ルービックキューブ

ルービックキューブのおすすめを高性能な競技用からコスパ最強まで解説

競技用ルービックキューブのおすすめ!高性能からコスパ最強まで解説

こんにちは!

ルービックキューブ収集家のツノうさぎ(@tuno_Rabbit)です!

これからルービックキューブに挑戦してみたい初心者や、最新の競技用スピードキューブが欲しい人に向けて、ルービックキューブのおすすめ商品をまとめました!

最近のルービックキューブは指先ひとつでクルクルと回転して、マグネットでピタッと止まる高性能なものが主流なんですよ!

この記事では、ルービックキューブの選び方のポイントを解説してから、最高性能なものからコスパ最強なものまでを幅広くご紹介します!

パズルが大好きでルービックキューブ歴3年になった私が、実際にキューブを購入してきた経験を元に書いているので参考にしてみて下さい。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
性能が低すぎるルービックキューブを買うと必ず後悔してしまいます。私のおすすめ商品を手に取ってみて下さい!

ルービックキューブの選び方

ルービックキューブを並べた画像ルービックキューブの選び方の結論はこれです。

中国メーカーのマグネットが内蔵された競技用ルービックキューブを購入する

これが私の結論ですね。

え?中国製ですか?」と思うかもしれませんが、ルービックキューブの人口は日本よりも中国の方が多いです。

そして、世界記録を叩き出すトップランカー達には中国メーカーのスポンサーがついています。

私から伝えたいのは「競技者はもちろん、初心者こそ高性能な競技用ルービックキューブを使用するべき」ということです。

その理由についてご説明します。

中国メーカーのキューブが最先端

意外に思われるかもしれませんが競技用のルービックキューブは中国の5メーカーが世界の最先端を進んでいます。

最も熱い中国の5メーカーがこちら。

  • GANCUBE(ガンキューブ)
  • MoYu(モーユー)
  • YuXin(ユーシン)
  • QiYi(チーイー)
  • DaYan(ダヤン)

世界記録保持者の「Feliks Zemdegsフェリックス ゼムデグス」さんも中国メーカー「GANCUBEガンキューブ」のルービックキューブを使用しています。

世界記録とは?
スピードキューブ」と呼ばれる、6面全てを揃えるまでのタイムを競うものです。3x3x3以外にも4x4x4や片手で揃えるものなど、色々な種目の競技が存在します。

フェリックス氏以外の世界記録を持つトップキュービスト達の多くも中国メーカーのルービックキューブを愛用しています。

 

日本国内のメーカーはというと・・・。

メガハウス、ツクダオリジナル、ドンキホーテ、トイザらス、100円均一などで販売はしているものの、中国メーカー品よりも性能がかなり劣ります。

日本メーカーの商品で唯一競技用にも耐えうる回し心地なのは、パズルで有名な日本メーカーの「メガハウス」の「ルービックキューブ Ver.2.1」だけだと思います。

メガハウス(MegaHouse)
¥1,564
(2020/10/27 15:48:26時点 Amazon調べ-詳細)

店頭でも割と見かけるので入手しやすく、まずはお試しでルービックキューブを揃えてみたい!という人には選択肢としてありだと思います。

 

とはいえ、競技用の高性能なルービックキューブに関しても、最近はAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどのネット通販のラインナップが充実してきました。

入手難易度がかなり低くなり、ネットショップで簡単に購入できるようになりました!

というわけなので、ルービックキューブの楽しさを存分に感じたい人は中国メーカーにすべきです!

競技用のルービックキューブはめちゃ回しやすい

ルービックキューブを効率よく揃えるためには、滑らかに早く回せないといけません。

競技用のルービックキューブに施されている機能の効果をご説明します。

回転が軽くて指先で回せる!

ルービックキューブを早く揃えるために、人差し指1本でトリガーを引くような指使いで回します。

中国メーカーのキューブは、めちゃ回しやすいです。

このように人差し指1本で上面を回します。

指1本で回すことで効率よくルービックキューブを揃えられます。

コーナーカットで強引に回せる!

