スマートウォッチ

【スマートウォッチのベルト交換】ステンレスのメタルバンドは高級感がダントツ!

【スマートウォッチのベルト交換】ステンレスのメタルバンドは高級感がダントツ!
ツノうさぎ
ツノうさぎ
こんにちは!
スマートウォッチのせいで高級時計を使わなくなったツノうさぎでございます!

スマホの通知やランニング時の心拍数管理など凄く便利なスマートウォッチ!

ですが、純正のシリコン製のベルト(バンド)ってちょっとビジネスには向かないですよね。

そこで私が愛用する「Amazfit Stratos 3アメイズフィットストラトススリー」用にAmazonで超人気の高評価のステンレスのメタルバンドを買ってベルト交換してみたら・・・。

超カッコよくなったのでここでご紹介します!

実際に私が「ピン抜き」や「コマ調整」をしてみたので参考にしてみて下さい!

ステンレスメタルバンドの開封と付属品

実際にベルトを購入する前に必ずあなたのスマートウォッチのベルト幅を調べましょう!

私は「Amazfit Stratos 3アメイズフィットストラトススリー」に装備するためなのでベルト幅は22mmを選択しました。

この通りジャスト22mmです!

22mmのベルト幅を定規で測定している画像

 

到着したベルトのパッケージがこんな感じです。

ステンレスのメタルバンドを開封している様子

さっそくステンレスベルトを見てみます。

ステンレスのメタルバンドはつや消しな感じ

ステンレスの材質はつや消しな感じで好みです。

重量も通常のステンレスバンドって感じのしっくりくる重みです。

ステンレスベルト以外の付属品がこんな感じです。

ステンレスのメタルバンドの付属品

左上から順に「リムーバルツール」「スプリングバーハンドル」「スプリングバー×3」「ロッキングバー」「マニュアル」となります。

ベルトを固定する「バー」は「ピン」って呼ぶ方がしっくりきますよね。

マニュアルは英語ですが図解されているので理解できます。

マニュアルは英語表記で図解されている

それでは実際にベルト交換する様子を解説していきます。

ベルト交換の手順と方法

スマートウォッチのベルト交換

スマートウォッチのベルト交換の手順はこのようになります。

ベルト交換の手順!
  • 旧ベルトを取り外す。
  • 新ベルトを取り付けてサイズ感を確認する。
  • 新ベルトを取り外してピン抜きをしてコマ調整をする。
  • 新ベルトを取り付ける。

それでは実際に私がベルト交換をしている様子と合わせて詳しく解説していきます。

①旧ベルトを取り外す

スマートウォッチのベルトの根元に付いている「スプリングバー」の出っ張りを左にスライドさせると簡単に外すことができます。

スマートウォッチからベルトを取り外した様子

ベルトを取り外す機会はあまりないので、この際にお掃除もしちゃいましょう。

②新ベルトを取り付けてサイズ感を確認する

ベルトを外す時と同じ要領で新しいステンレスベルトを取り付けてみます。

ステンレスベルトをスマートウォッチに装着した様子 初期状態のステンレスベルトは凄く長い

初期状態のステンレスベルトは凄く長いですw

結構なコマ数を外さないと手首にフィットしなさそうです。

③新ベルトを取り外してピン抜きをしてコマ調整をする

こんな感じに「リムーバルツール」にステンレスベルトを載せて固定します。

ステンレスベルトのピンを押し出している様子

図の通り、ベルト裏面にピンを挿す方向を示す矢印が書いてあります。

ハンドルをクルクルと回してコマを固定しているピンを押し出します。

コマを固定するピンを押し出した様子

最後までハンドルを回すとピンが飛び出るので後は指で引っ張ればコマを解体することができます。

ステンレスベルトのピンを抜いてコマを外した様子

この作業を繰り返して自分の手首にフィットする長さに調整します。

④新ベルトを取り付ける

これで完成です!

ステンレスベルトのコマ調整が完了した図

結果的に私は取り外しが可能な6個のコマ全てを外しました。

私はコマを6個すべて外しました

男性の私が全6コマを外してちょうどいいので、腕の細い女性にはデカいかもしれませんね。

ちなみに私の手首は割と細い方ですw

つけた感じですが、スマートウォッチで心拍数を測定する私としては多少ベルトに重みがあった方がいい感じです。

 

ちなみに私の「Amazfit Stratos 3アメイズフィットストラトススリー」の充電はこんな感じになりました。

ベルト交換後の充電の様子

このステンレスベルトは一般的な形状なので、どのスマートウォッチでも干渉せずに充電できると思います。

純正のシリコンベルトは充電中に上下にバタバタしていたので解消されてスッキリしましたw

スマートウォッチのベルト交換のまとめ

ベルト交換が完成したスマートウォッチ

実際にステンレスのメタルバンドに交換して、しばらく使ってみた感想をまとめました。

良かった点
  • ステンレスのメタルバンドは高級感があってビジネスにも合う。
  • 難しい作業は無く、10分ほどで完了できる。
  • サイズ調整する工具に予備のピンも付いてこの価格はコスパが良い。
  • どんなスマートウォッチにも使えそうな汎用的な構造。
  • デザインに飽きたスマートウォッチの気分転換にも。

気になった点
  • 腕の細い華奢で可憐な女性にはベルトが長すぎるかもしれない。
  • コマのサイズである8mm単位の調整しかできない。
  • 冬場は手首が「ヒヤッ」とするかもしれない。

ステンレスのメタルバンドにベルト交換をしてしばらく使用してみましたが・・・。

快適そのものです!!

純正のシリコンバンドよりも取り外しが容易になり、見た目もビジネスに合うようになって大満足です。

さすがAmazonの人気売れ筋で高評価のついたバンドでした!

このベルト幅は16、18、20、22、24mmと豊富であり、カラーもブラック、シルバー、ローズピンクと3色から選べます。

気になる人は是非ともお試し下さい!

 

今回私がベルト交換した「Amazfit Stratos 3アメイズフィットストラトススリー」というスマートウォッチの詳細はこちらです。

【Amazfit Stratos 3 レビュー】反射型液晶を搭載したスポーツタイプの決定版
【Amazfit Stratos 3 レビュー】反射型液晶を搭載したスポーツタイプの決定版Xiaomi系列のHuamiが展開するAmazfitブランドのAmazfit Stratos 3という最上位モデルのスマートウォッチをご紹介します。スポーツタイプの反射型ディスプレイを搭載していてGPS精度も高いです。他のスマートウォッチとの比較も解説。...

世界が大注目の「Xiaomiシャオミ」系列のスマートウォッチで、バッテリーの強さとか価格破壊な性能の高さが魅力です。

おわり!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です