプレイ:カラー有機EL+モノクロ液晶
・解像度:390×390ピクセル
・バッテリー:約1.5日間
・Bluetooth:4.1
・GPS:◯
・電子マネー:×
・防水:5気圧
・サイズ:60.5×53.8×14.9mm
・重量:83g
・カラバリ:ブラック、春霞、オレンジ、ブルー
SmartOutdoorWatch(スマートアウトドアウォッチ)
¥49,500
(2020/08/09 13:09:43時点 Amazon調べ-詳細)

【HUAWEI】HUAWEI WATCH GT2 46mm

【HUAWEI】HUAWEI WATCH GT2画像は1番人気のスポーツモデルでが他にもクラシックモデルとエリートモデルがあり、好みに合わせてカラーや素材を選ぶことができます。

HUAWEIの優秀な「Kirin A1」チップを搭載して話題になりました。省電力技術も高くて、バッテリーは通常使用で最大2週間も持ちます。

本体の厚みが薄かったりBluetooth5.0による通話機能(46mmのみ)が使えたり、音楽の保存やメッセージ通知機能など日常使いに十分すぎる性能を有しています。

性能から価格まで文句なしのコスパの良さです。

●スペック
・発売時期:2019年11月
・OS:汎用
・ディスプレイ:AMOLEDタッチスクリーン
・解像度:454×454ピクセル
・バッテリー:約14日間
・Bluetooth:5.0
・GPS:◯
・電子マネー:×
・防水:5ATM
・サイズ:45.9×45.9×10.7mm
・重量:41g
・カラバリ:マットブラック、チタングレー、ペブルブラウン
HUAWEI(ファーウェイ)
¥21,980
(2020/08/09 13:09:44時点 Amazon調べ-詳細)

さらに2020年4月には新機種の「HUAWEI WATCH GT 2e」が発売となりました。

GT2とGT2eの違いは、ベゼルが太くなったりベルトに通気穴が開けられたりと、よりカジュアルでスポーティな見た目になりました。

価格も安くなっているので普段使いを優先する人はGT2を、スポーツやカジュアルに使用したい人はGT2eを選択できるようになりました。

HUAWEI(ファーウェイ)
¥17,980
(2020/08/09 13:09:44時点 Amazon調べ-詳細)

【Samsung】Galaxy Watch Active 2

【サムスン】Galaxy Watch Active 2サムスンのOSである「Tizen」を搭載している。デザインがシンプルなので場所を選ばずに使える感じ。LINEの返信が可能なのが便利そう。

新しいモデルなのでBluetooth5.0に対応しているのが嬉しいし、ゴリラガラスに有機ELなので見た目も豪華です。

●スペック
・発売時期:2019年11月
・OS:Tizen
・ディスプレイ:Circular Super AMOLED
・解像度:360×360ピクセル
・バッテリー:約2日間
・Bluetooth:5.0
・GPS:◯
・電子マネー:×
・防水:5ATM
・サイズ:44.0×44.0x10.9mm
・重量:42g
・カラバリ:ブラック、シルバー、ゴールド
by Galaxy
¥39,355
(2020/08/09 13:09:45時点 Amazon調べ-詳細)

【Fitbit】Fitbit Versa 2

【Fitbit】Fitbit Versa 2外観は角丸のスクエアになるのでスマホで見慣れた感じのディスプレイです。

Amazon Alexa」搭載なので話しかけるだけで天気予報のチェックやリマインダーの設定が可能です。常時表示もできます。

ペアリングしているスマホの通知表示から返信まで可能です。

●スペック
・発売時期:2019年9月
・OS:汎用
・ディスプレイ:タッチスクリーン
・解像度:300×300ピクセル
・バッテリー:約6日間
・Bluetooth:4.0
・GPS:×
・電子マネー:×
・防水:水深50mまでの耐水仕様
・サイズ:39.8×39.8x12mm
・重量:40g
・カラバリ:ブラック/カーボン、ペタル/カッパーローズ、エメラルド/カッパーローズ、ストーン/ミストグレー
Fitbit(フィットビット)
¥26,424
(2020/08/09 13:09:46時点 Amazon調べ-詳細)

スマートウォッチのまとめ

結局、どのスマートウォッチを買えば・・・

初めてのスマートウォッチならとりあえず安いリストバンド型がおすすめです。

初心者はまず使用感や機能の確認をしてみるのが良いと思います。

意外と役立つ機能や使わない機能が分かってきたりします。

私の場合は「Xiaomi Mi Smart Band 4」が最初のスマートバンドでしたが、3,500円という安さから舐めてましたがこんなに機能的なのかと驚きました。

【Xiaomi Mi Band 4 レビュー】低価格で高性能な最新スマートウォッチ
【Xiaomi Mi Smart Band 4 レビュー】ウェアラブル入門機に最適な価格と機能性!新進気鋭の中国の家電メーカーXiaomi(シャオミ)の超人気スマートウォッチ「Mi Smart Band 4」をレビューします!世界ウェアラブルデバイス市場でAppleに次いで2位のシェア率を誇るメーカーが送る、約1週間で100万台以上売れた人気の理由を詳しく解説していきます!...

その後、最初に購入したXiaomiのスマートバンドの使い勝手が良かったので同じ系列のHuamiが販売するAmazfitシリーズにハマりました。

現在はこちらをメインに使用しています。

【Amazfit Stratos 3 レビュー】反射型液晶を搭載したスポーツタイプの決定版
【Amazfit Stratos 3 レビュー】反射型液晶を搭載したスポーツタイプの決定版Xiaomi系列のHuamiが展開するAmazfitブランドのAmazfit Stratos 3という最上位モデルのスマートウォッチをご紹介します。スポーツタイプの反射型ディスプレイを搭載していてGPS精度も高いです。他のスマートウォッチとの比較も解説。...

結局、色々なスマートウォッチを手に取ってみましたが、デザインや機能、価格などはかなり個人の好みによるところが大きいと思いました。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
使い慣れたスマートウォッチから別メーカーの製品に買い換えると、スマートウォッチ本体やスマホアプリの使い勝手まで変わってしまうので、最初から最も気に入った製品を購入するのが良いと思います!
評価4.0以上のお勧めスマホゲーム!基本無料!

放置少女
エバーテイル
グランドサマナーズ
ブラウンダスト
ラストクラウディア
ブレイドエクスロード
キングダムオブヒーロー

関連記事はこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です