低性能なルービックキューブを使っていると、揃えている最中に引っかかって回らなくなることがあります。

しかし「コーナーカット」という処理が施されているルービックキューブは、多少キューブの角が完璧に揃っていなくても、自然にキューブがズレて回ってくれます。

このように強引に回すことができます。

引っかかることなくスムーズに回転します。

磁石内蔵で回転をアシスト!

ここ数年の間にルービックキューブは大きく進化しており、磁石内蔵のタイプがスタンダードになりました。

中途半端な力加減で回しても磁力のアシストにより、綺麗に回すことができます。

先の動画で使用しているルービックキューブにも磁石が搭載されています。これはもう買って体感してもらうのが一番分かると思います。

ルービックキューブは最初からいいやつを買おう

最初に購入したルービックキューブが低性能だと、上手く回せずに面白さが分かる前に飽きてしまいます。

また、途中でルービックキューブを買い換えると以前のモノは全く使わなくなるし、回し心地が異なるので、慣れるまで時間がかかってしまいます。

私としてはやっぱり高性能な競技用のルービックキューブを手に取ってもらいたいです。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
2019年はルービックキューブの新作がたくさん出たので3x3x3のルービックキューブを何個も買いました。悔いはないっ!!

ルービックキューブを比較してみる

2017~2019年はルービックキューブの新作ラッシュが長期的に続いて、ラインナップがかなり充実しました。今では磁石搭載型がスタンダードになっています。

まずは比較表を見てくれ

2020年版の最新キューブ達を高性能な順番に並べています。

画像 GANCUBE GAN356 XS GANCUBE GAN356 X Numerical IPG GANCUBE GAN354 M QiYi Valk 3 Elite M DaYan TengYun 3x3x3 M QiYi Thunderclap 3x3x3 V3 M 【CACUSN】ルービックキューブ M4.0 ルービックキューブ Ver.2.1
メーカー GANCUBE GANCUBE GANCUBE QiYi DaYan QiYi CACUSN メガハウス
製品名 GAN356 XS GAN356 X
Numerical
IPG
GAN354 M Valk 3
Elite M
TengYun
3x3x3 M
Thunderclap
3x3x3 V3 M
ルービック
キューブ
M4.0
ルービック
キューブ
Ver.2.1
発売日 2019/11
NEW!!
2018/10 2018/07 2019/12
NEW!!
2019/01 2019/09
NEW!!
2019/09
NEW!!
2018/06
磁石内蔵      ○           ○           ○           ○           ○           ○           ○           ×     
サイズ 56.1mm 56.0mm 54.4mm
小型!!
55.5mm 55.8mm 55.7mm 55.0mm 57.0mm
重量 67.0g
軽い!!
81.0g 81.3g 77.6g 76.9g 91.6g 81.0g

※商品によっては見た目の黒枠の有無として「ブラックタイプ」と「ステッカーレスタイプ」があります。

価格について

価格も表示したかったのですが、元々が中国メーカーの商品なので、為替影響を受けます。

参考まで、最も高性能な「GAN356 XS」が海外通販サイトで$50($1=110円とした場合、5,500円くらい)です。

Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングで販売している商品は輸入費用がかかっているため少し高くなっています。

ツノうさぎ
ツノうさぎ
値段だけ見ると少し高いなぁと思うかもしれませんが、世界記録保持者が使用する最先端の高性能ルービックキューブがこの値段で買える!と考えると安く感じます。

初心者のうちはルービックキューブの性能差は分からないと思いますが、結局のところは

「自分に合った回し心地かどうか」なので、とりあえず中国メーカーの磁石内蔵ルービックキューブを買っておけば間違いありません。

個別に特徴を解説していきます。

ルービックキューブの個別解説

【GANCUBE】GAN356 XS

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow

Shadow
Slider

これが現在のルービックキューブ界で最も高性能な商品になります。

注目すべき特徴は4つあります。

  • カプセル型のマグネットで磁力を調整可能!
  • バネの強さで弾力を調整可能!
  • 6面のバネの締め具合を均一に調整可能!
  • 競技用キューブの中で最軽量67g!

この3つの調整によってあなたが求める最高の回し心地にカスタマイズすることができます。

弱点らしい弱点が見当たらない、全く不満のない一品です!

最新キューブの「GAN356 XS」ですが、元々が中国メーカーの商品なので海外通販サイトで購入するのが最も安く手に入ります。

実際に海外通販サイトで購入したレビュー記事を参考にしてみて下さい。これを買っておけば間違いなしです。

【GANCUBE GAN356XS レビュー】超軽量67gでパーツ交換も不要に進化
【GANCUBE GAN356XS レビュー】超軽量67gでパーツ交換も不要に進化ルービックキューブのメーカーであるGANCUBE(ガンキューブ)から最新作の「GAN356XS」が発売されました。前作のGAN356Xから進化した機能や使用感をお伝えします。今回このキューブを海外通販で安く購入した方法もご紹介します。...

国内通販サイトでも価格差があるので一通り覗いてみて下さい。

【GANCUBE】GAN356 X Numerical IPG

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow

Shadow
Slider

先ほどご紹介した「GAN356 XS」の1つ前のモデルになります。

私もメインキューブとして1年間くらい使ってきました。

バネや磁力の強さを調節する時に、パーツ交換が必要なので少し手間がかかります。

重量も最新型より少しだけ重くなっています。

決して悪くない性能ですが、今から高性能な競技用を探している人には最新モデルの「GAN356 XS」の方をお勧めします。

GANCUBEの競技用キューブ「GAN356 X Numerical IPG」のレビューはこちらの記事を参照下さい。

【GAN356 X Numerical IPG レビュー】競技用ルービックキューブ
【GAN356 X Numerical IPG レビュー】競技用ルービックキューブ2018年10月発売のGANCUBE(ガンキューブ)の「GAN356 X Numerical IPG Stickerless」のレビューをします!カプセル型の磁石を搭載、締め具合の3段階調整など、自分好みの回し易さにカスタマイズが可能です!競技用パズルで公式大会でも使用率の高い、ガンキューブの最新スピードキューブをご紹介します!...

【GANCUBE】GAN354 M Stickerless

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow

Shadow
Slider

最新の「GAN356シリーズ」と比較しても同じくらい回しやすく、コーナーカット処理も施されているのでトントンなレベル感になります。

GAN356Xシリーズ」と比べると、磁石の強さや締め具合などは調整できませんが、性能と価格も含めて全体的なバランスが非常によいです。

このモデルの注目すべき点は、ステッカーレスモデルで少し小さめの「54.4mm」というサイズ感にあります。

コンパクトな大きさなので、特に手の小さい人は回しやすいと思います。

※マイナーアップデートで「V2」と名称が変わっています。

【QiYi】Valk 3 Elite M

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow

Shadow
Slider

Valk(ファルク)シリーズで初めて磁石が内蔵され、センターキャップを交換することで磁力の強弱を調整できるようになりました。

私は初期のValk 3(磁石無し)を所持していましたが、重く安定感のある回し心地でした。

多少の乱暴な回し方にも対応してくれていました。

【DaYan】TengYun 3x3x3 M

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow

Shadow
Slider

2012年頃に圧倒的シェアを誇って猛威を振るっていた「DaYan ZhanChiダヤン ジャンチー」のメーカーである「DaYanダヤン」が2019年に復活して販売を開始したモデルになります。

大きめのコーナーカットが施されていて、高速回転させても引っかかりがありません。

ヌルヌルと軽い回転で、今までになかった新しい回し心地です。

【QiYi】Thunderclap 3x3x3 V3 M

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow

Shadow
Slider

磁石内蔵タイプでこの価格はコストパフォーマンスが高いです。

開封直後はネジの締まりが強いので、自分で回しやすい軽さまで緩めて調整してやると回しやすくなります。

ズッシリとした重量に重めの回転で安定感があるので、ガシガシと力で回すひと向きです。

【CACUSN】ルービックキューブ M4.0

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow

Shadow
Slider
その価格はなんと1,280円です!それなのにコーナーカット処理にマグネットまで内蔵していて安定した回転を見せてくれます。

とてつもなくコスパが良いキューブなので、とりあえず現行のマグネット入りキューブを触ってみたい人にお勧めしたいです。

プレゼントや子供への知育玩具としても中々良い商品だと思います!

【メガハウス】ルービックキューブ Ver.2.1

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow

Shadow
Slider

今回ご紹介するルービックキューブの中で唯一の日本メーカーである「メガハウス」のルービックキューブになります。

中国メーカーのキューブは競技向けでガチ性能なので、どうしても価格が高いです。

なので、コスパの高いこのキューブは最初のルービックキューブとしておすすめです。

メガハウス(MegaHouse)
¥1,564
(2020/10/27 15:48:26時点 Amazon調べ-詳細)

競技用ルービックキューブの結論

この記事では、ルービックキューブの選び方やおすすめについてご紹介しました。

アラサーの私でも2週間ほどの練習で1分を余裕で切って6面全てを揃えられるようになりました。

ルービックキューブは今も進化を続け、世界記録はどんどん更新されています。

子供から大人まで楽しめるので一度手に取ってみては如何でしょうか!

結局これ買えばOKな2つ

最後に私の個人的なおすすめキューブを2つに絞ってご紹介します!

まず1つ目は「GAN356 XS」です。

現時点で最高性能のキューブなので買って後悔はないです。

海外通販を利用すれば5,000円ちょっとで買えます。

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

【GANCUBE GAN356XS レビュー】超軽量67gでパーツ交換も不要に進化
【GANCUBE GAN356XS レビュー】超軽量67gでパーツ交換も不要に進化ルービックキューブのメーカーであるGANCUBE(ガンキューブ)から最新作の「GAN356XS」が発売されました。前作のGAN356Xから進化した機能や使用感をお伝えします。今回このキューブを海外通販で安く購入した方法もご紹介します。...

2つ目は「ルービックキューブ M4.0」です。

CACUSNというマイナーな中国系メーカーのキューブですが、価格が超安いです。

安いくせにマグネット搭載でコーナーカットも付いています。

まずは現代のキューブの性能がどの程度なのか知るにはもってこいです。

Amazonと楽天の売れ筋ランキングをチェック

最新の売れ筋人気ランキングもチェックしてみて下さい!

ぶっちゃけ低価格帯のルービックキューブはどれもドングリの背比べって感じです。

Amazonランキングを見る 楽天市場ランキングを見る

おすすめの関連記事

ルービックキューブをゲットしたら、さっそく揃え方を覚えてみましょう!攻略はこちらの記事を参照してみて下さい!

【ルービックキューブの揃え方】世界ランカーが使うCFOP法の簡易版
【ルービックキューブの揃え方】世界ランカーが使うCFOP法の簡易版数あるルービックキューブの解法のうち、最も分かりやすく、その後のタイム短縮にも繋げられる揃え方をご紹介します!揃え方を大きく3段階に分けて解説しますので挑戦してみて下さい!練習すれば誰でも揃えられるようになります!...

ルービックキューブの上達にはタイマーでの時間測定が必須級です。

自分の上達を数字で分析することができます。

具体的にどんなタイマーがあるかはこちらで解説しています。

ルービックキューブのタイマーを紹介!競技用から便利なアプリまで!
ルービックキューブのタイマーを紹介!競技用から便利なアプリまで!ルービックキューブを揃えるまでのタイムを測定できる、色々なタイマーをご紹介したいと思います。公式大会で使われるような競技さながらのタイマーやパソコンで統計的に分析できるソフト、持ち運びに便利なアプリなどがあるので、あなたに合ったタイマーを見つけてルービックキューブを上達させましょう!...

少し変わったルービックキューブもあるので、挑戦してみて下さい。

ルービックキューブ系の色々な種類のパズルを難易度と共に紹介!
ルービックキューブ系の色々な種類のパズルを難易度と共に紹介!色々な種類のルービックキューブに似ているパズルをまとめてみました!キューブの数が多いものや、変わった形をしたもの、絵柄がついたものなどユニークな商品がたくさんあります!パズル初心者から上級者まで、自分に合った難易度のパズルに挑戦してみて下さい!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です